ニホンフラッシュ 2019年3月期第2四半期決算に関するつぶやき(配当ニュートラル)

ニホンフラッシュ 2019年3月期第2四半期決算(2018年10月31日公表)

ニホンフラッシュ株式会社のこびと「ニフラ」から、2018年4月1日~2018年9月30日の業務報告が届いております。

 

経営成績の報告

ニフラ
売上と営業利益は増えたけど、経常利益と純利益は減っちゃったんだ。

        当第2四半期  前第2四半期

売 上 高    96.8億円    86.6億円

営業利益率   12.7%        14.1%

1株純利益    69.64円     71.56円

配当      25円(中間)+25円(期末予想)

 

増収減益だった第1四半期決算を受け、第2四半期決算では営業利益レベルで増益まで回復しました。経常利益・純利益の減益幅も、それぞれ19.6%→5.6%、17.1%→2.7%と、グッと縮めてきています。

第2四半期会計期間に限って言えば、まずまずの経営成績と言えるでしょう。

 

利益率を見ても、

  • 営業利益率:9.6%→14.7%
  • 経常利益率:9.8%→13.7%
  • 純利益率 :7.2%→10.2%

と、第1四半期会計期間→第2四半期会計期間で、順調に回復しています。

 

第1四半期時点での懸念事項(以下2点)については、相変わらず不安要素ではあります。

  1. 中国当局による、環境規制強化への対応
  2. 吉屋(青島)新工場の、創業経費・減価償却費

とはいえ、受注残高は順調に伸びている(前年同期比27%増)ようです。無事に先行投資が実り、利益に貢献してくれることを祈っています。

 

通期業績予想に変更はありません。変わらず、2ケタ%の増収増益予想です。達成への期待が高まりますね。

 

財政状態の報告

ニフラ
安定稼働してるよ~

         当四半期末     前期末

総 資 産    248.3億円   242.8億円

1株純資産     1,441.14円   1,448.51円

自己資本比率    72.7%        74.7%

A(※)/総資産     23.4%        29.4%

※A=現金預金+有価証券+投資有価証券

 

財政状態については、特に気になるところはありません

純資産の減少の主な要因は、為替換算調整勘定の減少です。これは為替レートの影響(二フラくんの場合は、主に円・元レート)によるものですから、二フラくんの事業自体に問題があるわけではありません。

現預金減少の要因は、四半期報告書(第2四半期なので、CF計算書がのっています)が出たら、念のため確認しておこうと思います。

 

配当金について

配当予想に変更はありません。中間配当は25円で実施され、期末配当の予想は25円で維持されています。

業績予想ベースでの配当性向は24%程度。達成の暁には、増配の期待もできるかしら…と、ワクワクしています。

まずは、環境規制対応や工場への先行投資の回収です。

しっかり稼いで、しっかり株主還元をしていってもらいたいと思います!

 

それではまたっ!

(参考:ニホンフラッシュ株式会社 四半期決算短信等)

ニホンフラッシュに関する基本情報はコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comのメンバー(役割:保有銘柄のウォッチ)。某有名大学で会計を学んだ後、一部上場企業の経理/財務部で働いている。持ち前の情報収集力・財務分析力を武器に、保有銘柄のウォッチを行っている。