キヤノン 2019年12月期第2四半期決算に関するつぶやき(配当ネガティブ)

キヤノン 2019年12月期第2四半期決算(2019年7月24日公表)

かのんより2019年1月1日~6月30日の業務報告が届いております。

 

経営成績の報告

かのん
ごめんねー、ごめんねー!大幅な減収減益なの…!

               当第2四半期  前第2四半期

売上高            1兆7,703億円   1兆9,671億円

営業利益率              4.7%          8.9%

1株純利益          61.22円         124.83円

配当               80円(中間実績)+80円(期末予想※)

※かのんちゃん自身は、期末の配当予想を発表していません。

 

1Qに引き続き、酷い経営成績です。売上は1割減、利益は半分以下。営業利益率は前年同期比▲4.2%。

利益率の低下要因は、プロダクトミックス・為替・値下げなど。材料のコストダウンも経費改善も焼け石に水状態です。

フルーツ
いくらなんでもコレはヤバイよねぇ…かのんちゃん。

 

米中貿易摩擦、中国景気の低迷、欧州経済の減速…などと、外部環境は好転の兆しが見えません

プリンターやカメラなど、かのんちゃんが得意としてきた市場は縮小の一途。

新規事業のネットワークカメラなどの市場だけが、なんとか拡大を続けている状態です。

 

セグメント別の売上・利益で見ても

  1. オフィス:5.7%減収21.7%減益
  2. イメージングシステム:17.8%減収71.4%減益
  3. メディカルシステム:1.3%増収17.0%減益
  4. 産業機器その他:15.7%減収66.2%減益

と、全体的にボロボロです。

最もひどいのは、②イメージングシステムユニット。かのんちゃんは「ミラーレスをがんばってる!」などと述べていますが、もうそういうレベルの話ではありませんね。

③のメディカルシステムユニットは、2Qの3ヶ月間だけで見ると増収増益。唯一、光を見出せそうなセグメントです。

④産業機器その他ユニットは、ネットワークカメラの増収増益を、露光装置・有機EL装着装置の減収減益が食いつぶしてしまっている状態。

各セグメント、在庫も厚めの状況が続いており、あんまり良いところの無い決算でした。

 

一方、そんな中でも、中間配当の支払額は維持されています。5月の自己株買いといい、苦しい中でも株主還元を強く意識していることがわかりますね。

フルーツ
がんばってくれて嬉しいけど、このままじゃジリ貧だよねぇ…

なんとかこのまま配当を維持しつつ、業績回復に努めてほしいこびと株オーナーです。欲張りかなぁ…

 

財政状態の報告

かのん
財政状態は大丈夫だから、安心してっ。

       当第2四半期末   前期末

総 資 産   4兆8,146億円   4兆8,995億円

1株純資産    2,543.63円     2,558.54円

自己資本比率     56.2%     57.7%

流動比率       189.8%    199.1%

 

財政状態については、ホッと一息つける状況です。

  • 総資産も1株純資産も縮んでいて
  • 自己資本比率も低下傾向
  • 流動比率も200%をきって、さらに低下傾向

などと、注意が必要な点はありますが、短期的に問題のある数値ではありません

フルーツ
財政状態への悪影響が深刻になる前に、しっかり経営成績を回復してほしいなぁ…

 

キャッシュ・フローの状況

かのん
営業CF減っちゃった…。でもFCFは、なんとかプラス…!

      当第2四半期      前第2四半期末

営業C/F     1,132億円      1,649億円

投資C/F  ▲1,108億円      ▲897億円

財務C/F  ▲1,075億円       ▲1,445億円

 

営業CFが激減しています。前年同期比▲31%。金額にして、▲517億円。

主たる原因は、四半期利益の激減(▲690億円)です。かなり困った状況ですね。

 

FCFは、ギリギリプラスではありますが、たったの24億円。

為替変動によるマイナス80億円さえ、まかなえないレベル感です。

 

結局、株主還元のための支出(自己株取得や配当支払)1,364億円は、

  • 短期借入金
  • 期首からもっていた現預金

でカバーすることとなりました。

 

かのん
短期借入って言ったって、そんなに危ないことしてるわけじゃないもんっ

短期借入金の増加額は321億円。

決して小さくはない金額ですが、現在のかのんちゃんの借入額は

  • 1年以内に返済するもの:707億円
  • 1年以上後に返済するもの:3,636億円

合計で4,343億円です。

対して、保有する現預金等の金額は4,075億円なので、即金で94%程度は返済できる計算になります。

フルーツ
短期の借入自体を今どうこう言う気はないけど、現預金が減ってるのはまずいよねぇ…

 

前期末決算での懸念点であった「たな卸資産」についても、▲311億円と引き続き増加しています。

全体として、なかなかキビシイ状況と言えるでしょう。

かのんちゃん自身は

かのん
借入金の返済計画を見直して、期末までに現金を830億円増やすのっ

と言っていますが、根本的な解決とは言い難いように思われます。

かのん
運転資本の改善もするし、新規事業は順調に成長してるし、構造改革も加速するっ!

これらの施策で、かのんちゃんの言う通り

  • 下期の回復が確実なものになり
  • 来期以降の業績の飛躍に結びついて

いくと良いな、と思います。心配だ…

 

今後の見通し

 

最新のニュース

最近のかのんちゃんの動向としては、グループ内の組織再編をやっている程度でしょうか。

かのん
うん。4月に完全子会社化したキヤノンメディカルシステムズ㈱の一部事業部門を、7月にかのんが吸収したの。

連結グループとしては、取り立てて大きなニュースは無いという認識です。

  • 欧州委員会とのガンジャンピング絡みのゴタゴタとか
  • ㈱日本医療機器開発機構への出資とか

いろいろ有りはするのですが、それよりも

フルーツ
とにかく、ボロボロの経営成績をなんとかしないと…ね、かのんちゃん?

という感じです。

 

業績予想

かのんちゃんの恒例イベント、四半期ごとの予想修正です~。

予想修正自体は、為替等の影響も大きいので仕方ないのですが。問題は、その内容。

かのん
またまた下方修正なの…。去年に比べても、30%以上の減益かも…

2Q実績の酷さを回復しきれずに、期末を迎える見込みのようです。

前年比で

  • 売上 2Q実績:▲10%→4Q予想:▲5%
  • 利益 2Q実績:▲50%→4Q予想:▲30%

みたいなイメージですね。

 

かのん
外部環境がキツイから、業績回復は遅れるけど…でも新規事業はがんばるし…来年以降はがんばるからっ!

かのんちゃんがメインにしてきた市場について、縮小が進んでいます。

かのんちゃん自身は

  • 新規事業を伸ばす
  • 投資と経費の見直し・圧縮
  • 原価低減
  • BtoB→BtoCの構造改革

などの対策を挙げていますが、個人的には

  1. この苦境を脱することができるのか
  2. そのためにどうするのか

が、今一つピンとこないと感じています。

フルーツ
こびと株オーナーとしても、さすがに苦しいところ。手放す気は無いけど、不安が大きくなってきました

 

配当金について

かのんちゃんが30年以上続けてきた、累進配当。1988年以降、一度も減配することなく2019年を迎えました。

この業績でも

  • 自己株式取得
  • 中間配当維持

を行うこびとですから、株主還元の意識はかなり強いと言えるでしょう。

 

とはいえ、この業績がしんどいのは事実。

期末業績予想を達成しても、昨年と同額を配当すると、配当性向は約107%にまで上昇します。100%を軽く超え、いわゆるタコ足配当になってしまいますね。

フルーツ
とりあえず当期は期末配当も維持される気がするけど…翌期以降の業績回復がきっちり見込める場合以外だと、禁じ手感があるよね。

かのんちゃんがどういう判断をするのか、見守る他ないこびと株オーナーです。

願わくば、期末は

  • 下期の業績が回復し
  • 翌期以降の信頼性の高い成長シナリオが見えて
  • 安心して昨年と同額の配当を受け取れる

未来が訪れるといいのですが…。

フルーツ
かのんちゃんの底力に期待しています。

 

それではまたっ!

(参考:キヤノン株式会社 四半期決算短信等)

 

関連記事です。

高配当株投資をはじめて、配当金を受けとりたい人のためのスタートマニュアルです。

【配当金月3万円の第一歩】SBIネオモバイル証券を使った高配当株投資の始め方を解説します

2019.07.31

 

高配当の「こびと株」っていいかも?と思ったら…

分散が鉄則の高配当株投資。今回のかのんちゃんみたいな株があっても、余裕でいられるのは分散しているからこそ!

試すならSBIネオモバイル証券がおすすめです。理由はカンタン、1株から株が買えるので

  • 投資額が少なくても
  • 多くの銘柄にしっかり分散して
  • 優良高配当株をかき集められる

から。

 

500円でも優良企業の株主になれるのが、SBIネオモバイルならではの大きな特徴です。月50万円までの取引なら、取引手数料が月額200円固定で最安クラス。

大手ネット証券ではできないことができる、ユニークな証券口座です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク