キヤノン 2017年12月期第3四半期決算に関するつぶやき(配当ポジティブ)

キヤノン 2017年12月期第3四半期決算(2017年10月24日公表)

かのんより2017年1月1日~9月30日の業務報告が届いております。

かのん
増収増益!がんばったのだっ

      当第3四半期 前第3四半期

売 上 高  2兆9,597億円 2兆4,363億円

営業利益率     8.5%         6.1%

1株純利益      172.30円      96.90円

配当            75円(中間)+85円(期末予想※)

※創立80周年記念配当10円を含む。

前年同期比21.5%増の売上、69.8%増の営業利益、77.0%増の純利益と、かなり好調なかのんちゃんでした。

要因のひとつには、東芝メディカルシステムズの新規連結があります。よその会社を買収し、新しく連結の範囲に加えれば、その分売上が増えるのは当然です。

東芝メディカルシステムズは、2016年12月19日に、かのんちゃんが6,655億円で買収した会社です。この会社の2016年3月期の連結売上高は、約4,170億円だったようです。

今回のかのんちゃんの売上は、前年同期比で5,230億円ほど伸びていますから、新規連結の影響だけではないようですね。

回復しているレーザープリンター堅調なカメラ伸長するFPD露光装置・有機EL蒸着装置などが、新規連結以外の増収増益要因のようです。

 

かのん
通期予想の上方修正!エヘン

見直し後:売上高 4兆800億円(前期比+19.9%)

見直し後:営業利益率 8.6%(前期比+1.9%)

見直し後:1株当たり当期利益 225.71円(前期比+87.76円)

かのんちゃん、当期回目の通期予想上方修正です。売上予想が四半期ごとに、4兆円→4兆200億円→4兆500億円→4兆800億円と増加しています。

昨年は1年に3回の下方修正、今年は1年に3回の上方修正。為替影響等あり、かのんちゃんとしてもなかなか予想がむつかしいのでしょうか。(これだから利益は読めないのです…。配当金はもう少し読みやすいと思います!)

 

かのん
お金の余裕は…もう一息かなぁ…

       当第3四半期末  前期末

総 資 産     5兆1,859億円   5兆1,385億円

1株純資産         2,586.32円         2,548.49円

自己資本比率         53.8%      54.2%

流動比率           203.0%    213.5%

ストックの指標には、大きな変化はないようです。ゆっくり回復してくれればと思います。

 

さて最後に。こびと株オーナーにとって重要なのは、なんといっても配当予想です。

今回のかのんちゃんが発表した配当予想は、普通配当を維持しつつ記念配当10円を加えるという、増配予想でした。去年は随分心配させられましたが、すっかり回復基調にあるようですね。

とはいえ、配当性向は70.5%。昨年の108.7%に比べればかなりマシですが、高めの数値ではあります。

「配当ポジティブ」とはしたものの、完全に安心しきっているわけにもいきません。今後もしっかり見守っていきたいと思います。

 

キヤノンに関する基本情報はコチラ

(参考:日本経済新聞「キヤノン、東芝メディカルの買収完了 6655億円」等)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comのメンバー(役割:保有銘柄のウォッチ)。某有名大学で会計を学んだ後、一部上場企業の経理/財務部で働いている。持ち前の情報収集力・財務分析力を武器に、保有銘柄のウォッチを行っている。