キヤノン 2020年12月期第3四半期決算に関するつぶやき(配当ネガティブ)

 

キヤノン 2020年12月期第3四半期決算(2020年10月26日公表)

かのんより2020年1月1日~9月30日の業務報告が届いております。

 

経営成績の報告

かのん
まだまだ苦しいんだけど、思ったよりは酷くないって言うか…。

               当第3四半期    前第3四半期

売上高           2兆2,145億円   2兆6,398億円

営業利益率               1.5%           4.6%

1株純利益         28.29円            86.16円

配当              40円(中間実績)+40円(期末予想)

 

世界経済が回復基調にあることに引っ張られ、7月時点の予想に比べると業績は回復傾向にあります。

  • 売上:400億円
  • 営業利益:300億円

予想を上回る決算となりました。

 

3Q会計期間(7~9月の3か月間)の業績は、前期比で

  • 売上:▲13%
  • 営業利益:▲50%
  • 最終利益:▲37%

といったところ。

フルーツ
赤字だった2Q会計期間に比べれば、マシな決算だったと言えるかも

 

セグメント別に見てみると

  1. オフィス:21.0%減収93.7%減益
  2. イメージングシステム:2.0%減収167.0%増益
  3. メディカルシステム:7.5%減収44.3%減益
  4. 産業機器その他:6.9%減収49.8%増益

という感じ。売上は軒並み減少しているものの、利益については明暗が分かれています。

好調だったのは、

  • インクジェット:強い在宅需要
  • 半導体露光装置:データセンターやパソコンの需要高まり
  • ネットワークカメラ:インフラ投資の再開

といったところ。

かのん
コロナで大変だけど、年末までに新規事業は増収増益にもっていける見込み!なの!

 

同業他社を見渡してみると、4~6月期は軒並み営業赤字となっています。(2020年7~9月期決算はまだ発表されていません)

  • コニカミノルタ:営業利益率-13%、期末業績予想は非開示
  • リコー:営業利益率-6%、期末業績予想は9割減益

といった状況でした。

※キヤノンの4~6月期の営業利益率は-3%、7月時点の期末業績予想は7割程度の減益

フルーツ
かのんちゃん、ツライ決算ではあるけど、4~6月期が底だったとしたら他社より踏ん張ってるって言えるかも。…他社の7~9月期決算も要チェックだな。

 

財政状態の報告

かのん
財政状態は…相変わらずなの。

         当第3四半期末    前期末

総 資 産   4兆7,016億円   4兆7,684億円

1株純資産    2,390.77円     2,531.03円

自己資本比率     53.2%     56.5%

流動比率       168.3%    192.2%

 

今回の決算でも、財政状態について特別気がかりな点はありません

フルーツ
とはいえ、相変わらず、じわじわとした悪化を続けています
  • 1株純資産は減少を続け
  • 自己資本比率は下がり続け
  • 流動比率も下がり続ける

状況が継続中。

なんとかこの苦境を乗り切り、この状況に歯止めをかけない限り、かのんちゃんに未来はありません。

フルーツ
別に今すぐヤバイとかでは全然ないけど、じんわり嫌な気持ちにはなる数字の並びだなぁ…

※2Qに言及した「売上債権は減っているのに貸し倒れ引当金は増加している」問題についても、相変わらずという感じです。

 

キャッシュ・フローの状況

かのん
営業CFは前期並みだし、現預金は増えてるの!

      当第3四半期      前第3四半期末

営業C/F     1,941億円      1,945億円

投資C/F  ▲1,117億円     ▲1,578億円

財務C/F        69億円          ▲964億円

 

キャッシュフローの状況は、悪くありません。

  • 減益にも関わらず前期並みの営業CF
  • マイナス幅が控えめの投資CF
  • プラスの財務CF

で、875億円の現預金増加となっています。

フルーツ
キャッシュフローはめちゃくちゃ重要なので、これは安心材料!

 

もちろん、内訳をみていけば

  • 固定資産・有価証券の購入を控え
  • 固定資産売却は進めて
  • 定期預金を減少させ
  • 配当金を減額して
  • 借り入れを増額して(長期債務+21億円・短期借入金+1858億円)

やっと作ったキャッシュフロー。課題は色々と隠れています。

フルーツ
この先、業績回復からの営業CF増加、設備投資・借入金返済・配当金支払が順調に…となればいいんだけど。

不安と期待とため息の、こびと株オーナーです。

 

今後の見通し

 

業績予想

かのん
上方修正したの!…それでも、大減益だけど。。

7月時点の予測に比べ、

  • 売上:+600億円
  • 営業利益:+190億円
  • 当期純利益:+90億円

という、業績の修正がありました。

相変わらず、前期の9割以下の売上・半分以下の利益という状況ではありますが、

フルーツ
上方修正自体は明るいニュース!

です。

 

上方修正の理由としては

  • 想定より早い経済の回復
  • 3Q、ミラーレスカメラの新製品やインクジェットプリンターが好調だった

ことが挙げられています。

フルーツ
業績が底を打ったということなら、とりあえず悪くないよね。きちんと回復軌道に乗ってくれるといいんだけど。

 

配当金について

かのん
去年の半分でガマンして欲しいの…

かのんちゃんにしては珍しく、この段階で期末の配当予想を発表しました。

金額は、40円(年間配当80円)。50%の減配です。

問題は、50%減配でも配当性向が162%にもなるということ。いわゆるタコ足配当状態です。

フルーツ
まぁ予想通りと言えば予想通り。興味はむしろ、来期以降の配当水準と配当性向かなぁ…

 

かのんちゃんの現状を3行でまとめるなら

  • 業績は、明らかに悪い
  • とはいえ、7月時点の予想よりはマシ
  • 今後は、①世界経済の動向・②新規事業拡大ペース・③既存事業の落ち込み具合を要観察

というところでしょうか。

フルーツ
業績上方修正は嬉しいけど、「こびと株(=優良高配当株)」と呼ぶには、かなり難しい感じのかのんちゃん。

今年の配当がどうこうというより、経営の中長期的な展望が気にかかるところ。

今後も、動向を注意深く見守っていきます。

 

それではまたっ!

(参考:キヤノン株式会社 四半期決算短信等)

 

高配当の「こびと株」っていいかも?と思ったら…

分散が鉄則の高配当株投資。分散が効いているからこそ、かのんちゃんの業績が悪化してもどーんと構えていられるというもの。もし集中投資だったら、ひっくり返ってます!(笑)

試すならSBIネオモバイル証券がおすすめです。理由はカンタン、1株から株が買えるので

  • 投資額が少なくても
  • 多くの銘柄にしっかり分散して
  • 優良高配当株をかき集められる

から。

 

500円でも優良企業の株主になれるのが、SBIネオモバイルならではの大きな特徴です。月50万円までの取引なら、取引手数料が月額220円(税込)固定で最安クラス。

大手ネット証券ではできないことができる、ユニークな証券口座です。

 

関連記事です。

高配当株投資をはじめて、配当金を受けとりたい人のためのスタートマニュアルです。

【配当金月3万円の第一歩】SBIネオモバイル証券を使った高配当株投資の始め方を解説します

2019.08.20

 

「もっともっとわかりやすく!初心者の中の初心者でもわかるように!」というご要望に応える、専門用語を使わないバージョンのスタートマニュアルはこちら

【超初心者向け】はじめての高配当株投資。始め方&ポイントを専門用語をほぼ使わずに解説

2019.09.07

 

高配当株についてもっと知りたい方向けの記事です。

高配当株のポートフォリオは、金のタマゴを産む”痩せない”ニワトリのようなものである

2019.08.03
スポンサーリンク
スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comの共同管理人。慶應義塾大学卒業後、一部上場企業に就職。経理/財務の実務経験10年超、日商簿記1級、証券アナリストを有する「企業と個人のお金の専門家」。4つの財布(給与/配当/不動産/事業収入)を駆使して経済的自由を達成することを目標に奮闘中。