「自分の強みが分からない!」の対処法3選【強みの見つけ方】

サラリーマン
よく「誰にでも強みがある」なんて聞くけど、ボクにもあるのかな?あんまり思いつかないな…
学生
就活で、「あなたの強みは?」とか聞かれるけど、そんなの分からないよ…

こんな人のための記事です。

 

  • 就職活動で
  • 職場の評価面談で
  • 転職活動で
  • 副業を始めようとして

いろいろな場面で問われる「強み」。

 

でも、実際のところ、

  • 私の強みってなんだ?
  • 強みなんてあるのか?
  • 適当にこじつけて就活は乗り切ったけど…

なんて人、少なくないんじゃないでしょうか?

 

この記事では、「強みが分からない」という人向けに、強みの見つけ方を3つ解説していきます。

  • 自己分析をやってみたけど、ピンとこない
  • 「弱みを逆に言えばOK」とかも試したけど、言い訳じみて感じる
  • 周りの人に聞くなんて、怖すぎる

こんな人の参考にして頂ければ嬉しいです。

 

強みが分かれば、就職・転職の自己アピールにも、副業探しにも役立ちます。キャリアを考える上で、強みを知るのは不可欠というわけ。

そして何より

フルーツ
「自分の強みが分からない」ってなんだか不安なもの。分かれば安心するし、自信にもなるはず。

なので、ぜひ一度、ゆっくり自分と向き合ってみて頂ければと思います。

 

強みの見つけ方①比較する

強みと言っても、No.1でなくていい

自分の強み。こう言うと、なんとなく

  • 絶対的なモノ
  • 誰と比べてもよくできるコト
  • 自分が寄ってたつ、変わらないモノ

みたいなイメージをしてしまいませんか?

「これだけは誰にも負けない!」みたいな感じですね。

 

もちろん、そういう「強み」がある人は良いんです。大事にしたらいいと思います。強みを活かして活躍してほしいと思います。

でも、「強みが何か分からない…」と悩む人が多いのは、

フルーツ
誰にも負けない強みなんて無い気がする!

というのが理由じゃないでしょうか。

そりゃあそうですよね。だって、冷静に考えれば、誰と比べても負けない強みを持てるのは、世界No.1の人材だけです。

 

でも大丈夫。

「あなたの強みは?」と聞いている人は、「あなたが世界No.1と言える能力は?」と聞いているわけではありません。

「強みを活かして働こう」と言っている人も、「世界No.1の能力を使って働いてね」と言っているわけじゃないんです。

サラリーマン
言われてみれば当たり前のことだね。でもなんとなく、「どこへ出しても言い切れる強み(=世界No.1の能力)」を探してたかも。

 

おすすめ:強みがつくれるコミュニティを選ぶ

フルーツ
隣の人より、ちょっと上手にできる!ちょっと早くできる!ちょっとラクにできる!

そういうコトが見つかれば、それはもう、あなたの「強み」です。

  • 日々の仕事
  • ちょっぴりのスキル
  • 少しだけ得意になれたコト

日常のちょっとした事柄に注目して、周りの人と比べてみましょう。

強みは、比較しないと分かりません

 

サラリーマン
でもそんなこと言ったら、隣に誰がいるかによって、自分の「強み」が変わることになっちゃうじゃん

それで良いんです。強みって、そういうモノだと思います。

どのコミュニティで活動するかによって、あなたの強みは変わります。もちろん私の強みも、です。

 

TOEIC600点の人が

  1. 周りがTOEIC800点のコミュニティにいる→英語は弱み
  2. 周りがTOEIC400点のコミュニティにいる→英語は強み

です。

この人は、①のコミュニティでは、英語の仕事を担当すべきではありません。自分も辛いし、周りも物足りなく感じるでしょう。

でも②のコミュニティでなら、英語力を使って活躍することができるでしょう。多分、ものすごく感謝されると思います。

 

自分が属するコミュニティの中で、自分ができる貢献について考えましょう。貢献するために使っている力が、あなたの強みです。

反対に、もし「自分はコレを活かしたい!」というスキルがあるのなら、それが活きるコミュニティを選べばOK。自分よりそれが苦手な人が多い場所を選ぶということですね。

フルーツ
強みはつくれる。強みは選べる。相対的に自分が得意なコトで、生きていけばOKです♪

 

強みの見つけ方②行動する

結局のところ、やってみないと分からない

「強み」とか「弱み」とか言ってみたところで、自分が経験していないことについては

  • 強いのか
  • 弱いのか

さっぱり分からないのが普通です。

要するに、

フルーツ
強みが分からないのは、強みを感じられる経験をしていないから

強みを感じられる経験をしていないのは、体験の数が少ないからでしょう。

 

知らないことは、分からない。

試していないことは、感じとれない。

チャレンジしていないことは、語れない。

30種類のスポーツに挑戦し、必死になって練習した経験があれば、

あなたはどのスポーツが得意ですか?

と聞かれて、無言になってしまうことはないはずです。

 

おすすめ:気になったことをやってみる

サラリーマン
オレの…強みは…!?

と頭を抱えるのは、もう止めにしましょう。

何時間、机に向かって考えていても、分からないものは分かりません!

手を動かしましょう。身体を動かしましょう。心を動かしましょう。

気になることに、片っ端からチャレンジして下さい。

フルーツ
行動あるのみ!

です。

 

もしも

学生
気になることなんて…なーんにも思いつかないんだけど…

という人は、ブログでも始めて下さい!

今日から、今から、ココからです。いまどき、ブログの開設なんて、数十分で終わります。

毎日毎日、「今日はブログに何を書こうか?」悩んでみることです。

  • 自分が何に興味を持っているか
  • 自分が何をたくさん考えているか
  • 自分が何に時間を使っているか

興味が、知識が、スキルが、強みが、見えてくること間違いナシです。

フルーツ
なんでもいいんです。とにかく動き出してみることが、「強み」探しの第一歩ですよ♪

 

強みの見つけ方③本を読む

視野が広がる

サラリーマン
行動が大事なのは分かった。ボクもなんか始めてみようと思う。でも、一度にたくさんは難しいよね…

実体験の価値は、かなり高いです。実際に経験しないと分からないことは、たくさんあります。

でも、その一方で

  • 1日は24時間しかない
  • 仕事もあるし
  • 睡眠も大事だし
  • 食事に風呂に家事・育児
  • 趣味もあれば付合いもある

となれば、短期間に経験できることには限りがあるのも、また事実。

 

そんな悩みを解決するおすすめが

フルーツ
本を読むこと!

です。

本は、他人の経験を追体験し、自分のモノにする、かなり効果的な方法です。

読書量が増えれば、確実に視野は広がり、「経験できなかったコト」に対する想像力が深まります。

 

おすすめ:面白い本を読もう

学生
読書かぁ…苦手だなぁ…

世の中には、無数の本があります。

総務省統計局の「書籍新刊点数と平均価格」によれば、平成30年の新刊点数は71,661点

日本だけで毎年7万もの本が出版されているわけです。

フルーツ
こんなに本があるのに、あなたが気に入る本が1冊もないなんてこと、有り得るでしょうか!?

 

小さい子どもは、多くの場合

  • 絵本
  • 読み聞かせ
  • 紙芝居

なんかが大好きです。ストーリーを追うことは、基本的に、楽しい経験なのだと思います。

 

だから、ぜひ、面白いと感じる本を読んでみて下さい。

堅い本である必要はありません。ビジネス書や自己啓発本のような「役に立ちそうな本」である必要もありません。

小説、エッセイ、ノンフィクション…なんだって構いません。

世間の評価と離れ、実用性と離れて、「自分が面白いと感じる本」を探せば、きっとステキな本と出会えるはず。

フルーツ
そしてその「面白い本」こそが、ほんの少しずつあなたの視野を広げ、あなたの「強み」に気づくきっかけをくれることと思います♪

 

まとめ:「強みが分からない」と「強みがない」は別

強みの見つけ方を3つ、ご紹介しました。

  1. 比較する
  2. 行動する
  3. 本を読む

 

①「強み」なんて、基本、相対的なモノ。どのコミュニティに属するかで、変わってしまうモノです。

色々なスキルや能力を、隣の人と比較して、ちょっとだけ上手なモノを見つければOK。

自分が活かしたいスキルがあるなら、そのスキルを必要としているコミュニティ(苦手で困っている人が多いコミュニティ)に飛び込みましょう。

 

②「強み」が分からないのは、自分の強みを感じられる経験をしていないから。

フルーツ
積極的に新しい行動をスタートさせることで、強みが見つかり、強みが育つ!

というわけです。

 

③行動の量を増やせないときは、読書でそれを補いましょう。

本は、他人の経験を自分のモノにするチャンスをくれます。

視野が広がり選択肢が増えることで、自分の強みが分かる確率も、少しずつ高まっていくでしょう。

 

学生
なるほどね。…でもさ、どれもちょっと即効性が弱いよね。

「強み」探しは、目の前の就活や転職面接のためだけにやるものではありません。

自信をもって生き抜いていくために、より良い成果と居心地のよい居場所を求めるためにこそ、「強み」探しは重要です。

強みが分からない人はたくさんいるけど、強みのない人なんていません。

自分の本当の「強み」を、ゆっくりじっくり見つけてあげて下さいね。

それではまたっ!

 

※関連記事です。

仕事力は環境が9割。仕事力が光る環境を手に入れるポイント3つ

2020.07.13

副業で成功する人の5つの特徴【体験談アリ】

2020.01.25

「やりたい仕事なんてない!」→それで何の問題もないよ、という話

2020.06.01
スポンサーリンク
スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comの共同管理人。慶應義塾大学卒業後、一部上場企業に就職。経理/財務の実務経験10年超、日商簿記1級、証券アナリストを有する「企業と個人のお金の専門家」。4つの財布(給与/配当/不動産/事業収入)を駆使して経済的自由を達成することを目標に奮闘中。