CDS 2018年12月期第3四半期決算に関するつぶやき(配当ニュートラル)

CDS 2018年12月期第3四半期決算(2018年11月9日公表)

CDS株式会社のこびと「CDS」から、2018年1月1日~2018年9月30日の業務報告が届いております。

 

経営成績の報告

CDS
無事、増収増益

        当第3四半期  前第3四半期

売 上 高     65.0億円      62.6億円

営業利益率      13.5%       13.0%

1株純利益       83.67円         75.55円

配当          22円(中間)+22円(期末予想)

 

CDSくん、上期の減益を挽回です。3Q累計期間では、増収増益の決算を発表してくれました。

通期予想に対する進捗も、売上72%、営業利益・経常利益74%、純利益77%と、まぁまぁの様子。期末には、ほぼほぼ予定通りの業績を報告してくれるのではないでしょうか。

 

セグメント別にチェックすると、

  • ドキュメンテーション事業:減収増益売上  1.5%減営業利益8.3%増
  • エンジニアリング事業  :増収増益売上15.8%増営業利益4.1%増
  • 技術システム事業    :増収増益売上  2.9%増、営業利益9.0%増

となっています。

 

第2四半期と比べると、技術システム事業の変化が著しいですね。減収減益増収増益に転じました。

自動車メーカーの開発部門などの使う技術系システム(CAD/CAE/BOM等)の開発や、運用受託を行っているセグメントです。

また、同時に、CDSくんが売上の約30%を依存する三菱自動車工業㈱との関連が特に深いセグメントでもあります。

当期は

  1. 三菱自動車工業㈱の業績が好調(2ケタの増収増益)ですし、
  2. 年間の基本的業務発注量を定めた同社との契約が活きています。

このセグメントが増収増益なのも納得ですね。

問題は来期以降。①自動車業界自体の先行きが不透明ですし、②契約期間も満了します。リスクの高いセグメントと言わざるを得ません。

CDSくんの打ち手に期待したいと思います。

 

エンジニアリング事業だけが、圧倒的に伸びています。これは、CDSが中・長期的な戦略ビジネスとして位置づけ、業容拡大に注力しているセグメントです。

 

財政状態の報告

CDS
現金もたっぷり、自己資本もたっぷり…。

           当第3四半期末     前期末

総 資 産          75.3億円         69.5億円

1株純資産         781.51円          740.40円

自己資本比率           70.8%       72.7%

A(※)/総資産          20.4%     19.1%

※ A=現金預金

 

相変わらず、財政状態には文句のつけようがありません。健全なこびとちゃんです。

この調子でがんばってほしいと思います。

 

まとめ(今後の配当について)

配当については、第2四半期末の増配予想から変更なし。年間配当44円の見込みです。間違いなく配当されることと思われます。

CDSくんにとっては、特に背伸びした配当水準ではありませんので、全く心配していません。

 

第3四半期決算で、予定通り増収増益路線にのりましたし、ますます今後に期待していきたいと思います。

それではまたっ!

(参考:CDS株式会社 四半期決算短信等)

CDSに関する基本情報はコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comのメンバー(役割:保有銘柄のウォッチ)。某有名大学で会計を学んだ後、一部上場企業の経理/財務部で働いている。持ち前の情報収集力・財務分析力を武器に、保有銘柄のウォッチを行っている。