蔵王産業 2019年3月期第3四半期決算に関するつぶやき(配当ニュートラル)

蔵王産業 2019年3月期第3四半期決算(2019年1月30日公表)

蔵王産業株式会社のこびと「ざおうさん」から、2018年4月1日~2018年12月31日の業務報告が届いております。

 

経営成績について

ざおうさん
第2四半期に続いて、減収減益ですぅ…。期末までには増収増益に持っていく予定なんですけど…。

        当第3四半期   前第3四半期

売 上 高    50.9億円    53.5億円

営業利益率   14.3%       15.6%

1株純利益    78.79円     88.59円

配当     30円(中間)+31円(期末予想)

 

第1・第2四半期に引き続き、減収減益のざおうさん。第2四半期に比べて営業利益率も下がっています(14.8%→14.3%)。

 

期末業績予想に対する進捗も

  • 売上高 :68%
  • 営業利益:62%
  • 経常利益:63%
  • 当期利益:62%

遅れが目立ちます

売上の進捗以上に利益の進捗が遅いのも、イマイチです。想定よりも低い利益率で商売している、ということになるからです。

 

決算短信の内容をみると

  • 減収減益の要因説明は、ナシ
  • 通期業績予想は、増収増益を維持

と相変わらず。

世の中との比較で言えば営業利益率10%超えは高収益ですし、長期的には安定した売り上げを保っていると思います。

とはいえ、業績が鈍っている局面では、もう少し情報が欲しいところ。こびと株オーナーはちょっぴりやきもきしています。

 

財政状態について

ざおうさん
でも、大丈夫ですから。

       当第3四半期末  前期末

総 資 産     132.1億円   133.5億円

1株純資産    1,843.32円   1,827.31円

自己資本比率    87.4%     85.7%

A(※)/総資産     42.2%     41.5%

※A=現金預金+有価証券+投資有価証券

 

相変わらず、安定した財政状態のざおうさんです。これがあるから、経営成績のブレに振り回されずにいられるんですよね。

企業がつぶれるのは、赤字になったときではなくキャッシュがまわらなくなったとき。豊富なキャッシュ・わずかな負債…この2つは安心の源なんです。

こびと株オーナーとしても「この財政状態なら、今後の経営成績を長い目で見ていこう」と思えるわけです。

 

まとめ(今後の配当について)

当期61円の配当予想にも、変更はありません

一株あたり純利益は、第3四半期時点で78.79円。このペースだと、通期では105円になります。

その場合、配当性向は58%。ざおうさんの配当方針(配当性向59%程度)からすると若干高めではありますが、特に心配のない水準と言えるでしょう。

1,800円を超える一株あたり純資産からみても、当期の配当は問題なく維持されるでしょう。

 

課題は、第2四半期と同じく「減収減益は一時的なものなのか、今後のトレンドになってしまうのか」です。

期末の決算&来期予想の発表に、注意したいと思います。

それではまたっ!

(参考:蔵王産業株式会社 四半期決算短信等)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comのメンバー(役割:保有銘柄のウォッチ)。某有名大学で会計を学んだ後、一部上場企業の経理/財務部で働いている。持ち前の情報収集力・財務分析力を武器に、保有銘柄のウォッチを行っている。