キヤノン 2018年12月期第1四半期決算に関するつぶやき(配当ニュートラル)

キヤノン 2018年12月期第1四半期決算(2018年4月25日公表)

かのんより2018年1月1日~3月31日の業務報告が届いております。

かのん
減収増益なの。配当予想はもう少し待っててねー。

        当第1四半期 前第1四半期

売 上 高      9,607億円   9,728億円

営業利益率          8.0%         7.5%

1株純利益            52.89円     50.44円

配当予想      未定

 

かのん
株主資本が4.5%減っちゃったの…。為替のせいなのー!

       当第1四半期末   前期末

総 資 産   4兆9,784億円     5兆1,983億円

1株純資産    2,658.59円      2,540.22円

自己資本比率    55.1%        55.2%

流動比率       200.3%      201.2%

 

ポイント1:為替の影響

全体として、為替の影響を大きく受けた決算だったと思います。

  • 為替差損益の改善等による営業費用39億円減少→営業利益率の改善(売上減にも関わらず営業利益増)
  • 為替換算調整勘定が△946億円純資産減少の主要因

毎年のことながら、かのんちゃんの業績は為替に振り回されています。

 

ポイント2:キャッシュの減少

少々気がかりなのは、1,211億円のキャッシュ減少

投資活動CFを営業CFでまかないきれず、フリーキャッシュフローが78億円のマイナス。ここに配当金支払額918億円や為替変動影響△176億円が加わり、大幅なキャッシュ減少となっています。

営業CF減少の要因は運転資金や法人税の支払いの増加。どちらも当期のみの突発的な項目ではないことが気になります。

会社がつぶれるのは、キャッシュがまわらなくなったとき。今のところかのんちゃんにその兆候は見られませんが、今後もキャッシュの状況は注視していきたいと思います。

 

ポイント3:通期業績予想

そして最近のかのんちゃんとしてはめずらしいのが、通期業績予想の「変更無し」。ここのところ3ヶ月おきに見直していた通期業績ですが、今回は1/30発表のものから修正はありませんでした。

予想の前提となる為替レートが

  • 1ドル =110円 → 1ドル =107円
  • 1ユーロ=130円 → 1ユーロ=132円

と動いているので、ドルに対する円高分とユーロに対する円安分が打ち消しあう想定なのでしょうか。

予想に対する進捗は、売上22.3%・営業利益19.1%と少々遅れ気味ですが、今後の動向を見守っていきたいと思います。

 

配当金について

最後に、気になる配当金の水準について。

第1四半期には配当予想を公開しないのがかのんちゃんのやり方。毎年、

  • 1Q:配当予想未定
  • 2Q:中間配当実施&期末配当予想未定
  • 3Q:期末配当予想発表
  • 4Q:期末配当実施

という動き方をしています。

今年も例年通り、第1四半期決算時点では「1株あたり配当金については未定です。」とのこと。

こびと株オーナーとしては、前期の160円(含:記念配当)と同額以上の水準を期待しています。

業績が通期予想通りとすれば、配当性向は62%程度。日本企業にしては高めの配当性向にはなりますが、キヤノンが成熟企業であることを考えれば、高すぎる率ではないと考えています。

 

フルーツ
為替・キャッシュ・業績予想の進捗・配当予想など、見守りポイントの多いかのんちゃんでした。長い目で見てるからがんばってねー!

それではまたっ!

 

キヤノンに関する基本情報はコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comのメンバー(役割:保有銘柄のウォッチ)。某有名大学で会計を学んだ後、一部上場企業の経理/財務部で働いている。持ち前の情報収集力・財務分析力を武器に、保有銘柄のウォッチを行っている。