キヤノン 2020年12月期第1四半期決算に関するつぶやき(配当ネガティブ)

キヤノン 2020年12月期期末決算(2020年4月23日公表)

キヤノン株式会社のこびと「かのん」から、2020年1月1日~3月31日の業務報告が届いております。

 

経営成績の報告

かのん
減収減益なの…。去年よりさらに悪かったの…。

        当第1四半期 前第1四半期

売 上 高      7,823億円   8,645億円

営業利益率         4.7%        4.2%

1株純利益          20.68円       28.99円

配当予想      未定

 

昨年の1Qも、かなり酷い経営成績だったかのんちゃん。当1Qは、更なる減収減益で「ボロボロ」の一言です。

もともと業績低迷中だったかのんちゃん。当期は増収増益を達成し、業績回復に向けた第一歩を踏み出すはずだったのですが…

かのん
2月中旬までは順調だったの。…コロナがなければ営業利益は30%増益のはずだったんだもん。

そうは言っても、コロナの影響は免れません。

  1. 中国での操業停止
  2. アジアの工場の稼働率低下
  3. 製品の供給不足
  4. 世界的な販売への影響

といった具合に、かなりダメージを負っている様子です。

 

セグメント別にみても、

  • オフィス:売上▲9.4%、税前利益+2.4%
  • イメージングシステム:売上▲13.9%、税前利益▲81.6%
  • メディカルシステム:売上▲3.0%、税前利益▲36.8%
  • 産業機器その他:売上▲9.8%、税前利益▲28.4%

結局、4つのセグメント全てで減収。利益も大幅減少。

オフィスセグメントでは若干の増益になっているのは、経費削減の結果とのこと。コロナ影響で営業活動が十分に行えず、オフィスでの業務自体も制限されている状況を考えると、2Q以降の見通しは明るくありません。

 

もう少し細かく見ていっても、

  • カメラ
  • 医療機器
  • 半導体デバイス向け投資
  • 露光装置

など全体的にボロボロ。

フルーツ
医療機器すらも、肺炎関係の検査機器の販売増加より、営業活動制限&設置延期の影響のが大きくて減収だったんだねぇ…

 

かろうじて

  • インクジェットプリンター:在宅勤務とオンライン授業による需要増
  • ネットワークカメラ:用途の多様化と更新需要、関連ソフトウェアの需要

では、コロナウイルスの感染拡大が売上にプラスに影響したようです。

 

フルーツ
うーん…現段階では、思ったほどは酷くない…かなぁ…。でもコレ、3月時点の数字だもんね。4月以降、より一層苦しくなるのをどう乗り越えるか…踏ん張りどころだね、かのんちゃん。

 

財政状態の報告

かのん
まだ頑張れるっ!

        当期末     前期末

総 資 産  4兆6,773億円   4兆7,684億円

1株純資産   2,410.67円     2,531.03円

自己資本比率   53.9%      56.5%

流動比率     170.76%     192.2%

 

財政状態は相変わらず、じわじわとした悪化を続けています。

今は、確かにまだなんとか。でも将来は…?

フルーツ
かのんちゃんレベルの大企業だと、世界経済の後退に巻き込まれざるを得ないけど…うぅん、早めに景気が回復しないと苦しそうだなぁ…

 

キャッシュ・フローの状況

かのん
キャッシュは増えてるから…

      当第1四半期    前第1四半

営業C/F      633億円       609億円

投資C/F   ▲436億円    ▲516億円

財務C/F   ▲136億円      ▲870億円

 

フルーツ
キャッシュフローがプラスなのは、安心材料だね

営業CFは、なんとか前期比4%のプラス。

純利益が30%マイナスとなっている中、キャッシュフローがプラスなのは

  • 営業棚卸資産増加額の圧縮
  • 未払法人税の減少額の減少など

が要因です。

設備投資も圧縮して、FCFもプラス。

 

そんな中、かのんちゃんは

  • 短期借入金を1500億円増やして
  • 配当金850億円を支払い
  • 自己株を500億円買う

という離れ業(?)に出ています。

フルーツ
かのんちゃんはヤンチャだなぁ…。株主還元の意識が高いのは嬉しいけど…うーん、これは吉と出るか凶と出るか?

 

今後の見通し

 

最新のニュース

フルーツ
私フルーツの独断と偏見によると、最近のかのんちゃんの発表で気になったのはこの3つ
  1. 臨時休業
  2. 自己株式の取得
  3. ストックオプションの発行

 

まずは、①本社および事業所の臨時休業について。

コロナの感染拡大防止のため、かのんちゃんは国内の事務所を臨時休業としています。

原則として全従業員を休暇扱いとし、休業手当を支払っている模様。

フルーツ
感染拡大防止という意味では良い判断だと思う。

 

次に、②自己株式の取得について。

コロナショックの影響での株価下落を受けてか、500億円をかけて1800万株の自己株式を取得しています。

フルーツ
かのんちゃんの去年の配当金160円をベースにすると、これによる配当金支払額の減額は年間約29億円。17~18年でモトが取れると考えれば、悪くない投資先という判断なのかなぁ…

「キャッシュフローの状況」で触れた通り、かなりヤンチャな決断にも見えます。

かのんちゃんの強気に、こびと株オーナーは期待と不安でいっぱいです。

 

そして最後に、③ストックオプションの発行

取締役と執行役員に対し、株式報酬型ストックオプションとして、合計88,600株分の割り当てです。

フルーツ
ストックオプションが必ずしも悪いとは思わないけど、この業績で、自己株買いやって、ストックオプションねぇ…。むー…。。

 

業績予想

かのん
コロナ影響が分からなすぎるから、業績予想は未定

通期の業績予想は、発表されていません。

コロナの状況を考えればやむを得ませんが、見通しがつかないというのは不安なものです。

かのん
ただね、2Qは1Qよりもっとひどいだろうな、とは思ってるの…。

ともかく、感染症の収束と、景況感の改善を望むばかりです。

 

ちなみに、2019年12月期期末決算時に発表していた予想と比べると、今回の進捗はこんな感じ。

  • 売上:21%
  • 営業利益:14%
  • 税前利益:14%
  • 純利益:14%
かのん
前の予想を発表した時点では、色々リスクはあるけど景気がよくなってくかなって思ってたの。でも、コロナで全然変わっちゃった…。

 

配当金について

かのんちゃんは、配当予測を出さないこびと。(当期ももちろん、配当予測は未定のままです。)

とはいえ、30年以上の累進配当を続けてきた会社。基本的には配当が維持されるものと考えてきました。

 

しかし、私フルーツの雑感としては

フルーツ
でもさすがにそろそろ、減配も覚悟しなきゃいけないかな…

という感じ。

コロナ収束の目途が立たない以上、配当金を支払うだけのキャッシュを確保できるアテがありません。

当期に入ってから自己株買いをやっているくらいなので、かのんちゃんなりの意地は見せてくれるとおもいます。

とはいえ、自己株買いの実施された2月末~3月初と比べても、コロナによる経済影響は悪化の一途をたどっている状況。

 

フルーツ
それでも、一度買ったこびと株は売らないのだ…!

この「鬼ホールド方針」を維持することによって、私たちこびと株.comメンバーが泣きを見る日も遠くない…のかもしれません。

かのんちゃんの今後の動向から、目を離せません。

 

それではまたっ!

 

(参考:キヤノン株式会社 期末決算短信等)

 

高配当の「こびと株」っていいかも?と思ったら…

分散が鉄則の高配当株投資。きちんと分散していれば、かのんちゃんみたいボロボロの株が混ざっていても、枕を高くして眠ることができます。私たちが鬼ホールドなんて実験ができてるのも、資産の分散がしっかりしているから♪

試すならSBIネオモバイル証券がおすすめです。理由はカンタン、1株から株が買えるので

  • 投資額が少なくても
  • 多くの銘柄にしっかり分散して
  • 優良高配当株をかき集められる

から。

 

500円でも優良企業の株主になれるのが、SBIネオモバイルならではの大きな特徴です。月50万円までの取引なら、取引手数料が月額200円固定で最安クラス。

大手ネット証券ではできないことができる、ユニークな証券口座です。

 

関連記事です。

高配当株投資をはじめて、配当金を受けとりたい人のためのスタートマニュアルです。

【配当金月3万円の第一歩】SBIネオモバイル証券を使った高配当株投資の始め方を解説します

2019.08.20

 

「もっともっとわかりやすく!初心者の中の初心者でもわかるように!」というご要望に応える、専門用語を使わないバージョンのスタートマニュアルはこちら

【超初心者向け】はじめての高配当株投資。始め方&ポイントを専門用語をほぼ使わずに解説

2019.09.07
スポンサーリンク
スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comの共同管理人。慶應義塾大学卒業後、一部上場企業に就職。経理/財務の実務経験10年超、日商簿記1級、証券アナリストを有する「企業と個人のお金の専門家」。4つの財布(給与/配当/不動産/事業収入)を駆使して経済的自由を達成することを目標に奮闘中。