質素倹約でお金持ちになれる!→質素倹約で良いならお金いらなくない?

スポンサーリンク

こんにちは、シーウィード@こびとが見える経理マンです。

無限ループにハマりました。

 

収入-支出=貯蓄

当たり前の公式ですね。金持ちになりたければ、収入を増やすか、支出を減らすか、選択肢はそれしかありません。両方達成できれば尚ヨシです。

一般的なイメージとしては、「稼ぎの多い人は貯金が多い」というところではないでしょうか。支出の少なさより、収入の多さに着目される気がします。まさか、年収1,000万円超のエリートが貯金ゼロだなんて思わないですからね。

 

お金持ちは質素で倹約家が多い

ところが、一般的なイメージとは異なり、お金持ちは稼ぎの多さよりも支出の少なさが重要になります。名著「となりの億万長者ー成功を生む7つの法則」に、お金持ちの特徴が書かれています。

 

金持ちの特徴を三つの言葉で言い表せば

倹約、倹約、倹約

である

(出典:となりの億万長者)

1つの言葉じゃん

というツッコミはさておき、「倹約」という言葉が金持ちの特徴を表す一番のキーワードのようです。倹約の反対語は浪費ですね。

  • 倹約・・・無駄を省く行動
  • 浪費・・・惜しげもなく、どんどんものを買うライフスタイル

ちなみに、億万長者の定義は金融資産100万ドルです。アメリカの全世帯のうち、約3.5%が該当します(古い本なので、今はもっと増えているかもしれません)

アメリカでは、1年で年収5億円稼げる人は、2万世帯に1人くらいの割合だそうです。大半の億万長者の年収は、その1割(5千万)に大きく及びません。また、50歳を前にして億万長者になる人も少ないと言われています。

要するに、お金持ちは「莫大な収入があるわけではないが、支出を抑えることで時間をかけてじっくりお金を増やしている人が多い」ということです。

 

資産のある人は、次の3つの質問にイエスと答える率が高いそうです。

  1. あなたの両親は倹約家でしたか?
  2. あなた自身は倹約家ですか?
  3. あなたの妻はあなたより倹約家ですか?

 

そう、結局、お金持ちはお金を使ってこなかったらお金持ちなんですね。倹約が最大の特徴というのは、つまりそういうことです。

 

質素倹約な生活は満足度が高い

「幸福は逃げ水のようだ」と言われます。追えば追うほど離れていくからです。人間の欲には際限がないですからね。「足るを知る」というところに至らないと、延々と幸福を追い続けるハメになります。

身の丈をわきまえた質素倹約な生活は満足度が高いと言います。

 

ここ、結構重要なポイントですよね。浪費家って、案外生活の満足度が高くないそうなんです。これは「限界効用の低減」からも簡単に説明がつきそうです。得れば得るほど満足度が減るという原則ですね。

洋服を1着とか2着しか持っていない状態から、新しい1着を買うと満足度は高くなります。一方で、洋服を100着持っている状態で新しい1着を買ってもたかが知れているということです。

結局、人間の暮らしに最低限必要なものってそんなに多くはないですから、モノを買い漁って浪費を続けたところで大して満足度は上がらないんです。逆に、その浪費生活を維持するために稼ぎを増やし続けなければならないので、むしろプレッシャーの方が大きいかもしれません。

逆に、最適化されたミニマムな生活を維持するのにはあまり苦労がありません。

 

質素倹約で満足度が高いなら、100万ドルも必要ないんじゃ?

冒頭のツイートに至るわけです。

  • 金融資産を築くには、稼ぎを増やすより支出を抑える方が重要です
  • 実際、お金持ちの多くは質素倹約な人達です
  • 質素倹約な生活は、満足度が高いです

じゃあ金融資産1億円貯める必要なかったんじゃないの~???

つまり、1億円余分に稼いじゃったんじゃないの?ってことです。

質素倹約な生活で慎ましく楽しく暮らせるのなら、その生活を維持するために必要な分だけ働いて、お金が余るほどプラスアルファで働く必要はなかったんじゃないかと思うわけです。

 

労働したくない!という目的があるなら別ですよ、もちろん。1億円あれば、働かずして金融資産からの利子で生活することも可能ですからね。

でも、「ゆっくり時間をかけてお金持ちになっている人が多い」という記述からも分かる通り、働かなくてよくなるのは早くて50歳半ばかそこらなわけです。定年まであと数年のところまできちゃってるわけですよね。

そんなことをするぐらいなら、若いうちから最低限のお金だけを稼いで、ゆっくり過ごせば良いんじゃないかと思うわけです。質素倹約スタイルが確立してるなら、週3労働とかでも大丈夫なわけですよね。共働きできるならなおさらです。

1億円…まさに「余剰」資金なんじゃないだろうか…

 

お金持ちは、経験やぜいたく品の代わりにお金を持っているだけ

こうやって考えると、結局お金持ちってまさにその言葉通り「お金を持っている人」という以上の意味はないんじゃないかと感じるわけです。

お金を持っていない人は、今お金を持っていないだけで、お金を経験やぜいたく品に変えてきたわけですよね。お金持ちって、お金コレクターのことなんでしょうかね。

結局、自分が一生のうちにいくら使いたいか?ということが問題なんでしょうか。その分だけ稼げれば自分がハッピーな人生を送るには十分なわけですからね…

子孫にお金を残すとロクなことにならないというのは、「隣の億万長者」にも書かれていることです。経済的な支援って、子供のためにならないんですって。

じゃあますますお金持ちがお金を持ってる意図が分からない…!!自分も使わないし、子孫に残しても無駄なら、やっぱり余分なお金を稼いじゃってるだけなんじゃないのか~!!

う~ん、いくら考えても答えが出ない。

  • 僕は、いったい一生のうちにいくら稼いで、いくら使えばいいのか?
  • なぜ、お金持ちになりたいと思って資産運用しているのか?

長いトンネルに迷い込んだ…!

 

まとめ:まとまらない

自分自身、なんとなく感じていることは

  1. 無駄がなく最適化されたミニマムな生活は居心地が良い(質素倹約は洗練されてて素敵!)
  2. お金で困りたくないので、お金持ちにはなりたい
  3. まったく働きたくないわけではない(週5労働は多くてヤダ)

ということです。

①が達成されるなら、これ以上お金はいらない気もするんですけどねぇ(ループ)。週3労働で十分な生活レベルで、慎ましく暮らして余暇を楽しむべきなのか…

答えは出ぬまま、それでも人生は続くのであった。

 

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

シーウィード

こびと株.comのボス(役割:投資対象の選定)。お金の話と健康をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理/財務部で財務諸表を作成している会計の専門家(日商1級・証券アナリスト)。40歳時点で給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。