TAKARA&COMPANY 2021年5月期第1四半期決算に関するつぶやき(配当ニュートラル)

TAKARA&COMPANY 2021年5月期第1四半期決算(2020年10月1日公表)

たからちゃんより2020年6月1日~2020年8月31日の業務報告が届いております。

 

経営成績の報告

たから
増収増益、利益率もアップしたのよ♪

      当第1四半期 前第1四半期

売 上 高   78.4億円   64.6億円

営業利益率   20.8%        20.5%

1株純利益     84.81円     82.70円

配当予想    27円+27円

 

コロナ禍もなんのその、業績好調のたからちゃんです。

こびと株
売上・営業利益・経常利益は2割増だったね!7千万円の特別損失(投資有価証券評価損)で最終利益は前年並みになっちゃってるけども。

 

営業利益率については、0.3%の改善。中身をみていくと

  • 原価率:58.1%→54.9%
  • 販管費率:21.4%→24.3%

という状況です。

販管費増加の原因は、人件費の激増。前年比で

  • 給料及び手当:+60.5%
  • 退職給付費用:+37.8%
  • 福利厚生費:+37.0%
  • 賞与引当金繰入額:+7.0%

など、軒並み増加しています。

こびと株
ある程度従業員に還元するのもアリだし、人材の獲得・維持は必須だと思うけど、それにしても何があったんだ…。

原価率は低下していることから、組織変更(ホールディングス化等)による配置転換などの可能性も考えられますが、少々驚きの増加額ですね。

今後、動向をチェックしていく必要がありそうです。

 

セグメント別の状況を見ると

  1. ディスクロージャー関連事業:売上68億円(+10.5%)・利益18億円(+37.5%)
  2. 通訳・翻訳事業:売上11億円(+197.6%)・利益▲3億円

①ディスクロージャー関連事業は、コロナ影響の売上後ろ倒しが反映されたり、決算・開示支援等のコンサルティング売上増などで絶好調。

一方の、②通訳・翻訳事業は、なんと赤字。

原因はコロナ禍(今回の決算では、このセグメントを担当する子会社の4~6月の数字を取り込んでおり、コロナ影響を大きく受けている)とのことですが、なかなか厳しい状況です。

こびと株
全体としてみれば好調だけど、まだまだ課題はありそう。よく言えば、まだまだ伸びしろアリってコトかな。

 

財政状態の報告

たから
変わらず安定的よ。

        当第1四半期末   前期末

総 資 産    269.0億円   264.5億円

1株純資産    1,506.99円   1,437.01円

自己資本比率     62.7%     60.7%

A(※)/総資産      44.7%     36.7%

※A=現金預金+投資有価証券

 

財政状態について、特に不安な点はありません。

あえて注意点をあげるなら、短期借入金が前年同期末の約1億円→当期末の約38億円へと激増しているところでしょうか。

原因はおそらく、サイマル・インターナショナル取得のための資金借り入れでしょう。

こびと株
現預金を96億円も持ってるたからちゃんだから、全然ムチャな借り入れだとは思わないけど、”短期”借入金っていうとこはちょっとだけ気になるな…

 

今後の見通し

 

最近のニュース

たからちゃんの最近のニュースは、なんといっても

こびと株
自己株式の処分&新株発行

です。

新株発行が上限額まで行われれた場合、

  • 資金調達額は約41億円
  • 株数は自己株を除いた発行済株式数の17.5%

という、ビッグニュースですね。

こびと株
発行済み株式数が増えれば、1株あたり利益は減少するので、既存株主にとって嬉しいニュースとはいいにくいですね。株価が1日で14%下がるほどの衝撃でした

 

調達した資金は

  • 開示決算プロセス統合ツールの開発(15億円)
  • 借入金の返済(26億円)

に使う予定なのだとか。

確かに、たからちゃんには、短期・長期あわせて約41億円の借金があります。

とはいえ、手許現金98億円&自己資本比率63%のたからちゃんにとって、増資までして「財務基盤を強化」する必要があるのかどうか…。

こびと株
個人的には、東証の市場再編に向けて時価総額(※)を増やしておこうとか思ってるんじゃないかと勘繰っちゃうけど…どうなんだろう。

※2020/9/30時点でたからちゃんの時価総額は247億円。東証資料によれば、新しいプライム市場の新規上場基準の1つは「時価総額250億円以上」。

 

もちろん、これらの施策(主力製品の魅力アップ、財務基盤の強化)が増益→増配へとつながれば良いわけですが…

こびと株
むしろ、株式数増加が1株あたり配当額の減少につながるんじゃないかと心配…。

慎重に見守っていきたいと思います。

 

業績予想

たから
予想は今まで通りよ。

2Q予想・通期予想ともに変更はありませんでした。

2Q予想に対する1Qの進捗は、売上は60%弱、利益は100%超。無事、予想を達成した昨年と似たような進捗率です。

こびと株
増収増益予想を達成したとしても、自己株処分等を加味するとEPSは139円→128円へ約8%も低下予定なのが残念なところ…。

 

今後の配当について

たから
配当予想の変更もナシ。昨年と同額の予定よ

安定した財政状態・キャッシュフローの状況と、好調な業績から考えて、配当予想の達成に不安はありません。

とはいえ、EPSが伸びない以上、増配を望むのは困難というもの。

今回の決定(自己株処分等)が、来期以降の増配の足かせにならないことを望むばかりです。

 

それではまたっ!

(参考:株式会社TAKARA&COMPANY 四半期決算短信等)

 

高配当の「こびと株」っていいかも?と思ったら…

分散が鉄則の高配当株投資。しっかり分散していれば、たからちゃんのような業績好調な会社の配当金が、低迷中の株の配当金をおぎなってくれます。今回のコロナ禍は、改めて「未来は予測できない」と教えてくれました。だからこそ、高配当株投資をするなら徹底した分散を心掛けたいですね。

少額で分散投資をやりたいならSBIネオモバイル証券が最有力候補。理由は2つ。

  1. 1株から買える(NTTドコモなどの超優良企業を3000円程度で買えます)
  2. 取引手数料が最安(大手ネット証券で少額分散投資をやると手数料負けします)

口座開設料・口座維持手数料はもちろん無料で、個別株なら投資信託と違って信託報酬などの保有コストもかかりません。

SBIネオモバイル証券を使った少額分散投資は、コスト面では最安ですね。

Tポイントを使って株が買えるので、Tポイントユーザーにとってはさらに使い勝手が良い証券口座です。他の証券会社とは一味違う、唯一無二のサービスになっています。

 

※関連記事です。

高配当株投資をはじめて、配当金を受けとりたい人のためのスタートマニュアルです。

【配当金月3万円の第一歩】SBIネオモバイル証券を使った高配当株投資の始め方を解説します

2019.08.20

 

初心者さん向けに、もっともっと簡単に解説したバージョンです。

【超初心者向け】はじめての高配当株投資。始め方&ポイントを専門用語をほぼ使わずに解説

2019.09.07

 

高配当株についてもっと知りたい方向けの記事です。

高配当株のポートフォリオは、金のタマゴを産む”痩せない”ニワトリのようなものである

2019.08.03
スポンサーリンク
スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comの共同管理人。慶應義塾大学卒業後、一部上場企業に就職。経理/財務の実務経験10年超、日商簿記1級、証券アナリストを有する「企業と個人のお金の専門家」。4つの財布(給与/配当/不動産/事業収入)を駆使して経済的自由を達成することを目標に奮闘中。