CDS 2017年12月期期末決算に関するつぶやき(配当ニュートラル)

CDS 2017年12月期決算(2018年2月13日公表)

CDSより2017年1月1日~12月31日の業務報告が届いております。

 

CDS
増収増益…!予想比では、営業利益と経常利益が未達…。全体としては悪くないと思う…。

         当期     前期

売 上 高     85.0億円       83.3億円

営業利益率      12.4%        12.3%

1株純利益       98.29円         85.30円

配当          20円(中間)+20円(期末)

 

セグメント別の状況は

  • ドキュメンテーション事業は減収減益
  • 技術システム事業・エンジニアリング事業は増収増益

となっています。

第3四半期まで減収減益であったエンジニアリング事業が、(予定通り受注増となったのか)増収増益に転じました。CDS自身が中・長期的な戦略ビジネスと位置付けている事業ですから、来期も一層の貢献を期待したいと思います。

 

CDS
安定した財政状態…。

           当期末    前期末

総 資 産          69.5億円         63.4億円

1株純資産          740.40円           682.33円

自己資本比率           72.7%        73.5%

A(※)/総資産            20.4%      24.6%

※ A=現金預金+投資有価証券

 

BSの指標も相変わらずの安定感。1株あたり純資産も順調に積みあがっていて安心です。

相変わらず問題のない、優良なこびとですね。

 

…と、いいたいところだったのですが、少々気になるポイントを発見してしまいました。キャッシュフローの状況です。

営業CFが前期の14%ほどしか無いのです。14%減ではありません。86%減。主な要因は、売上債権の増加です。売上げたけれどもキャッシュでの回収ができていない、という状況ですね。

取引先の経営状態が気になります。一時的なタイミングの問題ならかまわないのですが、貸し倒れるようなことになれば大問題です。(今のところ貸倒引当金の急増などは見られません)

CDSくん、当期は固定資産取得や配当金支払を営業CFでまかなうことができず、短期借入金と今まで貯め込んできたキャッシュでカバーすることになりました。

 

当期のPLをみても来期予想(増収増益)を見ても、業績自体は悪くないのですが、キャッシュの状況はいまひとつ。会社がつぶれるのは、利益がでなくなったときではありません。キャッシュがまわらなくなったときです。ですから、キャッシュの状況は非常に重要です。

実は平成25年にも似たような(異常な)営業C/Fの動きをしていたんですよね。その後、すぐに正常な数値に戻りましたが…財務状態のよくない会社であれば黄信号です。

CDSは手元資金に余裕のある企業なのですぐにどうこうという心配はありませんが、要注意で見守りたいと思います。

 

それではまたっ!

高配当の「こびと株」っていいかも?と思ったら…

分散が鉄則の高配当株投資。
少額で分散投資をやりたいならSBIネオモバイル証券が最有力候補。理由は2つ。

  1. 1株から買える(NTTドコモなどの超優良企業を3000円程度で買えます)
  2. 取引手数料が最安(大手ネット証券で少額分散投資をやると手数料負けします)

口座開設料・口座維持手数料はもちろん無料で、個別株なら投資信託と違って信託報酬などの保有コストもかかりません。

SBIネオモバイル証券を使った少額分散投資は、コスト面では最安ですね。

Tポイントを使って株が買えるので、Tポイントユーザーにとってはさらに使い勝手が良い証券口座です。他の証券会社とは一味違う、唯一無二のサービスになっています。

 

※関連記事です。

高配当株投資をはじめて、配当金を受けとりたい人のためのスタートマニュアルです。

【配当金月3万円の第一歩】SBIネオモバイル証券を使った高配当株投資の始め方を解説します

2019.08.20

 

初心者さん向けに、もっともっと簡単に解説したバージョンです。

【超初心者向け】はじめての高配当株投資。始め方&ポイントを専門用語をほぼ使わずに解説

2019.09.07

 

高配当株についてもっと知りたい方向けの記事です。

高配当株のポートフォリオは、金のタマゴを産む”痩せない”ニワトリのようなものである

2019.08.03
スポンサーリンク
スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comの共同管理人。慶應義塾大学卒業後、一部上場企業に就職。経理/財務の実務経験10年超、日商簿記1級、証券アナリストを有する「企業と個人のお金の専門家」。4つの財布(給与/配当/不動産/事業収入)を駆使して経済的自由を達成することを目標に奮闘中。