ニホンフラッシュ 2019年3月期第1四半期決算に関するつぶやき(配当ニュートラル)

ニホンフラッシュ 2019年3月期第1四半期決算(2018年7月30日公表)

ニフラより2018年4月1日~2018年6月30日の業務報告が届いております。

 

経営成績の報告

ニフラ
増収減益…。

      当第1四半期 前第1四半期

売 上 高   38.3億円   35.4億円

営業利益率       9.6%       11.0%

1株純利益    21.98円    26.50円

配当予想     25円(中間)+25円(期末)

なかなかひどい減益っぷりです。
営業利益で6%、経常利益で20%近く減少しました。
売上は伸びていますから、利益率の悪化が目立ちます。

  1. 中国当局による環境規制強化への対応
  2. 吉屋(青島)新工場の創業経費・減価償却費
  3. 前年の臨時的な営業外収益の影響

あたりが原因のようです。

③はともかく、①②は少々気がかりです。
通期業績予想に変更はないことから、第2四半期以降の巻き返しに期待したいと思います。

 

財政状態の報告

ニフラ
財政状態は大丈夫なんだよー!

        当四半期末    前期末

総 資 産   231.6億円   242.8億円

1株純資産   1,414.63円    1,448.51円

自己資本比率    76.5%     74.7%

A(※)/総資産     26.3%     29.4%

※A=現金預金+有価証券+投資有価証券

財政状態については、特に気になるところはありません

現預金の減少は、主として配当金支払などによるものでしょう。
純資産の変動要因になっている、為替換算調整勘定やその他有価証券評価差額金は、毎期増減するのが普通です。

少々経営成績が揺れ動いても、ビクともしない財政状態。
この安定感こそが、こびと株のよいところだと思います!

 

配当金について

配当予想は、前期末の発表通り50円(中間25円+期末25円)で維持されています。

業績予想ベースでの配当性向は24%程度。
まだまだゆとりのある数字です。

現預金の残高から言っても、配当余力は十分と言えるでしょう。

 

キャッシュフローを十分に確保しつつ、経営成績の安定と配当の増加に努めてほしいと思います。

フルーツ
がんばってね、ニフラくん!まずは当期業績予想の達成から。新工場の固定費とか、まかなえるだけの利益出すんだよー!

それではまたっ!

 

ニホンフラッシュに関する基本情報はコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comのメンバー(役割:保有銘柄のウォッチ)。某有名大学で会計を学んだ後、一部上場企業の経理/財務部で働いている。持ち前の情報収集力・財務分析力を武器に、保有銘柄のウォッチを行っている。