USCPAを取得して外資系企業に転職!先輩経理マンのその後…

スポンサーリンク

こんにちは、こびと株.com管理人の経理マンです。

数年前、USCPAを取得して外資系企業に転職していった先輩経理マンがいます。久しぶりにその方と食事をしたので、近況を聞いてみました。

ちなみに、外資への転職直前の先輩経理マンのスペックはこんな感じでした。

先輩のスペック
  • 30代半ば
  • 中堅私大卒
  • 転職経験2回(電機メーカー→消費財メーカー→弊社)
  • 年収は700万円~800万円
  • 仕事で英語を使ったことはナシ
  • 得意分野:原価管理、予算管理

 

日系経理マンがUSCPAを取得しようと思ったきっかけ

そもそも、先輩はなぜ転職前にUSCPAを取得したのでしょうか?

外資系企業は、資格をちゃんと評価してくれるからだね。USCPAを取ってるとマネージャーポジションに応募できるんだよ

この先輩、弊社在籍時は”ダメ経理マン”のレッテルを貼られていました。なぜかと言うと、プライベートを優先するタイプの人だったので、残業時間が少なかったんです。

ハッキリ言って、仕事はほとんど干されていたと言っても良いレベルでした。担当職務の希望はほとんど通らず、数年間ずっと同じ仕事を担当させられ続けていました。

プライベート優先だけど、出世に興味がないわけじゃないんだよ。仕事は好きだし、あの扱いはちょっと許せなかったね

結局、この3つが決定的だったということです。

  1. いくら仕事を頑張っても、もう出世の芽がない
  2. 残業しない限り、好きな仕事はさせてもらえない
  3. 給料も頭打ち

先輩が選んだ道は、外資系企業への転職でした。前職はすべて日系企業だったので、30半ばにしてのチャレンジということになります。

 

  1. いきなりマネージャーポジションが狙える
  2. 職務をこなせば残業は不要(むしろ、残業しない=優秀という文化)
  3. 給料は大幅アップ

チャレンジの価値は十分にあるというわけです。

※ちなみに、日系企業経理マンの「年収にまつわる真実」はこちらの記事をどうぞ

経理の年収にまつわる3つの「残酷な真実」と年収アップ戦略

2018.06.20

 

外資系企業への転職にあたっての2つの準備

課題は2つ。TOEICスコアアップとUSCPA合格だね。キャリアはずっと経理だから、語学力さえどうにかなれば外資への転職は可能だと思ったんだ

外資への転職を志した時点で、TOEICのスコアは600点ほどだったようです。

  1. これをせめて700点台に乗せて
  2. 1年半以内にUSCPAを取得する

というのが先輩が立てたプランになりました。

 

若ければ若いほどチャンスがあるので、資格取得に時間をかけすぎるのは得策ではありません。先輩は、迷いなくスクールを使うことにしたようです。

利用したスクールは、USCPA受験予備校のトップブランドであるアビタスです。セミナーに参加して、このUSCPA攻略本を貰ったそうです。

(もう使わないということで、私に譲ってくれたのですが、私もアビタスのセミナーに行ったことがあるのでもう持ってましたw)

セミナーを受けた直後には受講を決め、すぐに受験モードに入りました。勉強期間は約1年半で、1科目(BEC)を除いてストレート合格できたと言っていました。

ぶっちゃけ、日系の大企業に入れるような人ならUSCPAはやれば必ず受かると思うよ~。簡単とまでは言わないけど、やれば報われるタイプの試験だからね

ちなみに、TOEICに関しては、USCPAの受験を通して自然とスコアアップしたようです。

リーディングスコアが伸びたことで700点を越えたので、もうそれ以上は受験しなかったということです。

 

結局、経理マンとしての十分なキャリアがあれば、外資系企業への転職にあたっての準備はこの2つだけということですね。

  1. USCPAを取得する
  2. そこそこの英語力(TOEIC)をもつ

 

USCPA取得後の外資系企業への転職活動

受験を決意した後、アビタスに通って計画通り1年半でUSCPAに合格。

最終科目の合格直前から、並行して転職活動を始めたそうです。利用した転職サイトはこの2つ

ジャスネットは経理専門の転職エージェントで、私たちも利用したことがある本当におすすめのエージェントです。

【体験談あり】ジャスネットキャリアの評判・メリットを完全網羅!年収アップしたい経理は全員登録せよ!

2018.05.23

しかし、外資にはそこまで強みがなく、紹介される案件は

  1. 海外現地法人の経理マネージャー
  2. グローバル企業の本社海外事業部のマネージャー

 

といった感じで、「日系グローバル企業」の管理職が多かったようです。USCPAに興味があるけれど、外資系はちょっとコワイかも…という人にはマッチしますね。キャリアクロスは外資の案件がメチャクチャ多いです。

ちなみに、USCPAを取得するのには総額で100万円ぐらいかかります。失敗したくないのならUSCPA取得前に

  • USCPA取得でどれだけ転職案件が増えるか
  • USCPA合格でどれだけ年収アップできるか

ちゃんと確認しておくべきです。「USCPA取得前の学歴・職歴等」や、「そのときの転職市場の状況」によって、かなり違ってくる部分だからです。

勝手な思い込みで受験勉強を始めるのはアウトです。市場価値を確認してからスタートしましょう。

USCPAを取得するまでもなく、希望のポジションに就けたり年収アップすることもありますからね。

 

結局先輩は、外資系企業への転職に特化したキャリアクロスの紹介で、米系メーカーの日本法人への転職が決まりました。部下4人を持つ経理マネージャーポジションです。

年収はいきなり1,000万円の大台に乗っちゃったよ。バイリンガルの経理マンはなかなか少ないってことなんだろうね

先輩は税務も担当したことがあったので、日本の税法もそれなりにおさえています。日米の会計税務に通じている人材は多くはないでしょうから、年収アップも納得できます。

とはいえ、語学力に不安はなかったのでしょうか?

そこはもう勢いで乗り切ったよw通じればいいんだよ、通じれば。不安がってる人は、TOEIC800点あったって喋れないよ

ということで、大切なのは気持ちだそうですw

ちなみに、仕事では英語7:日本語3ぐらいということです。

 

外資系企業へ転職したその後【5年の月日が流れ…】

外資最強ッ!

ラクすぎて日系企業には戻れない!!う~ん、羨ましい。

  • プライベート優先で全然OK(長期休暇もバッチリとれる)
  • 年収が高い割に仕事は全然キツくない(日本のように無限に業務が増え続けることがない)
  • 風通しの良さが半端ない
不安なところと言えば、退職金まわりの福利厚生がないところと、日本法人の撤退リスクがあるところかな

この2つは、典型的なリスクですね。取り立てて珍しい話ではありません。

このことについて不安はないのか聞いてみたところ、自分のキャリアなら転職できないことはないという判断だそうです。

確かに、日米の税務・会計の専門家で日系・外資両方の経験があれば、どこかからは声がかかるでしょう。もともと経理は転職しやすい職種ですし、終身雇用かどうかは関係ないと。

外資に転職してからの不満はまったくないと言っていました。まぁ弊社では干されていたので、当然とは言えば当然なのかもしれません。場所が変わると輝けるという好例ですね。

 

先輩は、このまま日本法人のCFO的なポジションを狙うと言っていました。もし社内での昇進が叶わなければ、別な外資系企業に転職するそうです。完全に外人マインドになりましたねw

 

USCPAは外資系企業への転職に効く!

結論としては

  1. USCPAは外資系企業への転職に有効です
  2. 年収もアップも狙えます

ということです。あくまで1つの実例ですけどね。

 

注意点としては

  • 実務経験(キャリア)ももちろん重要
  • 出来るだけ若い方が良い(30代前半ぐらいまでが好ましい)

ということです。先輩も「もう少し若いうちに外資の経験があれば…」と言われたことがあると言っていました。

 

社内にもUSCPAの合格者はいますが、資格を活かせている感じはしないですね。その点、外資に転職したこの先輩は、USCPAのメリットをフル活用しているように見えました。

外資系企業の経理マネージャー職の実務に関しては、今後も先輩から話を伺おうと思います。面白い話があれば記事にします。

以上、「USCPAを取得して外資系企業に転職!先輩経理マンの5年後のリアル」でした。

それではまたっ!

 

関連記事です。

USCPAの試験概要や難易度について知りたい方はこちら。

USCPA(米国公認会計士)の難易度【完全解説版】合格率・勉強時間・受験資格をまとめたよ

2017.12.25

経理マンの年収に関する残酷な真実はこちら。

経理の年収にまつわる3つの「残酷な真実」と年収アップ戦略

2018.06.20

経理マンにおすすめの転職サイトはこちら。

USCPA(米国公認会計士)の難易度【完全解説版】合格率・勉強時間・受験資格をまとめたよ

2017.12.25

スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • USCPAの記事とても参考になりました!
    実は私も最近USCPAを(32歳で)取得しまして、外資系への転職をしようか考えております。
    (ちなみに日商簿記1級は学生時代に取得しております)
    ただ、今までずっと日系企業の経理をやっていたことや、英語があまり得意でない(TOEIC700点台)ので、外資系はハードルが高いんじゃないかという不安もあります。
    なので、先輩がどのようにして英語を克服していったかというところを、もう少し詳しく確認したいなとも思っております。
    もちろんタダとは言いません。
    私のことについて、何か聞きたいこと等ございましたら、お気軽にメールアドレスの方までご連絡ください。
    記事のネタにしていただいて構いません。
    宜しくお願い致します。

    • T・Iさん

      経理の実務経験があって、日商1級+USCPAで32歳なら転職候補はたくさんあると思いますよ!外資初挑戦なら、早いに越したことはないでしょうね。
      英語の克服については、また先輩に聞いてみます。情報が得られたら記事にしますね。
      (具体的な対策は特になく、「ノリと気合でどうにかした」という回答がきそうですがw)

      とにかく、USCPA合格おめでとうございます。この先のキャリアがうまくいくよう、応援しています!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    シーウィード

    こびと株.comの管理人(役割:投資対象の選定)。お金の話と健康をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理/財務部で財務諸表を作成している会計の専門家(日商1級・証券アナリスト)。40歳時点で給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。