CDS 2018年12月期期末決算に関するつぶやき(配当ポジティブ)

CDS 2018年12月期期末決算(2019年2月13日公表)

CDS株式会社のこびと「CDS」から、2018年1月1日~12月31日の業務報告が届いております。

 

経営成績の報告

CDS
増収増益…!かなり良い経営成績じゃないかな…。

        当期        前期

売上高      91.6億円         85.0億円

営業利益率     14.2%        12.4%

1株純利益    125.18円         98.29円

配当          22円(中間)+22円(期末)

 

CDSくん自身も述べている通り、かなりの好決算でした。前期比で増収増益で、各段階利益は+20%以上となっています。

  • 3Q予想は軽々とクリア
  • 全てのセグメントで増収増益
  • 利益率もアップ
  • 売上・利益ともに過去最高実績
フルーツ
うーん。CDSくん。よく頑張った!!

こびと株オーナーとしても、うれしい限りです。

 

財政状態の報告

CDS
財政状態にも問題ナシ…。

           当期末       前期末

総資産           78.6億円         69.5億円

1株純資産      821.62円          740.40円

自己資本比率        71.3%         72.7%

A(※)/総資産       22.9%     20.4%

※ A=現金預金+投資有価証券

 

純資産は着実に増えていますし、現金等も相変わらずたっぷり。この安定感は、ちょっとやそっとじゃ揺らぎません。

フルーツ
ゆとりある財政状態。安心のこびとちゃんです。

 

キャッシュ・フローの状況

CDS
キャッシュの動きも順調…

        当期       前期

営業C/F     1,138百万円     149百万円

投資C/F  ▲523百万円   ▲297百万円

財務C/F  ▲ 206百万円   2百万円

 

昨年の異常に減少していた営業CFが回復しました!

前期比約10億円。借り入れに頼らずとも、固定資産への投資や配当金の支払いをまかなえる状態です。

FCFは6億円の黒字。期末の現預金も増えて、ほっと一息。

 

とはいえ、懸念のもとだった売上債権はさらに増大しています。(増加額は減少しています。)

CDSくんの主要な顧客は三菱自動車工業。当期の売上の3割近くを占めています。

増加している売上債権に、三菱自動車工業がからんでいるのかいないのか。その背景に、ゴーン氏に関するゴタゴタが、関係あるのかないのか。

こびと株オーナーとしては、やきもきしてしまいます。

 

  • もともとキャッシュに余裕がある
  • 貸倒引当金は減少している

といった状況から考えると、過剰な心配は必要ありません。

フルーツ
とはいえ、売上債権の回収状況には、今後も注目していきたいと思います。

 

今後の見通し

業績予想

CDS
次も、増収増益

H31/12期の業績についても、増収増益の予想が発表されました。

営業利益率は14.3%。H30/12期実績より、さらに上を目指すようです。

 

H31/12期は、三菱自動車工業とのITアウトソーシングサービス契約がきれる年です。H31/3/31以降、業務発注量の下限が保証されなくなります。

三菱自動車工業は、CDSくんの売上の約3割を占める主要な顧客。契約終了後も、着実に増収増益を続けていけるのであれば、これはかなりポジティブなニュースと言えるでしょう。

 

フルーツ
業績予想の達成、期待してるよー!

 

配当金について

CDS
増配…
  • 当期配当は、予定通り44円(うち、中間22円)
  • 来期配当予想は、48円!(うち、中間24円)

こびと株オーナーの大好きな「増配」です!しかも2年連続。CDSくん、よくやった!

簿価利回り(予想配当/取得価額)は5%にまで成長しました。株価も上がってるし増配もしてるし、文句なし。

1株あたり44円の配当を前提にすると、配当総額は約3.3億円。当期と同程度の営業CFがあれば、十分にまかなうことができます。

配当性向は約38%。特に心配のない水準と言えるでしょう。

フルーツ
安心して喜べる増配はいいねー!H31/3期も頑張って、ぜひとも増配を現実にしてね!

 

それではまたっ!

(参考:CDS株式会社 四半期決算短信等)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comのメンバー(役割:保有銘柄のウォッチ)。某有名大学で会計を学んだ後、一部上場企業の経理/財務部で働いている。持ち前の情報収集力・財務分析力を武器に、保有銘柄のウォッチを行っている。