ニホンフラッシュ 2021年3月期第1四半期決算に関するつぶやき(配当ニュートラル)

ニホンフラッシュ 2021年3月期第1四半期決算(2020年7月31日公表)

ニホンフラッシュ株式会社のこびと「ニフラ」から、2020年4月1日~2020年6月30日の業務報告が届いております。

 

経営成績の報告

ニフラ
さすがにコロナは厳しいや…

        当第1四半期   前第1四半期

売 上 高     37.3億円    47.8億円

営業利益率     5.0%           9.9%

1株純利益       8.52円     12.52円

配当予想        14円(中間)+14円(期末)

 

ここ数年間、絶好調で過去最高売上・過去最高益を続けてきた二フラくんの前に、コロナ禍の壁が立ちはだかっています。

  • 売上:21.9%減
  • 営業利益:60.5%減
  • 経常利益:29.1%減
  • 純利益:31.9%減

なかなか厳しい数字です。営業利益率も、半分近くに低下しています。

 

中国においては

  • 工場の操業日数が1/3
  • 移動制限等が営業活動に影響

というのが第1四半期の状況だったようです。

とはいえ、デベロッパーからの発注自体は多く、工場の増設・新設(ドアライン・枠ライン)を進めているとのこと。

フルーツ
このまま中国のコロナ禍がおさまれば、二フラくんの業績も回復していくかも?

 

財政状態の報告

ニフラ
特別問題はないと思うな。

        当第1四半期末         前期末

総 資 産    280.1億円    304.0億円

1株純資産       817.93円       839.28円

自己資本比率    73.2%        69.2%

A(※)/総資産   20.1%        24.7%

※A=現金預金+有価証券+投資有価証券

 

財政状態には、特別な不安はありません。

あえていうなら、在庫の増加が少々気がかりではありますが

  • 商品及び製品:前期末比32%増
  • 仕掛品:前期末比41%増
  • 原材料及び貯蔵品:前期末比29%増

「喫緊の課題は生産高UP」というほどの受注があるのなら、さほど心配しなくても良いのかなと感じています。

フルーツ
こびと株のいいところは、コロナ禍みたいな想定外の出来事が起きても、すぐに倒産の心配なんてしなくていい財務健全性だよね。

 

今後の見通し

 

最近のニュース

ニフラ
監査等委員会設置会社になったよ!

ニホンフラッシュ㈱は、

  • 経営の透明性の向上
  • 意思決定の迅速化

を目的として、監査等委員会設置会社に移行しました。

 

監査等委員会設置会社というのは、会社運営の仕組みの一種。

一般に、

  1. モニタリング強化
    (監査等委員は、取締役会の議決権がある分、監査役より強い)
  2. 業務執行の意思決定迅速化
    (重要な業務の執行を取締役に任せられる)
  3. 社外取締役&社外監査役を選ぶ負担の回避
    (社外役員の数を減らせて気楽)

なんてことが言われています。

監査等委員会設置会社に移行する場合、表向きは当然①②を「移行理由」にあげるわけです。でも実態は、③が目的ということも。

 

フルーツ
個人的には、大きな変化とは感じていません。二フラくんは、もともと同族企業だしねぇ…

とはいえ、コーポレートガバナンスは、会社の重要事。

こびと株オーナーとして、今後の運用に、しっかり目を光らせていきたいと思います。

 

業績予想

ニフラ
予想発表したよ~。通期で前期並みになるように頑張るっ!
  • 国内の緊急事態宣言解除
  • 中国での工場フル稼働

など、経済活動の再開を受けて、二フラくんから業績予想の発表がありました。

さすがにいつもの強気予想ではありませんが、通期で見て「前年並み」ということは、失われた1Qの売上・利益を残り9ヶ月間で取り戻すということ。

フルーツ
業績回復にかなり自信を持っているとみた。楽しみにしてるっ!

 

配当金について

ニフラ
配当予想は変更なしっ!

増配予想は維持されました。

業績予想を達成できるのであれば、配当性向は21%。無理のない金額と言えるでしょう。

フルーツ
ぜひとも業績回復してもらって、すっきりと増配を受け取りたいっ!

 

コロナウイルス感染拡大の影響を受け、今回の決算では苦しんでいるこびとが多い状況です。

二フラくんの業績が予定通りV字回復し、こびと株オーナーに明るいニュースをもたらしてくれれば…と祈っています。

それではまたっ!

(参考:ニホンフラッシュ株式会社 四半期決算短信等)

 

高配当の「こびと株」っていいかも?と思ったら…

分散が鉄則の高配当株投資。決算の悪い株・株価の落ちる株があっても、当初の投資方針を守っていけるのは、分散投資をしていてこそです。

試すならSBIネオモバイル証券がおすすめです。理由はカンタン、1株から株が買えるので

  • 投資額が少なくても
  • しっかり分散して
  • 高配当株を集められる

から。500円でも株主になれるとか、ステキですよね。

さらに、取引手数料が押さえられたり、Tポイントを使って投資できたりするのもうれしいポイントです。

まずは口座開設で、あなたも配当収入GETの第一歩を踏み出してみてくださいね。

 

※関連記事です。

高配当株投資をはじめて、配当金を受けとりたい人のためのスタートマニュアルです。

【配当金月3万円の第一歩】SBIネオモバイル証券を使った高配当株投資の始め方を解説します

2019.08.20

 

「もっともっとわかりやすく!初心者の中の初心者でもわかるように!」というご要望に応える、専門用語を使わないバージョンのスタートマニュアルはこちら

【超初心者向け】はじめての高配当株投資。始め方&ポイントを専門用語をほぼ使わずに解説

2019.09.07
スポンサーリンク
スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comの共同管理人。慶應義塾大学卒業後、一部上場企業に就職。経理/財務の実務経験10年超、日商簿記1級、証券アナリストを有する「企業と個人のお金の専門家」。4つの財布(給与/配当/不動産/事業収入)を駆使して経済的自由を達成することを目標に奮闘中。