MOS資格は就活や仕事で役に立つ!独学でも対応可能な難易度です

スポンサーリンク

マイクロソフトオフィススペシャリスト(Microsoft Office Specialist 略してMOS)という資格をご存知でしょうか?あらゆる企業で使用されている超重要ソフトウェア

  • ワード
  • エクセル
  • パワーポイント
  • アウトルック

などの利用スキルを証明できる資格です。この記事では、MOSの試験内容・難易度・勉強方法などについて説明します。

PCが苦手なビジネスマン
うーん、うまく報告書やグラフが作れない…もっとPCスキルを高めて仕事をサクサク進められるようにしたいなぁ…MOSってのがあるらしいけど、役に立つのかな?
就活中の学生
来年から就活!事務職志望だけど、MOSを持っていれば履歴書に書けるかな?選考で少しでも有利になると良いんだけど…

こんな疑問にもお答えします!

ちなみに私は大学生時代に4科目(ワード・エクセル・パワーポイント・アウトルック)に合格してMicrosoft Office Masterの称号を持っています。就職してから10年間、どれだけこのスキルに助けられてきたことか…!

それでは本題に入りましょう。

 

MOS資格の概要

MOS学習の3つのメリット

マイクロソフトオフィススペシャリスト(Microsoft Office Specialist 略してMOS)を学習すると、3つのメリットがあります。

3つのメリット
  1. 対策学習が実務能力に直結する!
  2. パソコンスキルの客観的証明になる!
  3. 業務や作業効率が上昇する!

試験の学習内容と実務に乖離のある資格は少なくありません。例えば中小企業診断士などですね。勉強して合格してもコンサルなんてできないよ!という意見はよく耳にします。

その点、①MOS試験は試験合格のための試験が実務能力に直結しています。学習のムダが一切ありません。試験合格に近づくのと同時に、実務能力がアップします。

 

「パソコンが使えるよ~」という意見はよく耳にしますが、実際どのぐらい使えるかは人によりけりです。エクセルで言うと、ちょっとした関数を使いこなせるレベルなのか、マクロを組めるレベルなのか、人によってピンキリです。

MOSに合格していれば、②パソコンスキルの客観的証明になります。合格している科目について、一通りの機能はすべて知っているという証明になるのです。「自称パソコンを使える人」が100人いたら、MOS有資格者のスキルは間違いなくトップ20%に入るでしょう。

 

MOS学習の最大のメリットは、③業務・作業効率が格段に向上することです。PCスキルの上昇によって、1日30分作業が早くなれば、月20日勤務とすると600分時間が浮きます。1年間で120時間も節約できるのです。

残業しないで帰っても良いですし、たっぷり仕事をこなして昇格・昇進を狙っても良いでしょう。好きな選択肢をとれるのは、生産性が高い人材にだけ許された特権です。

私はおそらく職場で最速クラスの業務スピードですが(その点はメチャクチャ高く評価されています)、その支えとなっているのはMOS資格なのです。

 

コラム:MOSの効能は検証されている!

米国サーティポート社とユタ大学が、世界のさまざまな企業で働く従業員を対象に、生産性に与えるMOSの影響を検証しました。

調査の結果、MOSを取得した従業員や学生は、マイクロソフトオフィスのスキルが高まることにより、仕事や作業の効率が上がることがわかりました。

  • MOSを取得した従業員の88%が、「仕事の成果が上がった」と回答
  • 管理職の85%が、「MOSを取得した従業員は、仕事の生産性が以前より高まった」と回答。

MOS公式HPより

 

MOS資格の試験概要

試験科目

全部で5科目あります。

  1. Word ワード(文書作成ソフト)
  2. Excel エクセル(表計算ソフト)
  3. PowerPoint パワーポイント(プレゼンテーション ソフト)
  4. Access アクセス(データベース管理ソフト)
  5. Outlook アウトルック(電子メール・情報管理ソフト)

なお、ワードとエクセルのみ、スペシャリスト(一般)エキスパート(上級)の2レベルが用意されています。極端なレベル差があるわけではないので、エキスパートレベルを前提とした受験を強くオススメします。実務で使うにはこのぐらいの知識は必要です。

2010、2013、2016など、ソフトウェアのバージョンによっても受検科目が異なりますが、「自分が使っているバージョンを極めたい!」というこだわりがなければ、素直に最新のバージョンを受けましょう。

 

試験形式

実際に試験会場のPCを使い、エクセルやワード等を操作して解答する形式の試験です。タスクと呼ばれる小問を1個ずつクリアしていきます。

タスクの内容は、ざっくりこんな感じです。

  • A列~H列を関数を使って合計せよ
  • ピボットテーブルを作成せよ
  • この文章に見出しをつけよ

非常に実務的で、解ける問題が増える=仕事ができるようになるという認識でOKです。

 

試験時間

各科目50分です。コンパクトな試験ですね。

 

受験料

  • Wordエキスパート:一般 12,744円(税込) 学生10,584円(税込)
  • Excelエキスパート:一般 12,744円(税込) 学生10,584円(税込)
  • PowerPoint:一般 10,584円(税込) 学生8,424円(税込)
  • Access:一般 10,584円(税込) 学生8,424円(税込)
  • Outlook:一般 10,584円(税込) 学生8,424円(税込)

割と高めの試験です。

しかし、MOS資格の受験で身につけたスキルは一生モノです。1日30分(月20日勤務で600分)業務を短縮できるなら、月15,000円分の時間を作れます(時給1,500円換算)。

つまり、1ヶ月でモトが取れるレベルということです。

 

合格発表

試験終了後、即結果発表です。その日のうちに合否が分かります。

 

試験日程・申込方法

試験の申込に関しては次の2パターンがあります。

  1. 全国一斉試験(月に1~2回開催)
  2. 随時試験(各試験会場が設定し日程で開催)

要するに、わりと「いつでもどこでも受けられる」ような感覚の試験だということです。随時試験であれば、好きな日に近所の試験会場で受験するといったことが可能です。

詳細については公式HP「受験するには」をご覧ください。

 

MOS資格の難易度

資格試験の難易度は、次の3つのパラメータを参考に考えるべきです。

  1. 受験資格
  2. 勉強時間
  3. 合格率

たとえば、新司法試験は①法科大学院を卒業しないと受験できない、②1万時間以上の勉強時間、③20%を切る合格率ということで最難関と言えます。

一方で、簿記3級は①受験資格がいらない(誰でも受験できる)、100時間程度の勉強時間、③50%程度の合格率ということで、易しめの試験と言えます。

さて、MOSはどの程度の難易度の試験でしょうか?

 

①MOS受験資格

受験資格は不要です。誰でも受験することが可能です。

 

②MOS合格までに必要な勉強時間・学習期間

20~50時間程度、早くて2週間~1ヶ月で合格レベルに達すると言われています。

私は1ヶ月に1科目のペースでワードエキスパート、エクセルエキスパート、パワーポイント、アウトルックに一発合格しました。感覚的にはこの通りだと思います。

週7時間、月30時間弱の勉強時間が確保できるなら問題なく合格できるでしょう。

 

③MOS合格率・合格点

公式には公表されていませんが、MOS対策をしているスクールなどによる概ね80%程度の合格率ということです。

ワードエキスパート、エクセルエキスパートについては60~70%程度まで合格率が下がるようですが、それでも3人に2人は合格できる試験です。しっかり試験対策すれば、落ち続けるような試験ではありません。

ちなみに、MOS試験は1,000点満点ですが、550点~750点ぐらいが合格ラインと言われています。結構幅がありますよね。試験問題によって、かなりブレがありそうですが、合格率は非常に安定しています。得点戦略はあまり気にせず、解ける問題を確実に解ければOKです。

まじめに試験対策すれば、8~9割の得点は簡単にとれます。

 

結局、MOSの難易度は?

  1. 受験資格不要(誰でも受験できる)
  2. 1ヶ月弱の勉強期間でOK(20~50時間程度)
  3. 合格率は低く見ても70%弱(3人に2人以上受かる)

これらを考慮すると、MOSの難易度は「易しめ」と言えるでしょう。

MOSの魅力は、これだけ易しい試験にもかかわらず、そのメリットが計り知れないところにあります。こんなにコスパの良い資格もなかなかないでしょう。お手軽に生産性を上げられる良資格だと認識頂いて間違いありません。

 

MOS資格はこういう場面で役に立つ

具体的に、MOSはこんな場面で役に立ちます。

学生:大学のレポート作成や就活で役に立つ

学生の場合、役立つシーンが2つあります。

  1. レポート作成・発表
  2. 就活

単純に「ワードやエクセル、パワーポイントに触ったことがある」レベルの学生と、「MOS資格保有者」の学生では、レポートの出来栄えに天地の差があります

見栄えの良さ、読みやすさ、分かりやすさだけでなく、完成にかかる時間もまったく違います。如何ともしがたい生産性の差が生まれてしまうというわけですね。

そして、MOS資格は就活の際にもアピール要素になります。特に、事務職で応募する場合には必ず履歴書に記載すべきです。

MOS資格があるからと言ってすぐに採用!というほど甘くはありませんが、

  • 目的意識を持って学習することができる
  • 実際にPCを使いこなすスキルを備えている
  • 前向きで努力家

こういうところを総合的に評価してもらえるのです。何も資格がない学生と比べれば、どちらの学生が好印象かは説明するまでもないでしょう。

 

ビジネスマン:事務仕事で役に立つ

ビジネスマンは、日夜オフィス製品に触れ続けています。ワードやエクセルをどれだけスピーディに使いこなせるかは、まさに死活問題です。

私は10年間経理として働いていますが、ここ最近残業をやめました。なぜ簡単にやめられたかと言うと、とにかく事務作業が早いからです。

「残業しないで定時帰り」を9ヶ月間続けた記録|さらに記録更新中

2017.07.14

生産性が高くて困るということは一切ないのです。誰よりも早く、誰よりも正確に、誰よりも見やすい資料を作るには、MOS資格をとって実務でもまれることが一番です。

資格×実務は超強力な組み合わせです。鍛えたスキルは、職場でも、転職でも、絶対に役に立ちます。

 

MOS資格の勉強方法(独学)

最後に、合格のための勉強方法を簡単にご紹介します。難易度の低めな試験なので、試験対策は非常にシンプルです。

独学のおすすめテキスト&問題集

テキストと問題集がセットになっているものがおすすめです。

この試験に関しては対策テキストはほとんど一択で、「よくわかるマスター」シリーズを使えば間違いなく合格レベルに到達します。教材選びに迷う必要は一切ありません。

よくわかるマスターの特徴
  • テキストと問題集が1冊に
  • 試験範囲を100%完全網羅
  • 本番さながらの模擬試験収録

資格試験対策の教材としては完璧なクオリティです。

 

 

3種の神器(ワード・エクセル・パワーポイント)は是非マスターしておきましょう。今後の仕事が本当に楽になります。

3科目合格した状態で、OutlookやAccessのどちらかに合格すると「Office Master」の称号を貰えます(認定証も届く)。ただ、こちらの称号は知名度もそんなに高くないので、趣味レベルですね。しかも、Accessは結構難しいです(Outlookは簡単)。

上記テキスト3冊と、3科目の受験料が合計で5万円弱です。もう一度先ほどの事例を出しますが、1日30分(月20日勤務で600分)業務を短縮できるなら、月15,000円分の時間を作れます(時給1,500円換算)。

働き始めれば(働いていれば)、3ヶ月でモトが取れます

  • 今後、PC操作に関してストレスを感じなくて良い!
  • ストレスを感じないどころか、業務が早くなり残業せずに済む!
  • 残業しないで済むどころか、PCが苦手な同僚に頼られて評判もアップ!

いいことだらけです。この資格を取って損した!と感じたことはただの一度もありません(Office Masterまでは取らなくて良かったなと思っていますがw)。

ほんとにそんなに役に立つの~?と思う人は、まずは1科目だけでもやってみて下さい。これは良さそうだ!と思えれば、他の科目もやってみれば良いと思います。

 

独学の勉強方法

勉強方法はいたって単純です。

「よくわかるマスター」を完璧にする。

おわりです。

 

適当すぎだろ!もっと詳しく!という声が聞こえてきそうなので簡単に補足すると

  1. 最低でも、最初のページ目から最終ページまで1回は通して設問を解く(合格可能性50%
  2. 少し時間をおいて、2週目にチャレンジする(2週目は1週目ほど時間がかかりません)(合格可能性70%
  3. 2回やっても間違えたところ”だけ”3週目をしてみる(合格可能性80%
  4. 模擬試験をやってみる。試験直前に間違えたところを復習(合格可能性ほぼ100%

こんな感じです。もちろん人によりけりですが、各ステージにおける合格可能性のイメージはおおむね合っていると思います。①しかやらないで試験本番を迎えている人も結構いるんじゃないかと推測します。

3週やって、模擬試験を完璧にしておけばまず落ちるような試験ではありません

「よくわかるマスター」を読み込んで、合格を勝ち取ってください!こういうシンプルな試験大好きです~

 

まとめ:MOSは独学でも合格可能!難易度が易しいわりにメッチャ役に立つコスパ良資格です

というわけで、

  • MOSの試験概要
  • MOS取得のメリット
  • おすすめテキスト&問題集
  • 独学の勉強方法

などについて解説してきました。この記事で、MOSについてはおおむねご理解頂けたのではないかと思います。1人でも多くの人がMOSにチャレンジして、生産性を高めてくれれば嬉しいです!

皆さまの合格を応援しています♪

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

シーウィード

こびと株.comの管理人(役割:投資対象の選定)。お金の話と健康をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理/財務部で財務諸表を作成している会計の専門家(日商1級・証券アナリスト)。40歳時点で給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。