エックスネット 2020年3月期第1四半期決算に関するつぶやき(配当ニュートラル)

エックスネット 2020年3月期第1四半期決算(2019年7月26日公表)

Xネッコより2019年4月1日~2019年6月30日の業務報告が届いております。

 

経営成績について

Xネッコ
増収減益だぜ。…営業利益率下がっちまった。

        当第1四半期   前第1四半期

売 上 高    11.4億円    10.4億円

営業利益率     13.5%        15.4%

1株純利益    12.96円    13.56円

配当     14円(中間予想)+14円(期末予想)

 

売上高が前年比10%近くアップしました。Xネッコ、がんばったね。

ところが、利益はと見ると4%程度の減益。こちらはかなり残念です。

 

結果として、営業利益率が2%近く低下してしまっています。主要因は原価率の上昇(74%→76%)です。

Xネッコの目標営業利益率は15%。当1Qは今一つの業績でありました。

 

減益の主な要因は

  1. 償却費負担の増加
  2. 労務費・業務委託費の増加

あたり。

①償却費負担の増加については、以前から明らかになっていた通り。XNETアプリケーションへの開発投資によるものです。3年程度は負担増加が続くということでしたので、やむを得ないかと思います。

②労務費・業務委託費については、新規開発案件のための一時的な増加なのだとか。「今後漸減し平均的な水準となる見込みであり、利益率は徐々に改善する見通し」とのことですから、特に心配せず見守っていたいと思います。

フルーツ
2Qはしっかり利益率が上がってくると嬉しいな~

 

財政状態について

Xネッコ
財政状態は、あいかわず自信あるぜっ。

        当第1四半期末    前期末

総 資 産       74.1億円     75.5億円

1株純資産           780.01円      781.05円

自己資本比率    87.0%      85.5%

A(※)/総資産     64.7%      64.1%

※A=現金預金+有価証券+投資有価証券+関係会社預け金

 

さすがはXネッコ。相変わらず安定した財政状態です。

特別注意すべき点も見当たりません。この調子でがんばってくれればと思います。

フルーツ
こびと株の見本みたいな財政状態だよね~。

 

今後の見通し

 

業績予想

Xネッコ
こないだのやつから変更はないぜっ!

半期予想・通期予想とも変更はなく、増収・増益につなげる計画のXネッコ。

通期予想に対する進捗率は、売上高で約25%、各段階利益は約22%となっています。

フルーツ
2Q以降の頑張りに期待!労務費・業務委託費を上手くコントロールして、ぜひ予想を達成してもらいたいです~。

 

配当予想

Xネッコ
配当予想も変更はないよ~

現状でみても、通期業績予想でみても、年間28円の配当維持には何の問題もありません

予定通り配当が支払われることと思います。

 

一方、「配当性向50%キープが重要」というXネッコの発言(過去のアナリスト説明会におけるもの)を信じるなら、増配への期待が高まります。

フルーツ
業績予想によれば、1株利益は59円。その50%は29-30円。…これは、1~2円の増配!?

というわけで、業績予想の達成と健全な増配を期待して、ワクワクしつつ応援していたいと思います。

 

それではまたっ!

(参考:株式会社エックスネット 決算短信等)

 

高配当の「こびと株」っていいかも?と思ったら…

分散が鉄則の高配当株投資。Xネッコみたいな安心のこびと株がたくさんあれば、月々の配当金入金額も安定しようというもの。

試すならSBIネオモバイル証券がおすすめです。理由はカンタン、1株から株が買えるので

  • 投資額が少なくても
  • しっかり分散して
  • 高配当株を集められる

から。500円でも株主になれるとか、ステキですよね。

さらに、取引手数料が押さえられたり、Tポイントで投資できたりするのもうれしいポイントです。

まずは口座開設で、あなたも配当収入GETの第一歩を踏み出してみてくださいね。

 

※関連記事です。

高配当株投資をはじめて、配当金を受けとりたい人のためのスタートマニュアルです。

【配当金月3万円の第一歩】SBIネオモバイル証券を使った高配当株投資の始め方を解説します

2019.08.20
スポンサーリンク
スポンサーリンク