宝印刷 2019年5月期第3四半期決算に関するつぶやき(配当ニュートラル)

宝印刷 2019年5月期第3四半期決算(2019年3月29日公表)

たからちゃんより2018年6月1日~2019年2月28日の業務報告が届いております。

 

経営成績について

たから
2Qに引き続き、増収減益よ…。

        当第3四半期   前第3四半期

売 上 高   122.3億円   110.4億円

営業利益率      7.0%          8.0%

1株純利益    55.61円    58.56円

配当      25円+25円(期末予想)

毎年3Q決算は、たからちゃんの売上が伸び悩む時期。今年も例年と変わらず、この3ヶ月は逆ザヤになっています。

とはいえ、これ自体は、お客さんである会社たちの決算期の問題。3月決算会社が圧倒的に多いので仕方ありません。

そもそも事業年度が年1回・資本金1億円以上の日本の会社について言えば、54%程度は3月決算会社です。

 

問題は、累計期間で見たときに、昨年比増収減益の傾向が続いていること。相変わらず原価率上昇(61.1%→62.5%)・利益率低下という状況です。

フルーツ
3ヶ月後の期末決算はどうなるのかな…。ちょっと心配だわ。

 

たからちゃん本人としては、業績予想は修正していません。

たから
営業利益率はちょっぴり下がるけど、増収増益になるのよ。

と言い張っています。

 

ちなみに、3Q時点の進捗は

  • 売上:72%
  • 営業利益:53%

といったところ。

 

とはいえ、昨年も

  • 3Q末時点では減収減益
  • 3Q末時点での進捗は、売上で71%・営業利益で58%程度
  • それでも期末には予想達成!

という感じでした。

 

たからちゃんのビジネスは、季節ごとの売上変動が大きいビジネスです。

その中で、4Qは1Qに次いで売上規模が大きくなる季節。

フルーツ
4Q、なんとか頑張って!予想の達成楽しみにしてるよ~!

 

財政状態について

たから
財政状態は、安心してね。

       当第3四半期末  前期末

総 資 産   188.5億円   197.2億円

1株純資産   1,274.77円   1,274.72円

自己資本比率    75.6%     72.3%

A(※)/総資産   52.0%     47.8%

※A=現金預金+投資有価証券

 

短期の経営成績がどうなろうと、財政状態がガッチリ堅牢なのは、こびと株の特徴のひとつ。たからちゃんも財政状態には何の心配もありません。

相変わらず、負債のすべてを現預金だけで決済できるというとんでもないレベルです。

フルーツ
経営の効率性っていう問題はあるけど、やっぱり安心だよね。これからも、株主資本をコツコツ積み上げつつ、配当がんばってね~

 

最近の宝印刷の動向

たから
3Q期間中のトピックスとしては…㈱十印が仲間になってくれたわ。

2019年2月15日付で、国内外で翻訳サービスなどを営む㈱十印を完全子会社化しています。十印は、創業55年。翻訳業界のパイオニアです。

  • 開示書類の翻訳ニーズは高い
  • アジア主要国の証券市場に上場する日本企業の支援を実施中
  • 2018年11月、Translasia Holdings Pte. Ltd.(※)を子会社化

 ※シンガポール・マレーシア・香港で翻訳・通訳事業を展開する会社

という流れの中で、今回の投資が行われました。

 

十印の資本金は1億弱。支払いは現金で行われますが、金額は非公表となっています。

のれん金額は3.8億円程度です(無形資産などへの配分未了。1年以内にのれん金額変更の可能性あり)

償却期間は10年ということなので、今後10年間、毎年4千万近い償却費を負担しなければなりません。

フルーツ
償却費を補って余りある収益が欲しいけど…M&Aは失敗も多いからな…どうかなぁ…

 

とはいえ、この買収案件、たからちゃんの体力からすると影響は大きくありません

たからちゃんは年間169億円(当期の通期業績予想ベース)の売上をあげる会社。十印の売上はこの10分の1未満です。

 

たから
翻訳事業のサービス品目を拡大したり、多言語に対応できるようにしたり、顧客基盤を拡大したり…一緒にがんばっていくわ。

顧客である企業の側からすると、ディスクロージャーの専門家であるたからちゃんが多言語に対応するのは、確かに便利。日本語書類の作成~他言語への翻訳まで一貫して任せられれば安心です。

十印のノウハウを上手に活用して、たからちゃんグループ全体で発展していってほしいと思います。

 

まとめ(今後の配当について)

全体として、2Q決算から大きな変化はありません

配当についても、期末予想は変わらず25円。配当実施に関する心配ごとは特にありませんが、増配も特に期待できないかな、という感じです。

フルーツ
継続的な安定配当を続けてくれれば、こびと株オーナーとしては満足だよ~。第4四半期、がんばってね~

 

それではまたっ!

(参考:宝印刷株式会社 四半期決算短信等)

宝印刷に関する基本情報はコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comのメンバー(役割:保有銘柄のウォッチ)。某有名大学で会計を学んだ後、一部上場企業の経理/財務部で働いている。持ち前の情報収集力・財務分析力を武器に、保有銘柄のウォッチを行っている。