【裏話】東京証券取引ランド(居住区)への行き方。適時開示の使い方を簡単に確認。

スポンサーリンク

しーうぃーど@こびとが見える経理マンです、こんにちは。

これから「IR資料作成者の裏話」をつらつらと述べていきたいと思っているのですが、まずは

東京証券取引ランド(居住区)への行き方

について説明しておきたいと思います。ここがスタートです。

行き方マニュアル

まず、グーグルで「適時開示」と入力します。開けゴマ、と同じようなものだと思って下さい。

1

すると、次のようなところにたどり着きます。

2

適時開示情報検索へ」というボタンを押してください。

※たいていの人は、休日にここを訪れると「なんだここは、何もないじゃないか」と帰ってしまうのですが、それはもったいないです。

9

ここはまだ、東京証券取引ランド(居住区)の入口に過ぎません。イメージとしては、上記地図の赤マル地点です。もう少し足を踏み入れないと住人には会えません。

さて、「適時開示情報検索へ」というボタンを押すとこのような画面が出てきます。

適当に検索期間を入力し、キーワード検索で「決算短信」と入力します。

5

・・・・

おめでとうございます!居住区に到達しました。

ご覧下さい、住人達の名前がズラりと並んでいます

6

ん?SPK?…なんか見たことのある名前ですね。

7

うん、やっぱりそうだ。

8

Secret Provision for KIRA そう、キラ対策機関です。

東京証券取引ランドで暮らしていたんですね。

まず間違いなくデスノートのSPKとは無関係ですが、せっかくですから少し中身を覗いてみましょう。

9

平成29年3月期 第2四半期決算短信[日本基準](連結)!そっけなさすぎて読む気を無くすタイトルです。「減収減益アンビリーバボー」とかにならないのでしょうか。

ご覧の通り、売上高は19,504百万円から18,319百万円に減ってしまっているようです。どのような事業を行っている企業なのでしょうかね。

まとめ

このように、上記のマニュアルに従って居住区に行くことができれば、「上場企業が作成したIR資料を見放題」です。誰もが知る有名企業から、知る人ぞ知る優良企業まで、様々な企業に出会うことが出来ます。(金になるという意味で)素敵な出会いがあるかも知れません!

 

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

シーウィード

こびと株.comのボス(役割:投資対象の選定)。「お金の話」と「健康」をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理部で財務諸表を作成している会計職人。40歳時点で、給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。