蔵王産業 2019年3月期第1四半期決算に関するつぶやき(配当ニュートラル)

スポンサーリンク

ざおうさんより2018年4月1日~2018年6月30日の業務報告が届いております。

 

経営成績について

ざおうさん
減収減益ですぅ…。売上も利益も1割くらい落ちちゃいました。

          当期     前期

売 上 高     15.4億円   17.1億円

営業利益率     13.9%      14.1%

1株純利益       23.68円    26.11円

配当予想    30円(中間)+31円(期末)

 

こびと株の中でも、ひときわ安定した経営成績を示し続けていたざおうさん。今回の決算はおどろきの減収減益でした。各項目10%前後の減少ですから、無視はできません。

前第1四半期と当第1四半期を比べてみると、利益率にはには大きな変動がないようです。

  • 営業利益率(前期14.1%、当期13.9%)
  • 経常利益率(前期14.5%、当期14.5%)
  • 純利益率 (前期  9.6%、当期  9.7%)

ごく単純に売上が減った分だけ利益も減ったという状況ですね。

 

売上減少の要因については…決算短信では、一切説明されていません

その一方で、上期・通期の業績予想は増収増益のまま、特に変更はありません。ですから、今回の減収減益は、売上計上のタイミングの問題や、第1四半期だけの特殊要因によるものではないかと考えています。

第2四半期以降のざおうさんに期待しつつ、見守っていきたいと思います。

 

財政状態について

ざおうさん
特にご心配いただく点はないかと思います。

        当期末    前期末

総 資 産   130.2億円   133.5億円

1株純資産   1,818.37円   1,827.31円

自己資本比率    87.5%     85.7%

A(※)/総資産     41.7%     41.5%

※A=現金預金+有価証券+投資有価証券

 

四半期の利益が落ちたくらいでは、ビクともしないのがざおうさんの財政状態です。

総資産や純資産が減少していますが、特に心配のある状況ではありません。現金や純資産の減少は、配当金の支払いが主たる要因だと思われます。

自己資本比率も高まっており、(経営成績の報告が甘くても)長い目でみてあげやすい財政状態です。

 

まとめ(今後の配当について)

配当予想は、期末時点のものを維持して61円となっています。

キャッシュの豊かなこびとちゃんですから、当期の配当金支払そのものへの不安はありません。

 

気になるのは、やはり第2四半期以降の経営成績です。配当金を安心して支払えるだけの売上を、稼ぎ出してほしいと思います。

ざおうさん、頼んだよー!

 

蔵王産業に関する基本情報はコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comのメンバー(役割:保有銘柄のウォッチ)。某有名大学で会計を学んだ後、一部上場企業の経理/財務部で働いている。持ち前の情報収集力・財務分析力を武器に、保有銘柄のウォッチを行っている。