【データのみ】高配当株を探そう!配当利回りランキング【2022年10月31日時点】

 

こびと株.com(@kobito_kabu)がお送りする、毎月更新の定例記事です。

※データが多すぎて記事が重いです。すみませんm(_ _”m)

配当利回りランキングの作成方法

抽出時期 :各月末
対象市場 :東証プライム、東証スタンダード、東証グロース
配当利回り:税引き前3.75%以上(税引き後3%)※復興特別所得税は無視

 

サマリー

2022年10月31日時点

全体指標

  • 日経平均:27,587.46円(前月比+1,650.25円)
  • 日経平均PER:12.78倍
  • 日経平均PBR:1.16倍
  • 日経高配当株50配当利回り:5.67%(前月比-0.23%)
  • 円/ドル:1$=148.71

 

配当利回りが3.75%(税引き後3%)以上の企業数

全部で680。先月より28社減少しました。

  • プライム   :439社(-28社)
  • スタンダード :239社(±0社)
  • グロース   :  2社(±0社)

 

 

全体感

10月の投資トピックスについては、こちらの記事で解説しています。

【10分で分かる】株式投資に役立つ10月の投資トピック総まとめ【インデックス・高配当】

2022.11.02

この記事のポイントは、

10月のまとめ
  • 10月の日本株は、9月の下げを取り戻す動き
  • 企業業績や雇用環境は悪くないが、仕入れコストの高騰が足枷に
  • 政府・日銀は円買い介入継続、直近1カ月で約6.3兆円と過去最大規模
  • 大規模な金融緩和は継続、円安トレンドも継続か
  • イギリスでは大減税撤回からのトラス首相退陣、スナク新首相は緊縮的な経済政策か
  • 中国では習近平政権3期目突入からの中国株暴落
  • 止まらぬドル高、新興国経済・米輸出企業にダメージ。長期化に要警戒。
  • ゴールドも債券も、米利上げの影響で相変わらず下落中
  • 高配当株は悪くない利回りだが、景気後退入り(減配)の可能性は忘れずに

といった感じです。

 

配当利回りランキング(東証プライム)

  • ※エクセルオンラインのデータが表示されます
  • 証券コードをクリックすると、Yahooファイナンスのページに飛びます

※1 「-」は、前月ランク外であった銘柄
※2 2017年1月以降で、月末の配当利回りが3.75%を超えていた月の数

 

配当利回りランキング(東証スタンダード)

  • ※エクセルオンラインのデータが表示されます
  • 証券コードをクリックすると、Yahooファイナンスのページに飛びます

※1 「-」は、前月ランク外であった銘柄
※2 2017年1月以降で、月末の配当利回りが3.75%を超えていた月の数

 

配当利回りランキング(東証グロース)

  • ※エクセルオンラインのデータが表示されます
  • 証券コードをクリックすると、Yahooファイナンスのページに飛びます

※1 「-」は、前月ランク外であった銘柄
※2 2017年1月以降で、月末の配当利回りが3.75%を超えていた月の数

 

それではまたっ!

 

※関連記事です

【超初心者向け】はじめての高配当株投資。始め方&ポイントを専門用語をほぼ使わずに解説

2019.09.07

高配当株のポートフォリオは、金のタマゴを産む”痩せない”ニワトリのようなものである

2019.08.03

【1つだけ紹介】弱気相場でも「強気」で積み立てたい優良ファンド

2020.04.07
スポンサーリンク
スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

こびと株.comの管理人。一部上場企業での経理/財務の実務経験10年超、日商簿記1級、証券アナリスト、FP資格を有する「企業と個人のお金の専門家」。4つの財布(給与/配当/不動産/事業収入)を駆使して経済的自由を達成することを目標に奮闘中。