「SNSが怖い」という人に伝えたい5つのコト【怖くてOK】

SNSが怖い人
これからの時代、SNS運用は大事っていうよね。でも、怖い気持ちがあってなかなか始められない…。
SNSが怖い人
発信力が大事とか、稼ぐならSNSとか、これからは就職・転職にも影響するとか…。でも、なんかあったらと思うと積極的になれないな…

こんな人のための記事です。

 

私たちは、見ての通り、ブログで発信活動をしています。月間80万回くらい読んで頂いています。

Twitterもやっていて、現在6.7万人ほどのフォロワーさんに見て頂いています。

どちらも、始めてから4年近くになります。

こうやって見ると、

SNSが怖い人
フルーツは、SNSとか、ネットでの発信活動とか、怖くないんだね~。

と言われそうですが、私、いまだに

フルーツ
SNSとか、ネットでの発信活動とかって、怖い!

です!(笑)

 

というわけで、この記事では

SNSは怖い。
でも、だとしても、知っておいたほうがいいコト

について、5つのポイントをまとめていきます。

フルーツ
怖い怖いと思いながら、それでも毎日発信を続けている理由や、そのために心に留めていることです

「SNSが怖い」と思っている方は、ぜひサクッと目を通して頂ければと思います。

 

「SNSが怖い」の正体

「SNSが怖い」というときの気持ちは、大抵、この3つのどれかでしょう。

  • 炎上したら…
  • 反応がなかったら…
  • 身バレしたら…
SNSが怖い人
やっぱり怖い!

 

SNSが怖い①炎上したらどうしよう

SNSが怖い人
炎上って、怖いよね…

ちょっとした一言が、ちょっとしたきっかけで、ものすごい勢いで拡散される。

そして時には、社会に影響を与えたり、人の人生を変えてしまうようなエネルギーになる。

それは、良いにつけ悪いにつけ、ネットの持つ大きな力の1つでしょう。

 

中でも

  • 批判
  • 悪口
  • 誹謗中傷

などが殺到する、「炎上」のエネルギーは相当なもの。

指摘内容が妥当であろうが、そうでなかろうが、発信者側が「怖い」と感じるのは当然ですね。

フルーツ
実際に、SNSを運用して炎上を経験し、現在進行形で傷ついている人もいるかもしれません。

 

SNSが怖い②反応がなかったらどうしよう

SNSが怖い人
いくら発信しても何の反応もなかったら、結構キズついちゃうかも…

「炎上が怖い」の対極にあるのが、「無反応が怖い」。

  • いくらつぶやいても、誰にも反応してもらえない
  • いくら写真をアップしても、1つのいいねもつかない

SNS運用の悩みとしては、かなり典型的なもの(=多くの人が経験するもの)です。

フルーツ
「考えて考えて考えて投稿して、反応ゼロ」が毎日って、まぁまぁメンタルやられます(笑)

 

SNSが怖い人
だからって、キラキラしたインスタ映えする写真とか、極端なポジショントークとか、そういうのばっかり頑張るのも、なんかツライし…

炎上にせよ、無反応にせよ、結果がダイレクトなインターネットだからこその怖さかもしれません。

 

SNSが怖い③身バレしたらどうしよう

SNSが怖い人
ちょっとした写真で、住所突きとめられたりするんでしょ?

匿名で行っている発信活動に対して

  • 住所
  • 氏名
  • 電話番号

といった個人情報を特定される…なんて話もききますよね。

 

  • 会社の就業規則で認められない副業をやっている
  • 資産額を公開している
  • かなり極端なトークを展開している

ようなケースはもちろんのこと、

SNSが怖い人
後ろめたいことが全くなくても、身バレはちょっと怖い

というのが、わりと一般的な感覚かなと思います。

フルーツ
私も、写真をアップロードするときなんかには、余計なモノが映り込んでいないか、かなりドキドキしながらチェックしています(笑)

 

「SNSが怖い」という人に伝えたい5つのコト

伝えたいコト①発信は、人生を変える

最初にお伝えしたいのは

フルーツ
SNSは怖いけど、それでもチャレンジする価値がある

ということ。

これは、4年近く発信を続けてきた私の確信です。

 

自分の思うこと、知っていること、経験したことを、多くの人に届けることができる。

これって本当に、スゴイことです。

世の中には

フルーツ
持っているモノが、必要とする人に届いた時、初めて価値を発揮する

ということがたくさんあります。

SNSは、この「必要とする人に届ける」ためのツールなわけです。

数十年前まで、マスメディアなどだけが持っていた力を、一個人が手に入れることができるんです。

 

また、私自身の話をすれば、ブログを立ち上げた当初の目標

投資+副業で、月収20万円以上

を達成できたことも、

フルーツ
人生が変わった!

と言えるくらいの衝撃でした。

それもこれも、怖さにめげずに発信活動を続けたからです。

 

さらに、大きいのが

フルーツ
SNSをやってなかったら、絶対に出会えなかったはずの人と出会えた!

ということです。

  • 価値観の合う仲間
  • 尊敬できるメンター
  • 仕事のチャンス
  • 新しい生き方

SNSは、あらゆるものが転がっている場所です。

フルーツ
素晴らしいものと一緒に、怖いもの・困ったものも転がっているのが難点ですけどね…(笑)

 

伝えたいコト②受け取り方は、人それぞれ

SNS等で発信を続けていくなら

  • 批判
  • 悪口
  • 誹謗中傷

を受けるのは

フルーツ
時間の問題

です。

「確実に起きること」だと思っておいた方が良いでしょう。

 

世の中には、本当にイロイロな人がいます。同じモノを見ても、反応は人それぞれ違っています。

試しに、有名ユーチューバーのコメント欄を見てみて下さい。

同じ動画を見ての感想であるはずなのに、

  • 内容
  • 言葉遣い
  • 好意的/批判的

など、本当に様々です。

フルーツ
本当に同じ動画見た!?

と思うくらい、多様な反応があります。

 

何かを発信すれば、いろいろな反応があるのは当たり前なんです。人間が多様である以上、反応が多様になるのも当たり前。

  • ポジティブな反応
  • ネガティブな反応

両方ともあるのが普通だと認識しておきましょう。

フルーツ
もちろん、発信者側に、人を不快にしない配慮が必要なのは大前提ですけれども!

 

伝えたいコト③攻撃したら、攻撃される

自分の言いたいことを届けるのに、他の人を

  • 攻撃したり
  • 非難したり
  • さげすんだり

する必要は、ないですよね。

 

SNSでは、自分の発信が、想定以上に様々な人の目に入る可能性があります。

フルーツ
これを見て「いや~な気持ち」になる人はいないかな?

というのは、発信するときに気を付けなくてはいけないポイントの1つ。

  • 内容が正しくても
  • 「相手が先に攻撃してきたんだ!」という場合でも
  • 自分がその発信を届けたい相手以外の人に対しても

想像力を持てるようになっておきたいものです。

 

SNSが怖い人
それでも、ぜひコレを言いたいんだ!ということはないの?
  • Aタイプの人はちょっと不愉快かもしれないけど
  • Bタイプの人には救いになると思うから
  • ぜひこの内容を伝えたい!

ということも、あるとは思います。

「ちょっと口調がきつくなるけど、これくらい言わないとボクの言いたいコトは伝わらないから…!」ということも、あるでしょう。

とはいえ、そういう場合でも、「Aタイプの人の気持ち」を考えた上でする発信と、全く頭にない状態でする発信には、きっと違いがでてくるはずです。

 

フルーツ
そうは思っていても、ついつい配慮が不足してしまうのが人間というもの。

なかなかカンペキにはなれない中で、なんとか想像力をめぐらせて、無自覚に攻撃的な発言をしないように気を付けたいものです。

 

伝えたいコト④伝えられる情報が少ない

対面のコミュニケーションでは、

  • 表情
  • しぐさ
  • 声色

など、言葉そのもの以外にも、かなり多くの情報をやりとりしています。

オンラインのコミュニケーションであっても、特定の相手とのコミュニケーションであれば

  • 相手の年齢
  • 相手の性別
  • 相手の立場
  • 相手の性格

など、多くの「前提知識」「背景知識」を持っているものでしょう。

 

でも、SNSでは、これらを全部抜きにして

  • 数枚の写真
  • 数分の動画
  • 数行の文字

だけで、不特定多数を相手に発信活動を行うわけです。

発信側も受信側も互いのことを知らないまま、極小の情報量でコミュニケーションを展開するわけですから

フルーツ
誤解が起きて当然と言ってもいいくらいの状況

になります。

 

そういった特殊な状況でのコミュニケーションを肌で知っておくことは、ネットリテラシーの一種ということができるかもしれません。

フルーツ
SNSで「誰にも誤解されたくない」とか、「誰のことも誤解したくない」というのは不可能に近いかも

と思っておいた方が、かえって健康的かなと思います。

 

伝えたいコト⑤出したモノが消せないのは、オフラインでも同じ

SNSが怖い人
SNSとかインターネットって、一度出した情報は完全には消せないっていうよね。そういうのって怖いな…

それは本当にその通りで、よく注意すべき点です。

とはいえ、個人的には

フルーツ
それって別にSNSだけの話じゃないような…?

と考えています。

  • オンラインでの書き込みはもちろん
  • オフラインでの話し言葉だって

一度発してしまえば、消し去ることはできません。

 

アラブのことわざにも

決して戻らないモノが4つある

  1. 放たれた矢
  2. 過ぎ去った過去
  3. 失った機会
  4. 口から出た言葉

という趣旨のモノがあると、聞いたことがあります。

フルーツ
SNSの投稿も、日々の自分の発言も、一度出してしまえば無かったことにはできません

情報発信には責任がともなう、ということですね。

 

「SNSが怖い」まとめ:怖さを感じたまま発信するのが◎

「SNSが怖い」という人におすすめするのは

フルーツ
「怖い」という気持ちはそのままに、SNSの積極運用にチャレンジすること。

SNSには、大きな可能性があります。

  • 出会えるはずのない人に出会えたり
  • モノを伝えるスキルが伸ばせたり
  • 影響力という武器が手に入ったり

チャレンジするだけの価値のあるツールです。

 

といって、

  • SNSなんか怖くない
  • 自分なら十分にコントロールできる

こういった感覚で運用すれば

フルーツ
自分が傷ついたり、人を傷つけたりするハメになる

可能性は低くありません。

 

結局のところ、

  • 怖いけど
  • 活かさないのはもったいない

のがSNS、というわけです。

フルーツ
これからも、適度に怖がりつつ、人を傷つける可能性・傷つけられる可能性に想像力を持ちながら、一生懸命自分の声を届けていきたいな、と思っています

それではまたっ!

 

※関連記事です

不安で動けない人vs不安をコントロールする人

2020.04.08

WordPressでブログを作ろう!初心者におすすめのレンタルサーバー

2020.08.15

【悲報】年収を上げる方法が1つ減った事実【じっとしてると危険】

2020.09.07
スポンサーリンク
スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comの共同管理人。慶應義塾大学卒業後、一部上場企業に就職。経理/財務の実務経験10年超、日商簿記1級、証券アナリストを有する「企業と個人のお金の専門家」。4つの財布(給与/配当/不動産/事業収入)を駆使して経済的自由を達成することを目標に奮闘中。