キヤノン 2017年12月期第1四半期決算に関するつぶやき(配当ニュートラル)

キヤノン 2017年12月期第1四半期決算(2017年4月26日公表)

かのんより2017年1月1日~3月31日の業務報告が届いております。

かのん
売上アップ!利益もアップ!前期より順調!

        当第1四半期 前第1四半期

売 上 高      9,728億円   7,972億円

営業利益率          7.5%          5.0%

1株純利益            50.44円      25.63円

配当予想          75円(中間)+75円(期末)

 

かのん
通期予想、上方修正!エヘン。

見直し後:売上高 4兆200億円(前期比+18.2%)

見直し後:営業利益率 6.7%(前期比▲0.0%)

見直し後:1株当たり当期利益 164.83円(前期比+26.88円)

 

かのん
お金の余裕は…もうちょっとがんばる!

       当第1四半期末  前期末

総 資 産     5兆1,139億円   5兆1,385億円

1株純資産         2,488.29円         2,548.49円

自己資本比率         53.1%      54.2%

流動比率           202.9%    213.5%

 

かなり苦しんだ前期に比べると、回復基調のかのんちゃん。純利益では、去年の2倍近い数字を叩き出しました。

キャッシュの状況はまだまだではありますが、売上や利益などフローの項目は改善し、悪くない第1四半期決算でした。

この調子でいければ、当期も予定通りの配当は大丈夫そう!少し安心して見守っていられそうです。

決算と同時に発表した、「宮崎ダイシンキヤノン株式会社」の完全子会社化。スピード経営をさらに進化させ、カメラ市場での地位を強化するための打ち手なのだとか。

ひとつひとつの戦略がうまくいって、当期は元気になったかのんちゃんが見られるといいな、と思います。

がんばれかのんちゃん!こびとオーナーはじっくり見守ってるからね!

 

キヤノンに関する基本情報はコチラ

高配当の「こびと株」っていいかも?と思ったら…

分散が鉄則の高配当株投資。
少額で分散投資をやりたいならSBIネオモバイル証券が最有力候補。理由は2つ。

  1. 1株から買える(NTTドコモなどの超優良企業を3000円程度で買えます)
  2. 取引手数料が最安(大手ネット証券で少額分散投資をやると手数料負けします)

口座開設料・口座維持手数料はもちろん無料で、個別株なら投資信託と違って信託報酬などの保有コストもかかりません。

SBIネオモバイル証券を使った少額分散投資は、コスト面では最安ですね。

Tポイントを使って株が買えるので、Tポイントユーザーにとってはさらに使い勝手が良い証券口座です。他の証券会社とは一味違う、唯一無二のサービスになっています。

 

※関連記事です。

高配当株投資をはじめて、配当金を受けとりたい人のためのスタートマニュアルです。

【配当金月3万円の第一歩】SBIネオモバイル証券を使った高配当株投資の始め方を解説します

2019.08.20

 

初心者さん向けに、もっともっと簡単に解説したバージョンです。

【超初心者向け】はじめての高配当株投資。始め方&ポイントを専門用語をほぼ使わずに解説

2019.09.07

 

高配当株についてもっと知りたい方向けの記事です。

高配当株のポートフォリオは、金のタマゴを産む”痩せない”ニワトリのようなものである

2019.08.03
スポンサーリンク
スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comの共同管理人。慶應義塾大学卒業後、一部上場企業に就職。経理/財務の実務経験10年超、日商簿記1級、証券アナリストを有する「企業と個人のお金の専門家」。4つの財布(給与/配当/不動産/事業収入)を駆使して経済的自由を達成することを目標に奮闘中。