キヤノン 2018年12月期第2四半期決算に関するつぶやき(配当ニュートラル)

スポンサーリンク

キヤノン 2018年12月期第2四半期決算(2018年7月26日公表)

かのんより2018年1月1日~6月30日の業務報告が届いております。

 

経営成績の報告

かのん
増収増益!どんなもんだいっ!

      当第2四半期  前第2四半期

売上高    1兆9,671億円   1兆9,652億円

営業利益率(※1)         8.9%           8.5%

1株純利益       124.83円         113.98円

配当          80円(中間実績)+80円(期末予想※2)

※1:退職金関係の会計基準が変わったために、前期の営業利益率が変動しています。かのんちゃんの実態に変わりはないので、あまり気にしなくて大丈夫だと考えています。

※2:かのんちゃん自身は、期末の配当予想を発表していません。しかし中間配当が、前期の「10円の記念配当を普通配当に組み入れる前提」で行われているため、ここでは年間配当金を160円(前期並み)と推定して記載しています。

 

かのんちゃん、なかなかの好成績です。

売上は微増、利益は5~10%程度とかなりの増益です。すばらしい!

 

あえて懸念点をあげるとすれば、原価率が上昇傾向にあることでしょうか。

  • 原価率 :2.3%上昇
  • 販管費率:2.3%低下
  • 研究費率:0.4%低下

で、合計して営業利益率0.4%上昇。

「原価率の上昇分を販管費のコストダウンで補い、研究費を抑えることで利益率を改善している」という風にも見える財務状況です。

営業利益率の上昇はうれしいですが、主因が研究費の抑制であれば、いつかそのツケを払う日が来ます。

かのんちゃんの原価率と研究費については、今後の動向を注視したいと思います。

 

財政状態の報告

かのん
総資産が3.6%減少なの。主な原因は、現金と売上債権の減少なのっ。

     当第2四半期末   前期末

総資産    5兆119億円        5兆1,983億円

1株純資産   2,618.81円      2,658.59円

自己資本比率   56.4%        55.2%

流動比率      202.9%      201.2%

 

前期末に比べて、843億円、キャッシュの残高が減少しています。

第1四半期末には1,211億円の減少でしたから、3ヶ月で367億円回復したともいえます。営業CFが第1四半期の3.9倍となり、投資CFをまかなえるようになったことが大きな原因です。

為替変動の影響は相変わらずマイナス(△149億円)ですし、第3四半期には中間配当金の支払いもあります。

  • 投資額
  • 配当金支払
  • 為替のマイナス影響

これらをまかなうだけの営業CFを稼ぎ出し、しっかりキャッシュフローを確保してほしいものです。

 

業績予想の報告

かのん
通期業績予想は下方修正なの…。でも、去年よりは増収増益の予定だからっ!

第1四半期末時点の予想と比べ、売上・営業利益・税引前利益の各項目について下方修正が行われています。一方、最終利益は変更されていません。

原因としては

  • 有機ELディスプレイへの投資先送り
  • オフィス複合機やレンズ交換式カメラの売上の、低価格帯へのシフト

があげられています。

企業規模が大きく(総資産の5兆円は、国家予算レベルの金額です)、為替の影響も受けやすいかのんちゃんは、なかなか予想通りの事業展開が難しいようです。

無事、増収増益で成長していってくれるといいな、と思います。

 

配当金について

最後に、気になる配当金の水準について。

「記念配当を普通配当に組み入れる」発表は、配当金目的に投資を行うこびと株オーナーにとっては、かなりうれしいニュースでした。

さすがは、30年減配なしのかのんちゃん。ぜひこの記録を続けていってほしいと思います。

 

フルーツ
なんだかんだいっても、増収増益・利益率改善と、がんばっているかのんちゃんです。株主還元の気持ちも本物だし、末永くこびととして活躍してもらいたいと思います。

それではまたっ!

 

キヤノンに関する基本情報はコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comのメンバー(役割:保有銘柄のウォッチ)。某有名大学で会計を学んだ後、一部上場企業の経理/財務部で働いている。持ち前の情報収集力・財務分析力を武器に、保有銘柄のウォッチを行っている。