キヤノン 2019年12月期第3四半期決算に関するつぶやき(配当ネガティブ)

 

キヤノン 2019年12月期第3四半期決算(2019年10月28日公表)

かのんより2019年1月1日~9月30日の業務報告が届いております。

 

経営成績の報告

かのん
ごめんねー。今回も大幅な減収減益なの…。

               当第3四半期    前第3四半期

売上高           2兆6,398億円   2兆8,936億円

営業利益率               4.6%           8.4%

1株純利益         86.16円            167.67円

配当              80円(中間実績)+80円(期末予想)

※かのんちゃん自身は、期末の配当予想を発表していません。

 

上半期に引き続き、ボロボロの経営成績が続いています。昨年に比べ、売上は9%減、利益は半分程度。

原価率も販管費率も上昇しています。

かのん
こ、これでも、経費の効率的な運用を徹底して、がんばったんだよ…!
フルーツ
そうは言ってもねぇ…

 

相変わらず、外部環境は厳しい雰囲気です。

  • 米国の製造業は減速
  • ドイツの輸出は回復が遅れ
  • 英国のEU離脱をめぐって混乱が続き
  • 中国は米中貿易摩擦で輸出減少・個人消費の落ち込み
  • 日本の製造業も景況感が悪化
  • そして何よりの円高 …etc.

 

かのん
でもでも、そんななかでも減収減益幅は上期より小さくなってるからっ!
  • 新規事業は成長してるし(メディカルやネットワークカメラ)
  • 新製品導入は計画通りだし
  • シェアも上昇してるし

というのが、かのんちゃんの言い分のようです。

数字が悪すぎてなんとも言えませんが、かのんちゃんの企業規模(国家予算並み)だと、世界経済全体の動向に振り回されるのは、宿命なのかもしれません。

フルーツ
そんな状況の中では頑張ってる、ってことかぁ…うーん…ツライ。

 

セグメント別の売上・利益で見ても

  1. オフィス:3.9%減収15.4%減益
  2. イメージングシステム:13.9%減収56.8%減益
  3. メディカルシステム:5.9%増収14.6%増益
  4. 産業機器その他:10.5%減収75.1%減益

と、「かなり酷いけど上期よりはマシ」な状況が見てとれます。

メディカルシステムだけががんばっていますね。確かに、新規事業開拓に力を注いだここ数年の経営判断は、間違っていなかったのかもしれません

 

財政状態の報告

かのん
財政状態は大丈夫なの。…じりじりとイヤな感じはするけど。。

         当第3四半期末    前期末

総 資 産   4兆8,004億円   4兆8,995億円

1株純資産    2,458.86円     2,618.76円

自己資本比率     54.5%     57.7%

流動比率       176.6%    199.1%

 

財政状態については、現時点では目立った問題はありません。相変わらず、少なくとも短期的には安心のできる状態です。

フルーツ
とはいえ、完全にダウントレンド…。
  • 総資産も1株純資産も縮んでいて
  • 自己資本比率も低下傾向
  • 流動比率も低下傾向

どの数値も、2Q末に比べてさらに低下・減少が続いています。

経営成績が回復しないことには、これらの数値も悪化を免れ得ません

どこで歯止めがかかるのか、こびと株オーナーは少しハラハラしています。

 

キャッシュ・フローの状況

かのん
営業CF出てるし、FCFもプラスだよ…!現預金はちょっと減っちゃったけども。

      当第3四半期      前第3四半期末

営業C/F     1,945億円      1,937億円

投資C/F  ▲1,578億円     ▲1,365億円

財務C/F     ▲964億円       ▲2,353億円

 

当期利益が49%も減少したにもかかわらず、営業CFは前期より若干大きくなりました

  • 売上債権の回収額増加
  • 棚卸資産の増加幅減少

などで、利益の減少分を補った形です。

フルーツ
営業CFが減っていないのは大きいね。2Qのときは心配したけど、少しだけ安心した。

 

投資CFの増加は、生産設備への投資によるものです。

  • 経営成績が悪くなったときに投資を絞れば、先はない
  • 経営成績が悪いのに不確実な投資を続ければ、先は無い

どちらのストーリーも考えらえれるので、ここは判断が難しいところ。将来につながる投資であることを祈るばかりです。

 

財務CFは相変わらずマイナス。

配当金支払いと自己株買いが重くのしかかっています。

フルーツ
株主還元の意識が強いのはうれしいんだけど、ちょっと心配だなぁ…

これをカバーするための短期借入金は、約1,700億円にのぼっています。(ちなみに、これとは別に長期債務が約3,600億円あります)

約4,500億円の現預金を持つかのんちゃんのこととはいえ、じわじわ増加する借入金はイヤなものです。

今後も、キャッシュフローの状況からは目が離せません。

 

今後の見通し

 

最新のニュース

今回も大きなニュースなし。

細かいところでは

あたりは面白いですし、

なんかは新規事業への注力っぷりを感じます。

 

業績予想

かのん
さらなる下方修正なの…。去年に比べても、40%以上の減益…

今回の業績予想修正は、完全な下方修正。

3Q決算の酷い経営成績が、期末まで続く見込みとなっています。

 

かのんちゃん自身は

  • 複合機は底堅いし
  • 露光装置は3Qを底に業績が上向く見込みだし
  • メディカルは順調だし
  • ネットワークカメラも順調だし
  • 有機EL蒸着装置も下期から増収見込みだし
かのん
4Qは為替をのぞけば前年並みの売り上げに回復見込みなの!

ということで、「年内に構造改革完遂・来期以降は業績回復」と言い続けています。

 

フルーツ
信じて待つのがこびと株オーナーのスタンスだけど、どうもピンとくる回復のシナリオが見えないなんだよなぁ…

 

配当金について

繰り返しお伝えしている通り、かのんちゃんは株主還元の意識がかなり強いこびとです。

  • 30年以上続けてきた、累進配当
  • この業績での、自己株式取得

などを見ても、それは明らか。

 

とはいえ、現実的には「借入金で配当金を払う」ような真似を、いつまでも続けられるはずはありません。

期末配当が維持され、期末の業績が予想通りとすれば、配当性向は122%を超えます。

フルーツ
なんとなく、期末配当も維持される気がするけど…。

それが良いことなのか、自分の首を絞めるだけのことなのか、ちょっと判断が難しくなってきましたね。

全ては、翌期以降の業績回復に、どれほどの確実性があるかにかかっています。

 

フルーツ
減配はイヤだなぁ…。でも、この成績じゃなぁ…

世界の景況感を観察しつつ、かのんちゃんの判断を見守りたいと思います。

 

それではまたっ!

(参考:キヤノン株式会社 四半期決算短信等)

 

高配当の「こびと株」っていいかも?と思ったら…

分散が鉄則の高配当株投資。今回のかのんちゃんみたいに業績の悪い株があっても、しっかり分散していれば安心して過ごせます!

試すならSBIネオモバイル証券がおすすめです。理由はカンタン、1株から株が買えるので

  • 投資額が少なくても
  • 多くの銘柄にしっかり分散して
  • 優良高配当株をかき集められる

から。

 

500円でも優良企業の株主になれるのが、SBIネオモバイルならではの大きな特徴です。月50万円までの取引なら、取引手数料が月額200円固定で最安クラス。

大手ネット証券ではできないことができる、ユニークな証券口座です。

 

関連記事です。

高配当株投資をはじめて、配当金を受けとりたい人のためのスタートマニュアルです。

【配当金月3万円の第一歩】SBIネオモバイル証券を使った高配当株投資の始め方を解説します

2019.08.20

 

「もっともっとわかりやすく!初心者の中の初心者でもわかるように!」というご要望に応える、専門用語を使わないバージョンのスタートマニュアルはこちら

【超初心者向け】はじめての高配当株投資。始め方&ポイントを専門用語をほぼ使わずに解説

2019.09.07
スポンサーリンク
スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comのメンバー(役割:保有銘柄のウォッチ)。某有名大学で会計を学んだ後、一部上場企業の経理/財務部で働いている。持ち前の情報収集力・財務分析力を武器に、保有銘柄のウォッチを行っている。