ニホンフラッシュ 2017年3月期期末決算に関するつぶやき(配当ポジティブ)

ニホンフラッシュ 2017年3月期期末決算(2017年4月28日公表)

ニフラより2016年4月1日~2017年3月31日の業務報告が届いております。

ニフラ
だいたい一昨日の発表通りだよ。前までの予想に届かなくってごめん!

          当期     前期

売 上 高   178.2億円   179.5億円

営業利益率     15.5%         16.8%

1株純利益    152.69円    166.43円

配当      20円(中間)+20円(期末)

ニフラ
ストックの状況は結構順調だよ!

        当期末     前期末

総 資 産   212.3億円    190.3億円

1株純資産   1,259.95円    1,192.12円

自己資本比率    74.4%     78.5%

A(※)/総資産     30.0%      23.9%

※A=現金預金+投資有価証券

 

業績予想の下方修正で低迷気味なイメージのニフラくんですが、財務体質はやっぱり盤石。

インタレスト・カバレッジ・レシオも昨年の30.5倍から637.7倍まで急激な改善を見せていますし、フリーキャッシュフローも16.5億円としっかり確保されています。

やはり、営業利益率が10%を超えるビジネスを持つ会社は安心感がありますね。財務体質が着実に強化されていっています。

次期の予想はというと、売上は215億円と過去最高、かなり強気のニフラくんです。5年前と比較すると100億円近く売上が増えていますから、大した成長力です。地学的リスクによる不透明感はあるものの、国内市場中国市場、それぞれにがんばれそうだというメッセージのようです。

国内では、経済の緩やかな回復を背景とする安定的な収益確保を。中国では、不動産市場の安定化を背景にとする飛躍的な発展を。

最近では通期予測をショートする結果に甘んじていますが、次期こそは予想通りの決算を迎えられるよう、がんばってほしいものです。

ちなみに次期配当予想は、変わらず40円。こちらについては安心して待っていられそうだな、と思っています。増配余地は十分あると見ています。

がんばれ、ニフラくん!

 

ニホンフラッシュに関する基本情報はコチラ

高配当の「こびと株」っていいかも?と思ったら…

分散が鉄則の高配当株投資。
少額で分散投資をやりたいならSBIネオモバイル証券が最有力候補。理由は2つ。

  1. 1株から買える(NTTドコモなどの超優良企業を3000円程度で買えます)
  2. 取引手数料が最安(大手ネット証券で少額分散投資をやると手数料負けします)

口座開設料・口座維持手数料はもちろん無料で、個別株なら投資信託と違って信託報酬などの保有コストもかかりません。

SBIネオモバイル証券を使った少額分散投資は、コスト面では最安ですね。

Tポイントを使って株が買えるので、Tポイントユーザーにとってはさらに使い勝手が良い証券口座です。他の証券会社とは一味違う、唯一無二のサービスになっています。

 

※関連記事です。

高配当株投資をはじめて、配当金を受けとりたい人のためのスタートマニュアルです。

【配当金月3万円の第一歩】SBIネオモバイル証券を使った高配当株投資の始め方を解説します

2019.08.20

 

初心者さん向けに、もっともっと簡単に解説したバージョンです。

【超初心者向け】はじめての高配当株投資。始め方&ポイントを専門用語をほぼ使わずに解説

2019.09.07

 

高配当株についてもっと知りたい方向けの記事です。

高配当株のポートフォリオは、金のタマゴを産む”痩せない”ニワトリのようなものである

2019.08.03
スポンサーリンク
スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comの共同管理人。慶應義塾大学卒業後、一部上場企業に就職。経理/財務の実務経験10年超、日商簿記1級、証券アナリストを有する「企業と個人のお金の専門家」。4つの財布(給与/配当/不動産/事業収入)を駆使して経済的自由を達成することを目標に奮闘中。