蔵王産業 2019年3月期期末決算に関するつぶやき(配当ニュートラル)

蔵王産業 2019年3月期期末決算(2019年4月26日公表)

ざおうさんより2018年4月1日~2019年3月31日の業務報告が届いております。

 

経営成績について

ざおうさん
前期比で減収減益です!予想比もマイナス。…こんな年もあります。

         当期       前期

売 上 高    69.5億円      72.0億円

営業利益率     15.7%         16.3%

1株純利益     117.90円      125.07円

配当予想    30円(中間)+31円(期末)

 

前期比で減収減益利益率も低下と、調子の振るわないざおうさんでした。(低下後の営業利益率で15%を超えているというのは、驚くべきコトではあります)

  • 原価率 :低減(48.0%→47.7%)
  • 販管費率:増大(35.7%→36.6%)

という状況です。売上の低下に比べて販管費の圧縮幅がイマイチだったのが、利益率低下の要因ということですね。

販管費の明細を見ていくと、人件費・減価償却費・賃借料など、短期的には圧縮のしにくい費用が7割以上を占めています。

 

減収減益傾向は3Q決算時点で明白でしたから、業績予想の見直しや要因の説明など、情報開示の充実をはかってほしいところでした。

ところが、通期決算においても、十分な情報が開示されているとは言えません。

  • 製造業には、総じて販売増加
  • ビルメンテナンス業への関連商品販売は、堅調
  • OEM供給によるオリジナル商品提案では、シェア拡大につとめ
  • アフターサービスも、工賃及びパーツの合計売上が堅調
  • 子会社エタニ産業も、増収

⇒これらの結果、減収

フルーツ
…どういうこと??

OEM供給がシェア拡大につとめたけど、うまくいかなかったのか?ビルメンテナンス業への販売のうち、関連商品販売以外の売上がダメだったのか?それとも…

想像は膨らみますが、いまひとつ要因がつかめません

 

品目別でみると

  • 清掃機機は、増収(+14.6%)
  • 洗浄機器は、減収(-18.2%)
  • その他は、増収(+5.9%)

ということなので、洗浄機器が足を引っ張っている様子。

洗浄機器の詳細情報としては、「コンシューマー向けのスチーム機器の販売が減少したこと等から、減収(蔵王産業2019年3月期決算短信より)」と記載されていますが、

フルーツ
…ざおうさんの売ってる機械に、コンシューマー向けなんてそんなにあったっけ?

と疑問が広がる状況です。

 

こびと株たちもそれぞれ性格がありますが(かのんちゃんはよくしゃべるとか、ざおうさんは秘密主義とか。)、悪いニュースがあるときくらいは、細かい説明があるとありがたいものです。

 

財政状態について

ざおうさん
まぁまぁ。安心の財政状態ですから。

          当期末    前期末

総 資 産     136.0億円   133.5億円

1株純資産    1,882.94円   1,827.31円

自己資本比率    86.7%     85.7%

A(※)/総資産   43.9%     41.5%

※A=現金預金+有価証券+投資有価証券

 

財政状態については、相変わらず何の心配もいりません。現金も増え、自己資本も増え、より一層強固になっている様子です。

アメリカ企業なら「おカネ溜め込みすぎ!」と怒られるところでしょうが、日本企業の場合はここに安心感を感じてしまいます。

もちろん、現金保有が増えることには一長一短ありますが、とりあえず、企業としての継続性に全く不安がないのは良いところ。収益性の改善にも、ゆっくり取り組んでくれればと思います。

 

キャッシュ・フローの状況

ざおうさん
キャッシュもきちんと増えていますよ。

        当期        前期

営業C/F      8.5億円       8.2億円

投資C/F    ▲0.0億円      ▲0.0億円

財務C/F    ▲4.0億円        ▲3.5億円

 

キャッシュの状況も健全で、ゆとりがあります。営業CFが順調に推移し、投資CF・財務CFを余裕でカバーしているので、不安感がありません。

有形固定資産の取得支出の推移は

  • 27/3期:0.04億円
  • 28/3期:2.38億円
  • 29/3期:5.03億円
  • 30/3期:0.04億円
  • 31/3期:0.12億円

といった感じ。投資額がちょいちょいブレるざおうさんですが、当期は少なめに抑えられています。

フルーツ
ざおうさんはキャッシュフローが安定してるから好き。

 

今後の見通し

 

業績予想

ざおうさん
増収増益の予定です。がんばりますよ!

ざおうさんによれば、来期の業績は益。当期も、

  • 予想段階では、
  • 実績は、

だったので油断はできませんが、希望はあるようです。

ざおうさんは、「毎年必ず増収増益を予想する」みたいなヤンチャな子ではありませんから、来期の業績回復に期待したいと思います。

 

配当予想

ざおうさん
来期も61円を配当予定です!

ざおうさんの配当政策は、配当性向重視。50%程度の配当性向を目安にしています。

来期の1株あたり利益は、123円の予想。この50%と考えると、61円の配当は妥当なラインと言えそうです。

 

フルーツ
もう少し業績が伸びないと、これ以上の配当は厳しいってことかー。

ざおうさんの業績を長い目で見守りつつ、いつかまた増配してくれることを期待したいと思います。

 

それではまたっ!

(参考:蔵王産業株式会社 決算短信等)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA