エックスネット 2018年3月期第3四半期決算に関するつぶやき(配当ニュートラル)

エックスネット 2018年3月期第3四半期決算(2018年1月30日公表)

Xネッコより2017年4月1日~12月31日の業務報告が届いております。

 

Xネッコ
増収減益。まぁ概ね予定通りだぜ。

      当第3四半期 前第3四半期

売 上 高    31.2億円    29.2億円

営業利益率     16.4%         17.9%

1株純利益    42.19円    45.76円(※)

配当      14円(中間)+14円(期末予想)

※ 2017年4月1日付で行われている1株を2株とする株式分割が、前期首に行われたと仮定して1株当たり純利益や配当金を計算しています。

 

Xネッコ
相変わらずの安定感だぜっ。

          当第3四半期末  前期末

総 資 産        69.6億円     68.5億円

1株純資産(※1)     736.13円       721.94円

自己資本比率    87.4%     87.1%

A(※2)/総資産      65.7%      70.2%

※1 2017年4月1日付で行われている1株を2株とする株式分割が、前期首に行われたと仮定して1株当たり純資産を計算しています。

※2 A=現金預金+有価証券+投資有価証券+関係会社預け金

 

期初予想の通り、増収減益の傾向がみえてきました。XNETアプリケーションへの開発投資による償却負担が重たい上、税制の変化もマイナスに影響している様子です。

とはいえ、全体としては特に気がかりな点もなく、予想通りの決算でした。ストックの指標にも何の問題も見られませんし、安心のこびとちゃんです。3年間限定の償却負担が終わるまで、気長に見守っていきたいと思います。

がんばってね、Xネッコ!当期の配当も楽しみにしてるよ!

エックスネットに関する基本情報はコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comの共同管理人。慶應義塾大学卒業後、一部上場企業に就職。経理/財務の実務経験10年超、日商簿記1級、証券アナリストを有する「企業と個人のお金の専門家」。4つの財布(給与/配当/不動産/事業収入)を駆使して経済的自由を達成することを目標に奮闘中。