宝印刷 2019年5月期期末決算に関するつぶやき(配当ポジティブ)

 

宝印刷 2019年5月期決算(2019年7月4日公表)

たからちゃんより2018年6月1日~2019年5月31日の業務報告が届いております。

 

経営成績の報告

たから
昨年比1割以上の増収増益!順調なのよ~

           当期       前期

売 上 高    182.6億円     157.9億円

営業利益率      9.7%          9.7%

1株純利益    110.63円    99.39円

配当          25円(中間)+25円(期末)

 

売上・各段階利益(営業利益・経常利益・当期純利益)とも、前年比+11~16%程度に着地しました。企業買収による規模拡大も大きいものの、元来の事業も含め、全体として順調と言えるでしょう。

営業利益率以外の項目(売上高・営業利益・当期純利益・ROE)については、無事中期経営計画も達成しています。

フルーツ
全体として好調でうれしいけど、利益率が伸び悩むのは残念だなぁ…

 

営業利益率は、一昨年から9.7%を維持したまま。9.7%→9.9%→10%と進捗する計画は未達となっています。

詳細をみていくと

  • 原価率  前期60.4% 当期61.9%
  • 販管費率 前期29.9% 当期28.4%

ということで、去年に引き続き、「原価の上昇を販管費の抑制でまかない、前期並みの営業利益率に着地させた」という状況です。

原価率が59.8%→60.4%→61.9%と上昇し続けているのは、ちょっとした懸念事項ですね。

フルーツ
やっぱり競合P社との値引き合戦が続いているのかしら…

来期はぜひ、営業利益率も含めた全指標での、中期経営計画達成を望みたいものです。

 

財政状態の報告

たから
相変わらず心配ないの

         当期末       前期末

総 資 産   222.0億円   197.2億円

1株純資産   1,342.03円   1,274.72円

自己資本比率   67.6%     72.3%

A(※)/総資産    46.3%     47.8%

※A=現金預金+投資有価証券

 

もともと安定感のあるたからちゃんですから、良好な業績もあいまって、総資産・1株当たり純資産は増加中です。安心の財政状態ですね。

あえていえば、自己資本比率が5%近く低下しているのが気になる程度でしょうか。

主たる原因は借入金の増加。前年比で6.5億円程度、借入を増やしているようです。

とはいえ、負債合計が68億円。現預金は78億円ですから、一括返済さえ可能なレベル。全く心配には及びません

フルーツ
この調子でがんばってね~

 

キャッシュ・フローの状況

たから
おカネは増えたのよっ!

        当期       前期

営業C/F     18.0億円      14.9億円

投資C/F    ▲7.8億円     ▲8.5億円

財務C/F    ▲0.0億円       ▲4.8億円

 

当期のキャッシュフローは大幅なプラスとなりました。

増加額は、前年比+8.5億円。この主な要因は

  • 増益
  • 長期借入れ

の2つ。投資有価証券の取得を抑制したこともあって、子会社株式の取得による支出はカバーできた形になっています。

フルーツ
キャッシュがうまく回っているのは重要!借り入れ分を除いても、投資や配当を十分にまかなえる営業CFがあるから、安心だね。

 

今後の見通し

最近のニュース

たからちゃんはここのところ、様々な業務提携・新規サービスなどを次々に発表しています。この4ヶ月では、

  • Toppan Merrill Limited との業務提携
  • 初のファイナンス付きTPM上場案件、無事上場
  • TKCと連結データの自動連携機能リリース
  • AI翻訳サービスを発表

といったところですね。

フルーツ
本業が好調な中でも、周辺事業の開拓をすすめたり、より良いサービスを開発したりと、工夫がみられるのはいいことだね。
たから
これからも、ディスクロージャー情報を活性化するためにがんばるわっ。

 

業績予想

たから
来期も増収予定よっ!

来期は、たからちゃんの「新・中期経営計画2020」の最終年度。当期以上の成績(売上・営業利益・当期純利益)をあげ、無事達成となる見込みです。

その背景にあるのは、

  • 既存製品の底上げ
  • 情報開示の充実に即した各種サービス
  • ディスクロージャー書類の翻訳
  • 決算・開示にかかる支援

などによる受注増加とコストの維持

フルーツ
原価率の上昇に歯止めをかけて、無事計画達成、がんばってね!

 

今後の配当について

たから
来期は、フルーツの大好きな増配よー!

出ました、とうとう増配の予想!4円アップで、年間54円が支払われる見込みです。増配率は8%ですね。素晴らしい。

フルーツ
8%増は大きいわ~。私の取得価額だと、配当利回りが4%超になる♪

業績予想が達成できれば、それでも配当性向は47%程度。問題のない適性水準と言えるでしょう。

 

たからちゃんは基本的に、配当を「安定配当50円+業績連動型配当」で考えています。

今回の4円アップが、

  1. 「安定配当」のアップ
  2. 業績連動型配当としての配当

なのかは気になるところ。今後のIRを待ちたいと思います。

 

フルーツ
たからちゃん、1年よくがんばったね!増配楽しみにしてるよー!ありがとー!

それではまたっ!

(参考:宝印刷株式会社 期末決算短信等)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comのメンバー(役割:保有銘柄のウォッチ)。某有名大学で会計を学んだ後、一部上場企業の経理/財務部で働いている。持ち前の情報収集力・財務分析力を武器に、保有銘柄のウォッチを行っている。