エックスネット 2019年3月期期末決算に関するつぶやき(配当ポジティブ)

エックスネット 2019年3月期期末決算(2019年4月25日公表)

Xネッコより2018年4月1日~2019年3月31日の業務報告が届いております。

 

経営成績について

Xネッコ
増収増益だぜぃっ!すげーだろ?な、な?

          当期     前期

売 上 高    44.4億円    42.0億円

営業利益率   15.7%       16.1%

1株純利益     58.74円    56.37円

配当予想     14円(中間)+14円(期末)

 

昨年比、益の好決算でした。3Q末時点での通期業績予想も、ゆとりをもって達成できました。

  • 2Qまで
  • 3Q時点で
  • 通期業績予想も

ときていたところに、益の着地はうれしいですね。

さらに、Xネッコは今回の決算で、4期連続で過去最高売上高を達成しています。

 

Xネッコのメイン事業「XNETサービス」は

  • アプリケーションサービス
  • AMOサービス
  • SOサービス

の3つに大別されます。

この中で、個人的に注目していたのがアプリケーションサービスです。償却費の負担が増加(前期449百万円→当期515百万円)し、利益を圧迫する要因となっているからです。

 

しかし、フタを開けてみれば

  • 主力有価証券管理システムは堅調
  • 他システムも新規顧客獲得や既存顧客のサービス追加に寄与
  • 月額利用料収入が拡大

と良い流れができている様子。

そして、「アプリケーションの整理・削減」で「開発投資・償却負担が想定を下回」り、増益に結びついています。

フルーツ
しっかり利益に結びつく投資ができているようで、なかなか良いですね~。Xネッコ、えらい!

 

財政状態について

Xネッコ
もう今更言うこともねーよなっ。安定安心っ!

            当期末      前期末

総 資 産       75.5億円    72.0億円

1株純資産           781.05円     750.31円

自己資本比率    85.5%     86.1%

A(※)/総資産     65.9%     64.3%

※A=現金預金+有価証券+投資有価証券+関係会社預け金

 

財政状態に関しては、Xネッコのいうとおり、特にコメントがありません。

全く問題なく安定的に推移しています。1株あたり純資産も順調に積みあがっており、潰れようにも潰れられないレベルの財政状態です。

 

キャッシュ・フローの状況

Xネッコ
オレは、キャッシュも自信ありだぜぃっ!

        当期       前期

営業C/F     10.1億円      10.1億円

投資C/F    ▲8.0億円      ▲8.6億円

財務C/F    ▲2.3億円        ▲2.3億円

 

キャッシュフローにも、特に不安な点は見受けられません

  • 営業CFは安定的
  • FCFはプラス
  • 資金運用部分(※)をのぞけば、現金は増加

※有価証券・投資有価証券の取得・償還や、関係会社預け金・定期預金の預入・払戻等。

フルーツ
安心感のあるおカネの流れですね。

 

今後の見通し

 

業績予想

Xネッコ
来期もドンドン行くぜっ!

Xネッコ本人によれば、来期もさらにとなる見込み。

  • 償却費の負担はピークに近づく
  • しかしさらに売上を上げることでこれをカバー(※)
  • さらなる増益を!

 ※達成できれば5期連続最高売上となります

という強気予想です。

フルーツ
さらにさらに、2022年3月期には売上高50億円を目指すのだとか。Xネッコの自信が垣間見えて、頼もしいですね~。

 

配当予想

Xネッコ
来期も、当期と変わらず28円だな!

2019年3月期の配当は、予定通り28円が支払われます。

そして2020年3月期。こちらも同じく28円。今のところXネッコは、配当維持という判断をしているようです。

 

Xネッコは過去のアナリスト向け会社説明会で「配当性向50%キープが重要」というコメントを出したことがあります。

業績予想が達成される前提だと、来期の配当性向は

  • 28円配当で、47.2% ←配当維持の場合
  • 29円配当で、48.9%
  • 30円配当で、50.6%

です。

フルーツ
1~2円の増配があってもいいよねっ!期待してる~!

というわけで、いつも配当金に目が無いこびと株オーナーでした。

 

安定した業績と配当。そして増配への期待…。Xネッコは、かなり優秀なこびと株です。

これからも、この調子でがんばってほしいと思います。希望を感じる決算でした。

それではまたっ!

(参考:株式会社エックスネット 決算短信等)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA