営業マンのストレスは本当にヤバい!典型的な7つのストレス

スポンサーリンク
学生1
営業はストレスがヤバいって聞いたけど…ほんと!?
学生2
就職して営業に配属されたら、どんなストレスがあるんだろう…

こんな人向けの記事です。

この記事を読むとコレが分かる!
  • 営業マンの抱えるストレスについて
  • 就活生が気を付けるべきポイント

 

営業マンの抱えるストレス7選

どんなストレスがあるのか、具体的にみてみましょう。

 

①商品に納得ができないストレス

営業マンの仕事は、勤め先の商品・サービスを売ること。選り好みは、なかなかできません。

自分が納得していない商品をお客さんにすすめなくてはいけない場面が出てくると、これはかなりのストレスです。

営業マン1
この商品、値段の割にいまいちだよなぁ…でも売らないと…仕事だから…
営業マン2
本当はライバル社のあの商品の方が、安いし質もいいんだよなぁ…うちの商品だからって、高くて品質が悪いモノ勧めるの罪悪感あるなぁ…あぁ営業行きたくない…
営業マン3
あのお客さん、ボクを信じて契約してくれちゃった…でもこのサービス、ボク自身は絶対契約しないレベル…実は苦情も多いし…あぁ申し訳ない…

商品に納得できていない営業マンは、今日もうしろめたさと戦いながら営業を行う羽目になるのです。

 

②ノルマ達成へのプレッシャーからのストレス

営業と言えばノルマ。「ノルマに追いまくられる」というのは、営業マンの典型的なイメージですよね。

そこは残念ながらイメージ通り。営業マンの抱える、ノルマ達成へのプレッシャーはかなりのものです。

なぜなら、売れなかったときの不利益が著しいから。

  • 給料が下がる
  • 降格される
  • 上司に怒られる
  • 同僚に白い目で見られる
  • 後輩から軽んじられる………etc.

ノルマに苦しむ営業マンは、月末〆が近づくたびに胃痛と戦いながら営業を行う羽目になるのです。

 

③ムチャなお客からのストレス

ムチャなお客さんというのは、どこにでもいるものです。営業職はお客さんとの接点が最も多い職種。ムチャなお客さんの被害にあう可能性もNo.1です。

まずよくあるのが仕事上のわがまま。

お客さん1
商品についてわからないとこがあるから、今すぐきて。…他の約束?就業時間外?知らんがな。すぐ来てくれないと困るよ。すぐって言ったらすぐだからなっ!
お客さん2
この間お願いした商品ですけど、急遽仕様を変更してほしいの。…納期?もちろん予定通り明日の納品じゃないと困るわよ。頼んだからねっ!

さらに、営業に尽きものなのが接待。接待に関するわがままにはさらに手を焼きます。

お客さん3
いやぁ、昨日はありがとー。おいしかったよー。…ん?商品?その話はまた今度ねっ!…それより今週末も、ひとつ、よろしく頼むよ!

ムチャなお客さんに付き合わされる営業マンは、今日も振り回されながら営業を行う羽目になるのです。

 

④ムチャな上司からのストレス

そしてムチャをいうのはお客さんだけではありません。ムチャな上司というものも、残念ながらどこにでもいます。

  • 部下に嫌がらせのようにプレッシャーをかけるのが、自分の仕事だと勘違いしている上司
  • 部下の忙しさを考えず、自分の担当分の事務作業を押し付けてくる上司
  • ノルマが達成できないと、パワハラまがいに怒鳴り散らす上司
  • 部下の仕事の成果を横取りしかねない上司………etc.

困った上司にあたってしまった営業マンは、今日も歯をくいしばって営業に向かう羽目になるのです。

 

⑤社内関係者との調整によるストレス

営業マンにはさらに、社内の関係者と連携しながら働かなくてはならない場面があります。

  • 営業に関わる事務作業を担当する、営業事務部門との連携
  • 商品の専門的知識をもつ、技術部門との連携
  • 異動によって担当変更があった場合の、前任者との連携………etc.

関係者にもいろいろな人がいます。相性の悪い人もいれば、だらしのない人もいるでしょう。お客さんとの間に挟まれて、各担当者と連携するのにはなかなかの苦労があります。どうしても、トラブルが起きがちです。

営業事務担当者
先週の注文の処理はどうなっているか?…あら。先週注文処理なんかあったかしら。えぇーっと…書類はどこにしまったかな…うぅーん…まぁ探してみますよ。あとでね!
技術部門担当者
そんな仕様変更はできないですよー。え?先月できるって言ったじゃないか?…いやぁそうでしたかねー?そんなことないと思いますよー?…お客さんにもうできるって言っちゃった?…そんなのボク知らないですよー。無理なモノは無理ですから、そこんとこよろしくお願いしますー。
前任者
え?前期の注文のことでお客さんから苦情?…そりゃぁ、オレは前期でそこの担当終わりってわかってたからねー。最後は結構無理して押し売りしたよ~。…でももうオレそこの担当じゃないから!あとはキミががんばって!オレはもう知らないよー。

社内で社外でムチャを言われる営業マンは、心身に疲労を抱えながら営業を行う羽目になるのです。

 

⑥長い残業時間へのストレス

営業マンは残業時間が長くなりがちです。

総務省「平成24年就業構造基本調査」によれば、「販売従事者」の45.3%は1週間に49時間以上働いています。

労働基準法には、1週間の労働時間を40時間以下とするよう定められています。販売従事者の半分近くが、労働基準法の原則を2割以上上回る長時間労働を行っているのです。

さらに言えば、49時間以上働く人のうち、44.2%は1週間の労働時間が60時間を超えています。これらの人々は、月間80時間以上の残業をしている計算になります。

月間80時間の残業と言えば、いわゆる過労死ラインにあたります。販売従事者の2割が過労死ラインを超えて働いているわけです。

残業まみれの営業マンは、死と隣り合わせで営業を行う羽目になるのです。

 

⑦休みをとれないストレス

残業が多いだけではなく、休みをとれないというのも、営業マンにありがちな事態。

営業マン1
それぞれのお客さんの担当は僕だけだから休めないです…計画的な有給消化どころか、体調崩したときだって…
営業マン2
有給?そんなの夢のまた夢。オレは休日出勤さえなけりゃ満足なんだよ…
営業マン3
月月火水木金金…これじゃまるで軍隊…いつまでこんなの続くんだろう…。

休みがとれない営業マンは、涙をのんで営業し続ける羽目になるのです。

 

営業マンのストレスには、相性の問題と本当にヤバい問題がある

上記7選でご紹介した営業のストレスは、大きく3種類にわけられます。商品との相性の問題、職種との相性の問題、長時間労働の問題です。

(商品・職種との)相性の問題については、「ストレスのたまり具合は人それぞれ」ということになります。向いている人にとっては楽しく、向いていない人にとっては辛い仕事なのです。(就活中の皆さん、ぜひ、自分に向いている仕事を選びましょう!)

しかし、長時間労働の問題は違います。これだけは別格。絶対に軽視してはいけない問題点です。

 

商品との相性

ストレス7選のうち、「①商品に納得ができないストレス」を抱えてしまう営業マンは、商品との相性が悪いのだといえます。

営業という仕事に問題があってストレスが生まれているわけではありませんから、売る商品を変えれば解決する可能性があります。

就活生にとっては、会社選びが重要だということになります。自分がどう感じる商品で稼いでいる会社かをきちんとチェックして、「この会社の商品は本当にお客さんのためになる」と思える会社を選びましょう。

営業は、会社(ひいては売るべき商品)を間違って選ぶと、ストレスの大きい仕事です。

 

職種との相性

ストレス7選のうち、「②ノルマ達成へのプレッシャーからのストレス」や「③ムチャなお客からのストレス」「④ムチャな上司からのストレス」「⑤社内関係者との調整によるストレス」は、営業職に向かない人が抱えがちなストレスです。

営業職の多くにはノルマがあります。しかしこのノルマに対しては、プレッシャーに潰されてしまう人がいる一方で、刺激になる・ヤル気のもとになると感じる人もいます。

また、営業職は、お客・上司・社内関係者など、様々な人と関わりながら進めていく仕事です。人間関係を上手に築ける人にとっては楽しく取り組める仕事でしょうが、コミュニケーションが苦手な人にとってはただただ辛い仕事になりかねません。

就活生にとっては、自分が営業職向きかどうかをしっかり判断することが重要になります。

 

フルーツ
こびと株.comメンバーは皆、「自分は営業職には向いていない」という理由で、営業以外に絞って就活をしました。そして無事営業以外での就職を勝ち取り、自分に向いた仕事で平穏に暮らしています。
シーさん
その一方で、周囲を見渡すと、僕らとは逆に「営業にこそ向いている」「内勤なんてムリ」という人もまぁまぁいるね。
フルーツ
そうですね。…それでも、私は就活中の知り合いには、決して営業をすすめません。長時間労働がこわいからです。
シーさん
そうだねぇ。営業が長時間労働になりやすい職種だっていうのは、見過ごせない点だね。

 

長時間労働

総務省の調査によれば、営業職の2割以上が、週に60時間以上働いているといいます。これは、過労死ラインと呼ばれる、月間80時間以上の残業に相当する勤務時間です。

長時間労働には、相性も向き不向きもありません。長時間労働が続けば、心身を損ないます

フルーツ
私も80~120時間程度の残業を3ヶ月続けた経験がありますが、きっちり身体を壊しました。突然ベッドから起き上がれなくなり、吐き気とめまいと頭痛で動けない日が1週間続きました。「これが続くと死ぬんだなぁ」と思いました。(私の場合は、最初から3ヶ月限定とわかっている長時間労働だったので、ゆっくり休んで無事回復することができました。)

さらに、長時間労働の環境からは、逃げ出すことが難しいです。例えば転職しようと思っても、転職活動や他分野の自己研鑽に充てる時間がとれないからです。

営業職は、長時間労働になりがちな職種です。就活生のみなさん、この点だけは、本当に注意してください。

シーさん
営業職のストレスがヤバいと思うのは、長時間労働になりがちな職種だから!

 

営業職を検討している就活生(・転職志望者)へ

営業マンの抱えるストレスからみて、営業職を希望する就活生(・転職志望者)が注意すべきポイントは以下の3つです。

  1. 納得できる商品を売る会社を選ぶ
  2. 自分が営業に向いているかどうかチェックする
  3. 長時間労働に気を付ける
フルーツ
3つのポイントに気を配って、すてきな就職先を見つけてくださいね!

 

おまけ:お悩み別おすすめ

①自分が営業に向いているかどうか悩む就活生へ

学生1
ボクって営業に向いてるのかな…どんな人が営業に向いてるんだろう?

こんなあなたには、以下の記事がおすすめです!ぜひ目を通してみてください。

営業職への向き不向きを考えよう!あなたの性格は営業向き?

2017.11.20

営業という職種には種類がある!種類ごとに仕事内容を紹介するよ!

2017.11.15

 

②会社の選び方に悩む就活生へ

学生2
どの会社が「納得できる商品を売る会社」かわかんない…長時間労働になりにくい業界とか会社ってあるのかな…

そんなあなたは、プロに相談してみるのが一番。就活サービスを利用してみましょう!

なかでもおすすめはキャリアチケット。6万人以上のサポート実績のある、就活アドバイザリーサービスです。

面談に出かけると、プロのアドバイザーが無料で相談に乗ってくれます。マンツーマンでフォローしてもらえて、かなり安心。履歴書の添削模擬面接非公開求人の紹介など、至れり尽くせりのサービスです。

アドバイザーは、業界や会社に詳しい第三者として、あなたをよりよい会社に導いてくれるでしょう!

【キャリアチケット】評判・口コミ・メリットデメリット…実態を徹底解説!

2018.04.16

 

③営業以外の仕事がしたい就活生へ

学生3
こんなストレスやだっ!私は営業じゃない仕事がしたい…

そんなあなたには、以下の記事がおすすめです。7割が営業ともいわれる文系学生の中にあって、狙い通り営業以外での就職を勝ち取ったこびと株.comメンバーが、営業以外での就職について解説します!ぜひご覧ください。

【文系大学生が営業以外で就職するために必要なこと】まだ間に合うかも!?わがままな就職を実現したいあなたへ

2018.07.21

文系だけど営業以外の職種に就職したい!学歴もスキルも自信がない文系学生は「プログラマー」として就職するという選択肢があります

2017.06.18

 

④営業に配属されて、悩んでいる人へ

営業マン1
やっぱり、営業はつらいよ…

そんなあなたには、以下の記事がおすすめです。

忙しい営業マンにもできる、手軽な転職活動…それはスカウト待ち+エージェント利用の転職滑動です。
自分の手間は減らしつつ、営業でない仕事にグッと近づく方法です。

【リクナビネクスト 評判】スカウト待ちが最強!実体験に基づく最適活用法

2018.05.09

MS-Japanの評判を徹底解説!実際に利用した経理マンがメリットを紹介します

2018.05.30

 

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comのメンバー(役割:保有銘柄のウォッチ)。某有名大学で会計を学んだ後、一部上場企業の経理/財務部で働いている。持ち前の情報収集力・財務分析力を武器に、保有銘柄のウォッチを行っている。