キヤノン 2018年12月期期末決算に関するつぶやき(配当ニュートラル)

キヤノン 2018年12月期期末決算(2019年1月30日公表)

キヤノン株式会社のこびと「かのん」から、2018年1月1日~12月31日の業務報告が届いております。

 

経営成績の報告

かのん
減収増益なのー!

         当期       前期

売 上 高   3兆9,519億円   4兆800億円

営業利益率(※)   8.7%         7.9%

1株純利益     234.09円    222.88円

配当      80円(中間)+80円(期末)

※:退職金関係の会計基準が変わったために、前期の営業利益率が変動しています。かのんちゃんの実態に変わりはないので、あまり気にしなくて大丈夫だと考えています。

 

営業利益率0.8%アップはうれしいけれど、1,000億以上の減収はキビシイ。そんな状況のかのんちゃんです。

3Q末時点の着地予想と比べても

  • 売上  :未達
  • 営業利益:達成
  • 税前利益:未達
  • 税後利益:達成

と、まだら模様。かのんちゃんほど巨大な会社となると、3ヶ月先の予測も難しいのでしょうか。

フルーツ
多様なビジネスをグローバル展開するというのは、管理可能性を低下させていくことでもある…のかもしれません。

 

営業利益率の上昇要因は

  • 前期が特別悪すぎただけ
    (前期、商業印刷事業でのれんの減損損失があった)
  • コスト管理をがんばった

の2つがメインのようです。

営業利益率の過去実績をみると、過去10年の平均では8.9%となっています。確かに、前期が悪すぎただけで、当期は普通の感は否めません。

一方、来期予想の営業利益率は8.3%。当期より0.4%低く見込まれています。

フルーツ
できれば、営業利益率は10%程度を期待したいんだけどなぁ…

 

セグメント別にみると、相変わらずイメージングシステムビジネスユニットが足を引っ張っています

カメラやインクジェット複合機がメインのこのセグメントは、対前年比売上△11.3%という状態です。細かくみると、

  • カメラ:△14.6%
  • インクジェット:△4.6%
  • その他:△10.1%

という感じ。

営業利益はさらにひどく、対前年比△32.6%

 

かのんちゃん自身はカメラについて

  • コンシューマー市場全体が縮小したんだもん…
  • ミラーレスカメラとか大容量インクモデルとかは頑張ってるもん
  • 原価低減のための生産自動化はうまくいってるし
  • 2019年は「将来の事業の安定化に向けた種まきの年」にしたいな

と語っております。

一方インクジェットについても

  • 先進国はプリントボリュームが減っちゃったけどさ
  • 新興国は伸びたの!
  • でも2019年もイマイチな感じかも…

という感じ。

シーさん
やるきあんのかおまえ
かのん
あるよ~

少なくとも短期的には、このセグメントの低迷は続くということでしょう。売上構成比25.5%の一大セグメントですから、もう少し積極的な打ち手が欲しいようにも思います。

 

財政状態の報告

かのん
総資産は縮んじゃったの。でも自己資本比率は十分な水準だし大丈夫!

        当期末     前期末

総 資 産  4兆8,995億円   5兆1,983億円

1株純資産   2,618.76円     2,658.59円

自己資本比率    57.7%     55.2%

流動比率      199.1%    201.2%

 

財政状態については、特別気がかりな点はありません

総資産は3,000億円近いマイナスですが、これも特に問題は無いと考えます。

縮小の一番の要因は、キャッシュ2,000億円の減少。一方で負債も2,200億円ほど減っています。ざっくり言えば「現金を払って借金を返した」イメージです。

減少している負債は主として長期債務ですから、返済を迫られて仕方なく支払ったわけでもありません。

フルーツ
欲を言えば、「借金を返し配当金を払って、なお積みあがる純資産」という状況を作ってほしいところですが、それは今後の課題といたしましょう。

 

キャッシュ・フローの状況

かのん
営業CF減っちゃったあぁ…!だけどFCFはプラスだしね…ね…!

        当期       前期

営業C/F     3,653億円     5,906億円

投資C/F  ▲1,956億円   ▲1,650億円

財務C/F  ▲3,548億円     ▲3,405億円

 

営業CFが激減しています。前期比、なんと△38.1%…!

主要因は

  • 未払法人税等の増減:816億円
  • たな卸資産の増減 :647億円
  • 買入債務の増減  :362億円

といったところ。

 

法人税等はともかくとして、たな卸資産の増加によるキャッシュ・フロー悪化には注意が必要です。

かのんちゃんの説明によれば

  • 増えちゃったのは:中国等のカメラ。売上が計画未達のため。
  • 増やしてるのは :ネットワークカメラ。2019年に売るため!

なんだとか。

計画外の在庫膨張は危険信号ですから、よくよく注意してほしいものです。

 

ちなみに、来期予想の営業CFは昨年並み

投資・債務返済・配当金支払いを考慮しても、キャッシュはほとんど増減しない状況

を目指しているようです。

  • 営業キャッシュ・フロー:3,700億円
  • キャッシュの期末残高 :5,200億円

というのは、過去10年でも最低の水準

フルーツ
これ以上おカネ減らさないように気を付けてねー!
かのん
うん。でも流動性には問題ないから大丈夫なのー!

 

今後の見通し

業績予想

かのん
来年はね、減収減益の予想。世界経済ぜんたいてきに、景気下振れ懸念が強いの。

収益力の再強化を目指すけれども、経営環境がキビシイ」…というのが、かのんちゃんの見立てのようです。

  • アメリカ:税制改革の効果が薄れる
  • ヨーロッパ:ブレグジットで不透明
  • 中国:貿易摩擦がヤバそう

そして為替レートは円高の予測(円高による収益への影響予測:売上△1,237億円、営業利益△511億円)。確かに厳しい環境ではあります。

 

これに対するかのんちゃんの対応は

  • 経費の選択と集中
  • 自動化や内製化

原価低減と徹底した経費コントロールで、体質強化に取り組むのだとか。150億円のコストダウンを狙っているようです。

 

セグメント別では、メディカルシステム事業のみ増収増益。他セグメントは軒並み減収減益の見込みです。

かのん
カラー複合機・ミラーレスカメラ・ネットワークカメラ・メディカル関係をがんばるの。
フルーツ
世界経済全体が伸びないと、かのんちゃんはこれ以上おおきくなれないんだねぇ…

 

配当金について

期末の配当金は、予想通り80円。中間配当と合わせて160円。なんとか今年も配当を維持してくれました。

フルーツ
2019年も、変わらず160円かな?
かのん
配当予想は未定!

かのんちゃんは、配当予想を決して出さないこびとです。

 

とはいえ、

  • 減配しない歴32年の実績
  • 増配は厳しそうな利益・CF状況

から考えて、2019年も同じ、160円を運んできてくれると思われます

フルーツ
かのんちゃん、よろしく頼むよ!

 

まとめ:まるで成長していない(シーさんより)

シーさん
私たちがキヤノンへの投資を決めたのは2014年のこと。

それから約4年が経ち、会社はどうなったのでしょうか?

来期の1株あたり当期純利益(予想)は222円

 

 

かのん
すまんな。

こびと株.comのメンバーが目指している配当金投資は、配当金さえもらえていればOKというものではありません。事業の成長を裏付けとした増配・株価上昇にも期待しています。

ぜひ頑張ってほしいものですね。

キヤノンって、IR資料がめちゃくちゃしっかりしてるんですよね。配当政策を見ていても、株主の方を向いているのが良く分かります。こういう企業は応援してあげたくなります。

シーさん
業績にしっかりと目を配りながら、見守ろうと思いますっ
かのん
がんばるぞー!

それではまたっ!

 

(参考:キヤノン株式会社 期末決算短信等)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comのメンバー(役割:保有銘柄のウォッチ)。某有名大学で会計を学んだ後、一部上場企業の経理/財務部で働いている。持ち前の情報収集力・財務分析力を武器に、保有銘柄のウォッチを行っている。