CDS 2018年12月期第1四半期決算に関するつぶやき(配当ニュートラル)

スポンサーリンク

CDS 2018年12月期第1四半期決算(2018年5月11日公表)

CDSより2018年1月1日~3月31日の業務報告が届いております。

 

経営成績について

CDS
前期に比べると減収減益…。

       当第1四半期 前第1四半期

売 上 高     22.8億円       23.5億円

営業利益率      13.6%       16.7%

1株純利益       30.77円         38.25円

配当予想         20円(中間)+20円(期末)

 

売上減少の原因としては、

  • 顧客企業での新製品開発計画・市場導入計画の遅延
  • 前年に顧客企業のIT投資が積極的に行われた反動

などが挙げられています。

CDSは、売上の30%近くを三菱自動車工業(株)に依存する会社です。そんなこともあって、顧客企業の計画や投資判断の影響を受けやすいのだと思います。(※)

このあたりは、CDSに投資する上での重要なリスクだと考えています。

※ここでいう顧客企業が、三菱自動車工業(株)のことかどうかは明示されていません。念のため。

 

利益減少の原因は、売上減少と利益率低下の両方です。

営業利益率は前期に比べて3.1%も低下していますし、通期はさらに0.4%低下する見込みです。

しかし、もともとCDSのビジネスの営業利益率は11.8%程度(2013年~2017年の5年平均)です。これに比べると、当第1四半期の営業利益率13.6%は高めの水準といえます。

昨年の第1四半期の方が異常値だったのかもしれません。(参考:2年前の第1四半期の営業利益率は14.3%、3年前の第1四半期の営業利益率は7.5%。)

 

通期予想(増収増益)は維持されています。また、通期予想に対する進捗率は、売上・各段階利益とも25%を超えています

年間を通してこのペースを維持し、通期では予想通りの着地してくれることを期待しています。

フルーツ
顧客企業の状況に振り回されすぎないかが心配だけどっ!期待してるっ!

 

財政状態について

CDS
現金増えた…。総資産も増えた…。安定している…。

       当第1四半期末  前期末

総 資 産          73.2億円         69.5億円

1株純資産          750.96円           740.40円

自己資本比率           70.0%        72.7%

A(※)/総資産            21.0%     19.1%

※ A=現金預金

 

財政状態の方は、相変わらずの好調。こびと株らしい安定ぶりを発揮してくれています。

資産の1/5が現預金であり、その額は有利子負債の4倍を超えています。またこの現預金の額は、年間の配当金支払総額の5.6倍以上でもあります。

こびと株オーナーとしては、今のところ、倒産も減配も全く心配していません。

 

まとめ(今後の配当について)

当期の配当予想は、前期末決算時の発表と変わらず、中間20円+期末20円の計40円です。当第1四半期の1株あたり利益は30.77円ですから、あと1-2ヶ月で、当期配当分の利益を稼ぎ出すことができるでしょう。

通期予想の1株あたり利益が108.14円ですから、配当性向は37%程度。この側面からも、さほどムリのない水準といえそうです。

今回の決算発表は、配当ニュートラル。

こびと株オーナーの一番の願いは、長期にわたる配当水準の維持です。

CDS、配当ポジティブじゃなくてかまわないから、これからもニュートラルな決算を続けていってね!応援してるよ。

 

それではまたっ!

 

CDSに関する基本情報はコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA