簿記1級からいきなり受けるのはアリ?→回答:賢い選択です

簿記に興味がある人
簿記に興味があるんだけど、いきなり簿記1級から受けてもいいのかな?3級とか2級とか、完全な下位互換だし、受ける意味がないと思うんだけど…

こんな疑問に答えます。

筆者のスペックはこんな感じです。

筆者スペック
  1. 学生時代にFP簿記1級、社会人になってから証券アナリストを取得
  2. 一部上場企業の財務部で10年間実務経験アリ(継続中)

簿記大好き・バリバリの実務家です。筋金入りの経理マンですね。

結論から言うと、簿記の資格をまったく持っていない人が簿記1級から受けるのは全然アリです。

ただし、条件手順はあります。

3~5分ほどでざっくり解説しますので、どうぞお付き合いくださいませ。

これが結論!

簿記2級・3級を受けないで簿記1級から受けるのは全然アリ!

  • 理由:簿記1級は2級・3級に受かっていなくても受験できるから
  • 条件①:会計の関する仕事をする気があること
  • 条件②:スクール代を捻出できること(10数万円です)
  • 条件③:10代~20代であること
  • 手順①:簿記3級のテキストを流し読み
  • 手順②:スクールに申し込む→すべて講師の言う通りにやる

それでは詳しく見ていきましょう。

 

簿記1級をいきなり受けてOKな3つの理由

理由①:簿記1級に受験資格はない

日商簿記1級に受験資格はありません。学歴や年齢に関係なく、誰でも受験することが可能です。

  • 簿記3級に受かっていないと2級にはチャレンジできない
  • 簿記2級に受かっていないと1級にはチャレンジできない

そういう仕組みがあるのならしょうがないですが、そんなことはありません。

だったら、いきなり簿記1級を目指すのはむしろ合理的とも言えますね。

 

理由②:大は小を兼ねる。簿記の世界では簿記1級が最強だから

  • 簿記に関する深い知識が学べるのは、簿記1級です
  • 就職や転職で一番評価されるのは、簿記1級です

つまり、とことん簿記を学びたい人、会計のスキルを鍛えて仕事をしていきたいと思っている人にとって、簿記2級や3級は中途半端なのです。

簿記2級レベルなら履歴書にも書けますし、一通りの実務もできるでしょう。しかし、上場企業レベルの仕事がしたいなら簿記2級では厳しいです。

上を目指すのなら、いきなり簿記1級を目指すのは効率的です。

 

理由③:お金と時間がムダにならないから

簿記3級・簿記2級を経由すると、なんだかんだコストがかかります。

  • 簿記3級のテキスト代・受検費用
  • 簿記2級のテキスト代・受検費用

独学でも3万円~、スクールを使えば10万円ぐらいはかかるでしょう。勉強時間も、トータルでは200~400時間ぐらいはかかります。

この知識が簿記1級にも直結するのなら良いのですが、簿記3級や2級でしか問われないような論点は、簿記1級ではムダになるだけです。どうせ簿記1級を目指すなら、出題されない論点を勉強しても時間がもったいないですよね。

簿記1級まで取ることを決めているのなら、簿記1級からいきなり受検するのは賢い選択です。

 

簿記1級を受けるなら、この条件は満たしていることを確認

前提:簿記1級の難易度や価値は知っておこう

簿記1級は、難関試験です。

  • 合格率10%程度(年間で1000人くらいしか合格者がいません)
  • 勉強時間は500~1000時間

受かったらいいな~、ぐらいの感覚で合格するのは難しいと考えた方が良いでしょう。

簿記1級の難易度・勉強時間の目安を現役経理マンが教えます

2018.04.20

しかし、この難易度の高さが簿記1級ブランドの価値を保ってくれています。

簿記1級は価値ある資格!5つのメリットを現役経理マンが教えます【取る意味アリ】

2018.04.11

ズバり、簿記1級に合格できれば生涯年収はアップします。実務の世界では、間違いなく高評価を受けられる資格です。

※上記の2つの記事には、サクっと目を通しておいてください。簿記1級の概要がばっちりつかめます。

以上を踏まえたうえで、いきなり簿記1級にチャレンジしてもOKな条件を紹介します。

 

条件①:会計に関する仕事に就く気があること

簿記1級は、自己啓発のための資格ではありません。バリバリの実用資格です。

この資格は、仕事で使ってこそ活きます。だから、もしいきなり簿記1級から受験するのなら

  1. 一般企業で経理・財務の仕事に就きたい
  2. 会計事務所で働きたい(そしてゆくゆくは税理士に)
  3. 公務員になりたい(税務署や国税局で働きたい)

こういう目的がなければ、もったいないです。逆に言えば、理想の仕事に就くチャンスは劇的にアップしますから、こういう仕事がしたいならぜひ積極的にチャレンジしてみてください。

ちなみに、経理はめちゃくちゃオイシイ仕事ですよ。

【本音】経理は楽な仕事なのか?|回答→暇だし楽すぎです

2018.08.14

性格がマッチするなら、楽しい仕事ですしね。

経理は楽しい!「面白さベスト5」を現役経理マンがリアルに語る

2018.05.04

 

条件②:スクール代を捻出できること

独学は無理です。

簿記1級の独学をおすすめできない5つの理由【簿記1級ホルダーが語る】

2018.04.13

早慶レベルの学生さんで、ようやくワンチャンスある感じでしょうか。簿記2級とかを持ってて、という前提での話なので、いきなり簿記1級にチャレンジする人は素直にスクールを使いましょう。

 

おすすめスクールは2つしかありません。超大手の【TAC】【大原】です。

昔から、簿記1級合格者のシェアはほとんどこの2校で占めています。選択肢から外す理由がありません。私は、簿記1級だけじゃなく証券アナリストなどもTACの講座を受講して合格しています。

TACと大原をおすすめする理由
  1. カリキュラムを100%消化できれば絶対に受かる
  2. 教材の質がこれ以上ないぐらい高い
  3. 1年強かけて、じっくり学べるコースがある(簿記2級範囲の復習付き

授業を受け始めれば「こんな良い教材で授業を受けてる人がいるんじゃ、独学の人は勝てないじゃないか!」ということに気づくと思います。本当にクオリティが高いです。

いちばんおすすめなTACの場合、2級の復習講座がついていたりするので、このへんからキッチリ受けておきましょう。

ちなみに、どちらのスクールも教育訓練給付金制度対象の講座があるので、スクールに支払った料金の20%は取り戻すことができます

また、TACは上場企業なので「株主優待」のチケットをネットオークションなどで手に入れれば受講価格を10%割引できます。

例:TAC 1級合格本科生 1年コース 165,000円

  •  →株主優待で10%OFF!→16500円引き!
  • →教育訓練給付金で20%取り戻す!→29700円キャッシュバック!

結局、46,200円お得に受講できることになります。12万円程度で受講できるということになります。

どちらのスクールも授業の質には絶対の安心感があるので、個人的には株主優待のチケットで割引受講できるぶんだけTACをおすすめします。

とはいえ、好みの問題もあるので、比較対象として大原も検討してもいいかなという感じです。

資格スクールのパンフレットには、合格者体験記などネットでは手に入らない良質な情報が含まれているので、是非請求してみて下さい。単純に、読み物としても面白いですよ。

 

条件③:10代~20代であること

なぜ年齢制限をもうけているかというと、30代未経験からのキャリアチェンジはかなり厳しいのが実情だからです。簿記1級に合格できても、評価されにくいのです。

上記で説明した通り、簿記1級はバリバリの実用資格です。その価値を生かすためには、自分の市場価値(年齢)の側面についてもよく考えておく必要があるということですね。

 

こんな感じで

  1. 会計に関する仕事に就く気があって
  2. スクール代を捻出できて
  3. まだ若ければ(10~20代)

いきなり簿記1級にチャレンジする合理性はあります。非常に効率的ですね。

※こびと株.comメンバーの1人は、いきなり簿記1級から独学で受かっていますが…こういう人はレアケースなので、あまり参考にしないようにしましょう(笑)

 

いきなり簿記1級にチャレンジする場合の手順

手順①:簿記3級のテキストを流し読み

評判の良い3級のテキストを1冊だけ読んでおきましょう。売上No1の人気書籍ながら、お値段は1,080円と最安クラスです。

このお金すらモッタイナイという人は、アプリやネットの学習サイト、youtubeなどで学習しても全く問題ありません。

簿記3級は毎回の受験者が10万人もいるマンモス資格です。優良教材・情報がそこら中に転がっているので、教材には困りません。本当に、なんでもいいですよ。

手順②:スクールに申し込んで、100%講師の指示に従う

上述のTACもしくは大原に申し込んで、講師の言いなりになればOKです。オリジナルの学習ノウハウは不要です。予備校のテキストと講師の授業を妄信しましょう。

簿記1級、証券アナリスト、簿記論と色々な教室講座を受けてきましたが、結局のところ合格にたどり着けるのは

  • 毎回の授業に欠かさず出席して
  • 講師の指示通りカリキュラムを消化した人だけ

です。鉄棒のぶら下がり競争みたいなものですね。どんどん脱落していくので、落ちないようにくらいつくだけで合格できます。シンプルですね。

TACと大原の簿記1級講座は、短期間のカリキュラム(5カ月で合格!)とかではなく、たっぷりと学習時間が確保されているものを選んでくださいね。さすがにいきなり簿記1級で短期合格は厳しいですから。

 

まとめ:簿記1級をいきなり受検するという選択は悪くはない

時間とお金を節約できるからですね。

ここで1つ、保険をかけておきましょう。

もしいきなり簿記1級を受検して、合格できなかったらどうしましょう?

 

ーーー大丈夫です、簿記2級に楽勝で受かります

勉強した成果は、必ずカタチに残せます。そして、まだ若ければ簿記2級の実績があるだけで、仕事も見つかるでしょう。知識は簿記1級レベルなのだから、実務でも重宝されるでしょう。

つまり、いきなり簿記1級を受けることのリスクはそんなに大きくないということですね。悪くない勝負だと思いませんか?

というわけで、これがまとめです。

まとめ!

簿記2級・3級を受けないで簿記1級から受けるのは全然アリ!

  • 理由:簿記1級は2級・3級に受かっていなくても受験できるから
  • 条件①:会計の関する仕事をする気があること
  • 条件②:スクール代を捻出できること(10数万円です)
  • 条件③:10代~20代であること
  • 手順①:簿記3級のテキストを流し読み
  • 手順②:スクールに申し込む→すべて講師の言う通りにやる

うまく予備校を使って、勝利を勝ち取ってください!

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

シーウィード

こびと株.comの管理人(役割:投資対象の選定)。お金の話と健康をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理/財務部で財務諸表を作成している会計の専門家(日商1級・証券アナリスト)。40歳時点で給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。