エックスネット 2018年3月期第2四半期決算に関するつぶやき(配当ニュートラル)

スポンサーリンク

エックスネット 2018年3月期第2四半期決算(2017年10月31日公表)

Xネッコより2017年4月1日~9月30日の業務報告が届いております。

 

Xネッコ
相変わらず増収増益だぜ!…通期予想は増収減益で据え置きだけどさ。

      当第2四半期 前第2四半期

売 上 高    21.0億円    19.5億円

営業利益率       17.1%         17.5%

1株純利益    29.92円    29.85円

配当      14円(中間)+14円(期末予想)

 

Xネッコ
安心の財務体質だろー?

          当第2四半期末  前期末

総 資 産        71.1億円     68.5億円

1株純資産(※1)     737.86円       721.94円

自己資本比率    85.8%     87.1%

A(※2)/総資産      66.6%      70.2%

※1 2017年4月1日付で行われている1株を2株とする株式分割が、前期首に行われたと仮定して1株当たり純資産を計算しています。

※2 A=現金預金+有価証券+投資有価証券+関係会社預け金

 

第1四半期の高利益率案件(システム保守代行のアウトソーシングサービスであるXNET-AMOサービス)の影響で、第2四半期も増収増益でした。

しかし、この3ヶ月の利益率は平均的な水準です。第3四半期以降の利益率も、平均的な水準となる見込みのようです。

XNETアプリケーションへの開発投資による償却負担も相変わらずですから、(期首に予想した通り)通期では増収減益となるのだとか。第2四半期はもう一息、がんばってくれるとうれしかったのですが…高望みは致しません(笑)

ストックの指標は、相変わらずの安定感。自己資本比率等が若干下がっていますが、要因・水準とも、特に心配の必要はなさそうです。

当期の配当に関しては、安心して待つことができそうです。償却負担増加は3年間限定ということなので、3年後の増配にも期待しつつ、じっくり見守っていきたいと思います。

エックスネットに関する基本情報はコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です