宝印刷 2020年5月期第2四半期決算に関するつぶやき(配当ニュートラル)

 

宝印刷 2020年5月期第2四半期決算(2019年12月26日公表)

たからちゃんより2019年6月1日~2019年11月30日の業務報告が届いております。

 

経営成績の報告

たから
喜んで!増収増益よ!

       当第2四半期   前第2四半期

売 上 高    105.5億円    96.9億円

営業利益率     13.4%         13.3%

1株純利益    84.03円    81.60円

配当        27円+27円(期末予想)

 

たからちゃん、2Qは良好な成績をおさめました。

前年に比べて増収の上、営業利益率も若干の向上が見られ、しっかり増益につなげています。

伸びる売上に対して、伸び悩む利益率…という構図から、抜け出せたきたようです。

 

製品別でみると

  • 金商法関連:減収
  • 会社法関連:減収
  • IR関連:増収
  • その他(株主優待関連など):増収

という状況。

フルーツ
法規制に基づく必須書類で減収になっているのは、多少気になるところ。景気によって売り上げが増減しそうな予感がするな~

 

それから、当2Qの損益計算書には「のれん減損損失」が2,200万円計上されています。

フルーツ
どのM&Aでミスったのかな~。金額規模からいって気にするとこじゃないけど、今後の情報開示は観察したいところ。

 

財政状態の報告

たから
心配のいらない状況よ。

        当第2四半期末   前期末

総 資 産    208.8億円    222.0億円

1株純資産    1,414.58円    1,342.03円

自己資本比率     75.8%      67.6%

A(※)/総資産       52.8%      46.3%

※A=現金預金+投資有価証券

 

安定した財政基盤のもと、稼いでくれているこびとちゃんです。

安全性には何の問題もありません。

期末に若干低下していた自己資本比率も、1Q以来上昇しています。

フルーツ
この調子でよろしくっ!

 

キャッシュ・フローの状況

たから
キャッシュも+5.8億円で、しっかり増加中よ

        当期       前期

営業C/F     16.6億円      16.6億円

投資C/F    ▲7.3億円     ▲3.0億円

財務C/F    ▲3.5億円       ▲2.3億円

 

昨年2Qと比べると、キャッシュの増加幅は鈍っています。(前2Q:11.2億円→当2Q:5.8億円)

注目したいのは、投資CFの動き。

  • 「有形固定資産の取得による支出」が3.8億円ほど増加
  • 「無形固定資産の取得による支出」が0.5億円ほど増加

ということで、投資額が比較的多めになっています。

今後の業績にきちんとプラスの影響があるのかどうか、見守っていきたいと思います。

 

営業CFは、昨年とおおむね同水準に着地しています。(前2Q:19.2億円→当2Q:20.9億円)

  • 仕入債務&未払費用の減少額増加によるキャッシュアウト(△8.3億円)を
  • 売上債権の減少額増加によるキャッシュイン(+8.3億円)がカバー

している形です。

 

財務CFの動きは

  • 「長期借入金の返済による支出」が0.5億円ほど増加
  • 「長期借入れによる収入」が0.6億円ほど減少(当期は長期借入ナシ)

という程度。

 

フルーツ
全体としては、十分に安心できるキャッシュフロー状況だと思います。

 

今後の見通し

 

最近のニュース

最近のたからちゃんのニュースとしては

  • 12月2日:かねてより発表していた持株会社化が実行

されました。

フルーツ
事業への影響があるのやら、ないのやら…

いまいち実態がつかみにくい新設分割による持株会社化。

静かに様子をみていきたいと思います。

 

業績予想

たから
1Qに出した予想と変わりはないわ。

通期予想に変更はありませんでした。

1Q時点で出していた2Q予想は、全ての項目で無事達成しています。

フルーツ
下期もこの調子でがんばってね!

 

今後の配当について

中間配当は、予定通り27円で実行されるもようです。(支払開始予定日は2020/1/27)

期末配当についても、全く懸念はありません。

年間で昨年比4円の増配を達成してくれることと思います。

フルーツ
ありがとう、たからちゃん!

 

4Q予想達成&年間配当額54円を仮定すれば、配当性向は46.5%程度になります。

たからちゃんは目標とする配当性向などは公表していませんが、過去には利益の50%以上を配当していた時期もあります。

2020年5月期は、3カ年の中期経営計画最後の年。

今後の経営計画利益計画と、配当政策に注目していきたいと思います。

フルーツ
無理なく着実に稼いで、どんどん増配しちゃってね!

 

それではまたっ!

(参考:宝印刷株式会社 四半期決算短信等)

 

高配当の「こびと株」っていいかも?と思ったら…

分散が鉄則の高配当株投資。分散を徹底していれば、たからちゃんのような優秀なこびと株が、他の株のポカをおぎなってくれます。優秀な株を集めて、自分だけのチームをつくっていくイメージですね。チームメンバーを増やしておくことで、調子の悪い子を他の子がおぎなえる状況を作っておくわけです。

少額で分散投資をやりたいならSBIネオモバイル証券が最有力候補。理由は2つ。

  1. 1株から買える(NTTドコモなどの超優良企業を3000円程度で買えます)
  2. 取引手数料が最安(大手ネット証券で少額分散投資をやると手数料負けします)

SBIネオモバイル証券を使った少額分散投資は、コスト面では最安ですね。

Tポイントを使って株が買えるので、Tポイントユーザーにとってはさらに使い勝手が良い証券口座です。他の証券会社とは一味違う、唯一無二のサービスになっています。

 

※関連記事です。

高配当株投資をはじめて、配当金を受けとりたい人のためのスタートマニュアルです。

【配当金月3万円の第一歩】SBIネオモバイル証券を使った高配当株投資の始め方を解説します

2019.08.20

 

初心者さん向けに、もっともっと簡単に解説したバージョンです。

【超初心者向け】はじめての高配当株投資。始め方&ポイントを専門用語をほぼ使わずに解説

2019.09.07

 

高配当株についてもっと知りたい方向けの記事です。

高配当株のポートフォリオは、金のタマゴを産む”痩せない”ニワトリのようなものである

2019.08.03
スポンサーリンク
スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comの共同管理人。慶應義塾大学卒業後、一部上場企業に就職。経理/財務の実務経験10年超、日商簿記1級、証券アナリストを有する「企業と個人のお金の専門家」。4つの財布(給与/配当/不動産/事業収入)を駆使して経済的自由を達成することを目標に奮闘中。