【達成まで5ヵ月弱】SBIネオモバイル証券の口座開設数が10万口座を超えたそうです

 

こんにちは、シーウィード@こびとが見える経理マン(@kobito_kabu)です。

  • 少額から
  • 日本株の高配当株に
  • 分散投資をする

これをやりたいなら「SBIネオモバイル証券を使うとメリットありますよ」という話を最近しておりました。

SBIネオモバイル証券の特徴
  • 1株から購入できる(NTTドコモやKDDIなどの超優良企業を3000円程度で買える)
  • 月額50万円までの投資なら、取引手数料が200円で固定(毎月Tポイントが200貰えるので実質ほぼ無料
  • Tポイントを使って株が買える

 

昔からうちのブログを読んでくれている方はご存知だと思うのですが、このブログには証券口座の開設リンクって積極的には設置してなかったんですよね。

  • 問い合わせフォーム
  • コメント欄
  • Twitter経由で
ブログ読者
高配当株投資をやってみたいです。どの証券口座がおすすめですか?

みたいなことをよく聞かれるのですが、それに対してもまったく回答してきませんでした

 

なぜかというと、最低でも数百~1,000万円ちかい資金を持っていないとまともな分散投資ができないからです。30万円ぐらいの投資資金だと、リスクコントロールのしようがないんですよね。

JTとかNTTドコモとか、1銘柄買ったら終わってしまいます。まさに超集中投資

私はそういうのは高配当株投資とは「ちょっと違う」という考えです。せめて50銘柄ぐらいには分散しないと配当金の水準が長期安定しないですからね。

【日本株の高配当株投資】最安で適切な銘柄数に少額分散投資する方法

2019.08.10

 

ところが、SBIネオモバイル証券が登場したので

  • 財務優良な高配当株に1株から投資できるようになった
  • 取引手数料も月額固定200円なので、小分けに投資しても手数料負けしない

ということで、ようやく「もし高配当株投資をやりたいなら、この証券口座が良いんじゃない?」と投資初心者に言えるようなものが出てきたわけです。

※SBI証券やマネックス証券でも1株から買えますが、取引ごとに最低手数料がかかるので、分散投資すると手数料負けします。

 

SBIネオモバイル証券は、上記の特徴の他、Tポイントを使って投資ができたりと、他の証券会社とは違ってかなり独自性のあるサービスです。

だから、それなりに利用者が増えていくだろうな~と思っていたところ、こんなニュースを目にしました。

 

サービス開始5ヵ月弱で10万口座に到達したそうです。


(出典:SBIネオモバイル証券、10万口座達成のお知らせ

 

利用者の特徴としては、こんな感じだそうで。

利用者の特徴
  • 20代~30代が半数以上
  • 取引の94%が単元未満株取引
  • 投資に使われたTポイントは8,000万以上
シーさん
めっちゃ「傾向」が出てますね

ここまで若い世代のユーザーに偏ってる証券会社は珍しいと思います。それに、取引の94%が単元未満株の取引きということですから、数千円レベル少額の取引がかなり多いことが分かります。

※Tポイントについても、1人あたり800ポイントぐらい使ってる感じなんですかね。やっぱりこちらはオマケという感じ。

 

  • 若年層・投資未経験者に
  • 少額からの投資を始めて慣れていってほしい

というサービス提供者側の意図は、しっかり伝わっている感じですね。たった5ヵ月でここまで利用者が拡大したということは、やはり潜在的にこういうニーズがあったということなんでしょう。

 

私は、高配当株投資を積極的に人に勧める気はないですが(投資の未来はいつも不確実。儲かるか儲からないか分からないし、リスクをとれるのは本人だけなので。)、

高配当株投資をやる!

と決めた人に対しては、できる限り役に立つ情報を提供できたらいいなと思っています。

 

と言っても、基本的には

  • 私はこうやっています
  • 私ならこうします
  • 私はこう考えています

というのを見せることしかできないんですけどね。

 

あとは、高配当株投資は

  • お金持ちになれる投資方法ではない
  • 不人気・ワナ銘柄が多くリスクは高い
  • 一ヶ国に集中投資するものではない
  • 一部の高配当銘柄に全力で突っ込むものじゃない

といった客観的な事実・常識は伝えられたらいいなと。

 

なにか勘違いして投資をスタートさせてしまうのは悲しいですからね。

下記記事も、そういった趣旨で書いています。

【配当金月3万円の第一歩】SBIネオモバイル証券を使った高配当株投資の始め方を解説します

2019.08.20

【20万円未満で作成可能】日経高配当株50ETFをメインにした65銘柄高配当株ポートフォリオの作り方を解説

2019.08.25

 

とにもかくにも、これからも高配当株投資に役立つ

  • Webサイト/書籍
  • 証券口座
  • 銘柄情報

など、できる限り発信していきたいと思っていますので、高配当株に興味のある人は引き続き当ブログをご愛顧頂けますと幸いです。

明日は2019年8月末時点の高配当株ランキングも公開しますのでお楽しみに。量が多すぎて泣きそうですがw

先月に引き続き「今から私たちが高配当株投資を始めるならこのポートフォリオ!」というモデルも公開予定です。

シーさん
ブレずにひたすら高配当株を買い続けます。配当配当~♪

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

シーウィード

こびと株.comの管理人(役割:投資対象の選定)。お金の話と健康をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理/財務部で財務諸表を作成している会計の専門家(日商1級・証券アナリスト)。40歳時点で給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。