キヤノン 生産の国内回帰!?デジタルカメラ新工場建設!?

フルーツ@こびと株オーナーです。

今日はキヤノン株式会社のかのんちゃんが、そわそわバタバタと落ち着かない様子です。一体何が起きたのでしょう?

こんなときはこびとMTG。早速かのんちゃんから話をきいてみましょう。

補足:こびとMTG
こびとMTGは、不定期に開催される、こびとたちとオーナーとのMTGです。こびとたちのことを知り、株式についての理解を深めることを目的としています。各会社のプレスリリースをもとに、財務情報をはじめとする定量的情報の他、製品情報などの定性的情報もご紹介していきます。

※今日のこびとMTGでは、キヤノン株式会社のリリース「当社によるデジタルカメラ新工場建設に関する一部報道について」の内容をご紹介します。

 

かのん
日経新聞さんがっ!産経新聞さんがっ!たいへんたいへんっ!!

どーしたー?

ざおうさん
8月30日、かのんさんがデジタルカメラの新工場を建設するという報道が流れました。

あ、蔵王産業株式会社のざおうさん。解説ありがとー。

ざおうさん
2019年稼働自動化の進んだ工場を宮崎県に建設するのだとか。投資額は200億円で、敷地は南九州大学キャンパスの跡地で30万㎡、土地の取得は今月…。

ふむふむ。生産を国内に戻して、生産量の調整なんかが柔軟にできるようにしたいのかな?自動化がすすめば国内回帰も可能ってことか。

かのん
まってまって!それ、かのんが言ったことじゃないからっ!なんかみんなに言わなくちゃいけないこと決まったら、ちゃんと発表するからっ!
ざおうさん
そうですね。同じ8月30日、かのんさんは「当社によるデジタルカメラ新工場建設に関する一部報道について」というIRを出して、報道内容はかのんさんの発表でない旨、公表していますね。

ふーん。わかった。じゃぁかのんちゃんからの正式な報告待ってるねー。

 

一部報道について」と題される、この手のIR、実はしばしば発表されています。

どんなときにされる発表かといいますと、よくあるのは、会社が公表する前の情報を、新聞記者等にすっぱ抜かれてしまったときです。

公表前の情報ですから、会社側は慌てて「一部報道について」を発表し、「当社が発表したものではありません」とクギをさします。この状況に陥った日の会社側広報担当者を間近で見ていたことがありますが、なんというか…地獄ですw

そして、数時間~数週間後、契約締結や取締役会決議等正式な手順を踏んだ上で、報道内容とほとんど変わりのないIRを「会社として」「正式に」公表するのです。(もちろん、報道の内容に誤りがある可能性もありますのでご注意くださいね。)

さて。今回のかのんちゃんの新工場建設に関する報道、今後はどう展開するのでしょうか。しばらくかのんちゃんから目が離せませんね。

それではまたっ!

 

※今日の主役、キヤノンのかのんちゃんに関する基本情報はコチラです!ぜひご覧下さい♪

(参考:日本経済新聞「キヤノン、国内にデジカメ新工場 生産回帰進める」、SankeiBiz「キヤノン、宮崎に新工場 需要拡大にも対応」等

高配当の「こびと株」っていいかも?と思ったら…

分散が鉄則の高配当株投資。
少額で分散投資をやりたいならSBIネオモバイル証券が最有力候補。理由は2つ。

  1. 1株から買える(NTTドコモなどの超優良企業を3000円程度で買えます)
  2. 取引手数料が最安(大手ネット証券で少額分散投資をやると手数料負けします)

口座開設料・口座維持手数料はもちろん無料で、個別株なら投資信託と違って信託報酬などの保有コストもかかりません。

SBIネオモバイル証券を使った少額分散投資は、コスト面では最安ですね。

Tポイントを使って株が買えるので、Tポイントユーザーにとってはさらに使い勝手が良い証券口座です。他の証券会社とは一味違う、唯一無二のサービスになっています。

 

※関連記事です。

高配当株投資をはじめて、配当金を受けとりたい人のためのスタートマニュアルです。

【配当金月3万円の第一歩】SBIネオモバイル証券を使った高配当株投資の始め方を解説します

2019.08.20

 

初心者さん向けに、もっともっと簡単に解説したバージョンです。

【超初心者向け】はじめての高配当株投資。始め方&ポイントを専門用語をほぼ使わずに解説

2019.09.07

 

高配当株についてもっと知りたい方向けの記事です。

高配当株のポートフォリオは、金のタマゴを産む”痩せない”ニワトリのようなものである

2019.08.03
スポンサーリンク
スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comの共同管理人。慶應義塾大学卒業後、一部上場企業に就職。経理/財務の実務経験10年超、日商簿記1級、証券アナリストを有する「企業と個人のお金の専門家」。4つの財布(給与/配当/不動産/事業収入)を駆使して経済的自由を達成することを目標に奮闘中。