CDS 2018年12月期第2四半期決算に関するつぶやき(配当ニュートラル)

CDS 2018年12月期第2四半期決算(2018年8月10日公表)

CDSより2018年1月1日~6月30日の業務報告が届いております。

 

経営成績について

CDS
増収減益ながら、通期予想は増収増益ゆえ、増配…。

       当第2四半期 前第2四半期

売 上 高     43.0億円      42.0億円

営業利益率      13.2%        13.7%

1株純利益       55.04円         57.04円

配当          22円(中間)+22円(期末予想)

 

全体としては、増収減益の決算報告でした。

とはいえ、第1四半期に比べると、減益幅はずいぶん縮小しています。(20~21%程度→1~4%程度)
4~6月の3ヶ月間は、かなり健闘した様子です。

これが、通期の業績予想据え置き増配の決定に結びついているのでしょう。

 

セグメント別にチェックすると、

  • ドキュメンテーション事業:減収増益売上  3.6%減営業利益  1.9%増
  • エンジニアリング事業  :増収増益売上40.2%増営業利益43.2%増
  • 技術システム事業    :減収減益売上  5.8%減営業利益13.6%減

となっています。

エンジニアリング事業だけが、圧倒的に伸びています。これは、CDSが中・長期的な戦略ビジネスとして位置づけ、業容拡大に注力しているセグメントです。

 

今回、決算発表と併せて、この分野の新工場建設を発表しました。

  • 愛知県稲沢市(既存工場の隣)に
  • ロボットビジネスを行う子会社バイナスの
  • 生産能力向上のために
  • 15億円をかけて

新工場を建設するという内容です。

強化するのはFA教育分野。特に、ロボット学習システム「ロボトレーナー」です。
産業用ロボットの学習教材ですね。

 

エンジニアリング事業は、他の2つのセグメントに比べ、まだまだ売上規模の小さいセグメントです。(全体の22%程度)

工場完成後の躍進に期待したいと思います。

 

財政状態について

CDS
財政状態には問題がない…。

       当第2四半期末  前期末

総 資 産          74.0億円         69.5億円

1株純資産          774.80円           740.40円

自己資本比率           71.5%        72.7%

A(※)/総資産            21.7%     19.1%

※ A=現金預金

 

バッチリ安定した財政状態です。全く心配がありません。

 

キャッシュも順調に増加中。

昨年に比べて投資CFのマイナスが大きくなっていますが、きちんと営業CFの範囲に収まっています。

投資CFマイナスの主要因は、新工場建設に向けた土地取得。一時的なものですし、注力セグメントへの正常な投資と言えるでしょう。

配当金支払いを中心とする財務CFのマイナスを加味しても、全体としてキャッシュはプラス。増配も安心して喜べる資金繰りがうれしいですね!

 

まとめ(今後の配当について)

今回、中間配当2円+期末配当2円、計4円の増配が発表されました。

理由は、「当期の業績が順調に推移する見込みであることから」。

私フルーツ的には、簿価利回りを0.4%アップされるうれしい増配です。

 

増配後の年間配当44円をベースにすると、配当に必要な資金は年間3億円程度。

当第2四半期のFCF4.6億円からしても、第2四半期純利益3.7億円からしても、無理のない金額だと思います。

増収減益からの増配でも、特に不安はありません。

 

エンジニアリング事業を中心とした今後の業績と、さらなる増配を期待したいと思います!

それではまたっ!

 

CDSに関する基本情報はコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comのメンバー(役割:保有銘柄のウォッチ)。某有名大学で会計を学んだ後、一部上場企業の経理/財務部で働いている。持ち前の情報収集力・財務分析力を武器に、保有銘柄のウォッチを行っている。