宝印刷 2019年5月期第2四半期決算に関するつぶやき(配当ニュートラル)

宝印刷 2019年5月期第2四半期決算(2018年12月27日公表)

たからちゃんより2018年6月1日~2018年11月30日の業務報告が届いております。

 

経営成績について

たから
相変わらずの増収減益よ…。

      当第2四半期 前第2四半期

売 上 高    96.9億円    87.9億円

営業利益率     13.3%        15.1%

1株純利益    81.60円    84.89円

配当      25円+25円(期末予想)

全体として、第1四半期の課題がそのまま引き継がれた第2四半期だったと思います。

懸念点は、前期比で

  • 増収減益→利益率の低下
  • 原価率の上昇(58.8%→60.9%)

というあたり。

やはり競争環境の激化(競合P社との価格競争)が原因でしょうか。私フルーツ、宝ちゃんの主要顧客である経理の業界におりますので、ウワサがちらほらと聞こえてくるのです…

現時点での利益率は、心配が必要なレベルではありませんが、今後の動向を見守りたいと思います。

期末に、業績予想通りの増収増益と、中期経営計画で発表している通りの営業利益率(9.9%)が達成できるかどうかは、ひとつの試金石になるかもしれません。

 

現時点での業績予想に対する進捗は、売上ベースで57.3%

第1四半期に売上がかたよるのは宝ちゃんのビジネスの特徴ですから、特筆すべき状況ではありません。

とはいえ、昨年の上期の売上は、年間売上の55.7%。順調な進捗とはいえると思います。

 

キャッシュフローの状況も安定しています。固定資産取得(2.5億円)や配当金支払い(2.8億円)をまかなって余りあるキャッシュを、営業活動から生み出している(16.6億円)からです。

フルーツ
今回の経営成績は「基本的には良好。ただし今後の利益率の推移は、要観察。」というところでしょうか。

 

財政状態について

たから
財政状態はバッチリなのよ!

      当第2四半期末  前期末

総 資 産   196.9億円   197.2億円

1株純資産   1,326.89円   1,274.72円

自己資本比率    75.3%     72.3%

A(※)/総資産   53.2%     47.8%

※A=現金預金+投資有価証券

安定感バツグンの財政状態は、こびと株の特徴です。

宝ちゃんについても、何の心配もありません。負債を全部即金で払っても、34億円もの現預金が余るレベルですw

多少業績が変動したところで、ビクビクする必要のない財政状態…。これは、こびと株オーナーにとっては重要なポイントです!

 

まとめ(今後の配当について)

当期の配当予想は、相変わらず50円です。

うち、中間配当25円は、予定通り実施されますわーいv 期末配当25円についても、全く心配ありません

配当金支払いに必要な金額を、利益ベースでもキャッシュベースでも獲得済みだからです。

  • 50円配当するのに必要な金額:5.6億円
  • 第2四半期時点の当期利益  :9.1億円
  • 第2四半期時点のCF    :11.2億円

今後もこの調子で、安定的に配当支払いを続けてほしいと思います!

 

それではまたっ!

(参考:宝印刷株式会社 四半期決算短信等)

宝印刷に関する基本情報はコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comのメンバー(役割:保有銘柄のウォッチ)。某有名大学で会計を学んだ後、一部上場企業の経理/財務部で働いている。持ち前の情報収集力・財務分析力を武器に、保有銘柄のウォッチを行っている。