【簿記で給料アップ!?】年収上げたいなら満たすべきポイント5つ

会社員
簿記の資格とったら、給料って上がるのかなぁ?

こんな人のための記事です。

 

結論からいうと

こびと株
可能性は十分ある!

です。

とはいえ、「誰でもどんな場合でも、簿記資格さえとれば確実に給料アップ!」というわけにはいきません。

 

ではどんな人は簿記で給料が上がって、どんな人は上がらないのか?

この記事では、簿記資格で給料を上げられる人が満たしているポイントをご紹介していきます。

この記事のまとめ

簿記で給料が上がる人が満たしているポイントは以下の5つ。

  • 若い
  • 経理実務の経験がある
  • 簿記2級以上を取得している
  • 転職を選択する
  • 適切にアピールする
こびと株
このうちいくつ満たしているかが重要!ポイント5つ全てに〇がつくなら、給料アップの期待大です

 

簿記で給料が上がる人が満たしているポイント5選

ポイント①簿記は若いうちにとる

まず、重要なのが

こびと株
簿記資格の取得年齢です!

簿記に限った話ではありませんが、人材評価の指標として

  1. 資格
  2. 実績

の2つを比べると、年齢が上がるほど②実績重視になっていきます。

相対的に、資格の重要度が下がっていくということです。

 

若いうちは

簿記資格を持っているんだね。会計の知識があるわけだ。それじゃあこんな仕事に活かしてもらえそうだね

という具合に、資格によって”将来への期待”をイメージさせることができます。

けれども、年齢を重ねるにつれて

ああ、資格を持っているのね。確かに知識があるのは大事なんだけど、キミは今までそれを使って何をしてきたのかな?ウチでは何をしてくれるんだろう?

と、過去の実績をもとにした”即戦力としての貢献”が期待されるようになります。

 

簿記は重要なスキルですが、「資格さえあれば実務ができる」というわけにはいきません。

簿記を勉強しただけじゃ経理実務ができない7つの理由【現役経理が教える】

2019.10.07

やはり、

こびと株
簿記資格を即給料アップにつなげたければ、若いうちに限る

という感じです。

 

ポイント②経理実務の経験がある

簿記・会計は、経理職に限らず、すべてのビジネスパーソンにとって有用な知識です。

実際、リクルートエージェントの「企業が応募者に求める資格ランキング」には

  • 1位:日商簿記2級
  • 7位:日商簿記1級

と、簿記資格が堂々のランクイン。

こびと株
企業が「経理部員だけが簿記を分かっていればOK」と考えていたら、こういう結果にはなりませんよね。

 

とはいえ、直接業務に簿記を使うのは、やはり経理系の職種。簿記で給料アップを狙うなら

  • 経理の実務ができるのか?
  • 経理実務を知った上で多職種に活かせるのか?

といった視点は欠くことができません。

こびと株
経理経験がなくても簿記があれば、転職で評価される可能性はあります。とはいえ、「給料アップ」というところまで狙うなら、やはり資格+実務経験でアピールしていきたいところ。

 

経理未経験が簿記を取得したなら

  1. 資格アピールで経理業界に潜り込む
  2. 資格+実務経験アピールで給料アップを狙う

という2段階のステップアップが現実的でしょう。

こびと株
経理は、実務経験さえ積めば転職しやすい職種。2ステップでの年収増計画も、決して非現実的なものではありません

【経験なしで、経理に転職!】経理のプロが教える、年収アップ戦略

2020.07.18

 

ポイント③簿記2級以上を取得している

簿記で給料上げたいなら

こびと株
簿記2級が必須。簿記1級だと、なお良し。

くらいの温度感で考えておくのが◎です。

 

簿記3級は、

  • 合格者が多い(=希少性が低い
  • 給料の高い大企業経理で使うには知識不足

といった課題があり、経理部員の間では「基礎知識はOKだね」くらいの認識。

こびと株
これを武器に給料アップを…!というのは、なかなかハードルが高いかなと思います

 

ちなみに、簿記1級は希少な難関資格

  • 就職活動
  • 転職活動
  • 異動

さまざまな場面で考慮され、給料アップに直結させられる資格です。

 

簿記のレベルって実際どうなの?現役経理部員が教えます。

2019.02.12

簿記1級からいきなり受けるのはアリ?→回答:賢い選択です

2018.10.04

 

ポイント④転職を選択する

日商簿記検定などの資格を取得すると、会社によっては

こびと株
資格手当がもらえる…!

というところがあります。

  • 3級からもらえる会社
  • 2級からもらえる会社
  • 1級だけもらえる会社

など様々。金額も、「合格時の一時金」「月給に上乗せ」など形態も、会社ごとに色々です。

とはいえ、大抵はせいぜい数千円程度。

こびと株
給料上がった!と言えないこともないけど…これだけだとちょっと寂しいですよね。

 

そこで、おすすめなのが転職です。

多くの日本企業には、個々人のスキルアップを正当に評価し、昇給させる仕組みがありません。

上がったスキルを給料に反映させようと思ったら、転職で人材価値の再評価してもらうしかない…という現実があります。

こびと株
転職という選択肢ナシに給料を上げるのは、かなりのハードゲーム。

せっかく「企業が応募者に求める資格」をとったのなら、それを武器に転職活動にチャレンジしてみるべきです。

そうしてみて初めて、「簿記で給料が上がる」という未来を手に入れられるからです。

 

イマドキ、転職活動は普通だよね?【サラリーマンの真実】

2020.04.26

経理の年収にまつわる3つの「残酷な真実」と年収アップ戦略

2021.01.11

 

ポイント⑤適切にアピールする

簿記2級以上をとって転職を選択したとしても

会社員
簿記は転職で評価されるんでしょ?

と慢心していては、給料アップの転職案件で内定を得るのは難しいでしょう。

 

確かに、簿記は転職で評価される資格です。

簿記資格を履歴書に明記しておけば、簿記の知識があることは採用企業側に伝わります。

けれども、だからこそ、面接等では

  • この知識で、いかに会社に貢献するのか
  • 簿記知識以外に、自分にはどんなスキルがあるのか

など、簿記知識以外の点を上手にアピールする必要があります。

こびと株
ここの工夫を怠けたり、内容が的外れだったりすると、「簿記とったのに給料上がらない…」と嘆くハメになりますよ

【例文アリ】経理の履歴書「自己PR/強み」のポイント2つ【経理のプロが解説】

2020.07.16

 

あなたが、あなたの応募先企業に対してどんなアピールをすれば良いのか…という個別具体的なアドバイスは、転職エージェントからもらうのが◎です。

優良な転職エージェントと付き合って、良いアピール方法を伝授してもらいましょう。

【経理の転職】おすすめエージェント 現役経理部員が選ぶベスト3

2019.05.01

 

まとめ:簿記で給料を上げるにはポイントを押さえるべし

 

簿記で給料が上がる人が満たしているポイントは以下の5つ。

  • 若い
  • 経理実務の経験がある
  • 簿記2級以上を取得している
  • 転職を選択する
  • 適切にアピールする
こびと株
このうちいくつ満たしているかが重要!ポイント5つ全てに〇がつくなら、給料アップの期待大です

 

ちなみに、

  1. 簿記取得からの
  2. 給料アップからの
  3. さらに…!

を狙うなら、

こびと株
押さえるべきは、連結会計の実務経験&英語力!

です。

グローバル展開している大企業経理で切実に求められているスキルセットなので、かなりおいしい転職が視野に入ってくるはずです。

 

結局のところ、どんな資格であれ

  • 資格は重要項目だけど
  • 資格さえあれば全て解決…というわけにはいかない

のが現実でしょう。

こびと株
適切な資格取得と、プラスαの一工夫で、給料アップをつかみ取りたいものですね

それではまたっ!

 

※関連記事です

【簿記スクール】経理のプロの圧倒的なおすすめ2選【コレで決まり】

2020.04.14

【最新版】簿記2級の難易度と最短合格法。難しくなったけどまだコスパの良い資格です

2019.07.14

経理に英語は必要か?→英語は経理の年収アップの近道です

2019.12.29
スポンサーリンク
スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comの共同管理人。慶應義塾大学卒業後、一部上場企業に就職。経理/財務の実務経験10年超、日商簿記1級、証券アナリストを有する「企業と個人のお金の専門家」。4つの財布(給与/配当/不動産/事業収入)を駆使して経済的自由を達成することを目標に奮闘中。