体が弱い人の7つの生存戦略【人より少し体力が少ない人へ】

スポンサーリンク
体が弱い人
なかなか人と同じだけ頑張れない…。体が弱いって辛いなぁ…
体が弱い人
体が弱い私でも、いろんなことで成果を出せる方法ってないのかな?このままだとなんか不安だ…

こんな人のための記事です。

 

この記事を読むと、体が弱い人がとるべき戦略がわかります

フルーツ
体が弱くたって、きっちり成長しながら、楽しく幸せに暮らしたい。この記事では、そのための方針をご紹介します♪

 

この記事のポイント

自分にあった戦い方を工夫すれば、体が弱くても成果は出せる!

体が弱い人には

  1. 自分のフィールドでだけ
  2. コツコツと
  3. 持続可能なペースで動き続ける!
  4. 生活リズムを一定に保ち
  5. 計画しやすい仕事を選んで
  6. 使えるものはなんでも使えばなんとかなるっ!
  7. そして、体が強い人のコメントは受け流す

といった意識が必要。

フルーツ
自分のペースで少しずつ伸びていくのが重要です♪

 

体が弱い人

この記事でいう「体が弱い人」は

  1. 大きな病気をするわけじゃないけど、よく風邪をひく
  2. 持病があるわけでもないけど、週に一度は頭痛や腹痛に悩まされる
  3. 入院とかするほどじゃないけど、病院となかなか縁が切れない
  4. 特に原因もないけど、しょっちゅう貧血を起こす
  5. 病気じゃないけど体力がなくて、すぐ疲れてしまう

というような人をイメージしています。

フルーツ
もっと本格的に体が不調な人は、まずは病院に行って病気を治すことからはじめてくださいね。

 

私フルーツは、①~⑤のすべてにあてはまる「体が弱い」タイプです。それでも

  • 仕事
  • 投資
  • サイト運営

などで、少しずつ成果があがっています。

  • 仕事:学歴と資格でホワイトな職場を勝ち取る!
    →定時帰りでも「仕事ができる人」との評判を得る♪
  • 投資:当サイトの運営メンバー4名で、独自の「こびと株」理論を考案w
    →日々の株価に振り回されず、着実に配当金を入手
  • サイト運営:日々コツコツと、無理のないペースで更新中。
    →最近は数か月連続で、15万円程度の収益が発生♪

という具合です。

自分にあった戦い方を工夫すれば、体が弱くても成果は出せる!」…このことを伝えたくて、この記事を書いています

「体が弱いからできないこと」は放っておいて、「体が弱くてもできること」をやっていく。そんな方法をご紹介できたらな、と思っています。

フルーツ
この記事が、同じことに悩む人のお役に立ちますよーに。

 

戦略①体が弱い人は、自分のフィールドでだけ戦おう!

体が弱い人・体力がない人は、自分の得意分野でだけ戦うように意識しましょう。

私はコレを、中学生時代、帰国子女を見て心に誓いました。

「この子たちと英語で戦うなんてありえない…!」

彼ら彼女らに追いつき、追い越すには、ものすごい時間とエネルギーが必要でしょう。体力の無い私は、とても手に負えないことだと感じました。

 

体が弱い人は、物事にそそげる時間やエネルギーが限られています。それを

  • 均等にたくさんの分野に
  • 苦手分野のフォローに

配分したら、自信を持てるフィールドが無くなってしまいます。

 

  • (比較的)得意なこと
  • (なんとなくでも)好きなこと
  • (少しだけでも)自信を持てること

そんなことに注力して、戦いやすい場所でだけ戦うようにしましょう。

フルーツ
私の苦手なことは、誰かの得意なこと。自分が苦手なことは、それが得意な人に任せてしまえばOKです♪

 

私は職場で

  • 数字が得意
  • 法律など小難しい文章を読むのも得意
  • システムの扱いが得意
  • 英語が比較的得意

といった面を活かして働いています。

一方で

  • プレゼンは嫌いだし苦手
  • 飽きっぽい(同じ作業を長く続けさせるとパフォーマンスが落ちる)

といった点も、自他ともに認識しています。

プレゼンは誰かにやってもらう、飽きたら我慢しない。できることとできないことを明確にするのは、自分にとっても周りにとっても、ストレスの少ないことだと思います。

フルーツ
自分の苦手な面をフォローしてくれる人には、しっかり感謝してしましょう!

 

このブログを運営していくなかでも、私は「記事を書くこと」に特化しています。

  • サイトの管理は別のメンバーに
  • Twitterの運営も別のメンバーに
  • サイトデザインは、STORKにお任せ

各メンバーが得意を活かしてサイトを運営し、だれも得意でないところは外部のプロに頼る…これが、こびと株.comメンバーの選んだ道でした。

私は、記事を書くので精一杯。何もかも自分でやろうとしたら、間違いなく、途中で挫折していたでしょう。

フルーツ
STORKは、初心者ブロガーの強ーい味方っ!STORK買ってなかったら、ブログ運営のスタートラインにさえ立てなかったかも…。

ワードプレステーマ「STORK(ストーク)」を使うとwordpress歴10日の初心者がここまでできる。初心者に絶対おすすめのテーマです

2016.10.18

 

戦略②体が弱い人は、コツコツ派になろう!

例えば1ヶ月後にテストがあるとき、体力のある人なら

体の強い人
一夜漬けでも乗り切れるさ!前日徹夜すればなんとかなるっ!

という対応も可能ですが、体の弱い人にこれはできません。

体の弱い人
徹夜なんかしたら倒れちゃう…。直前に詰め込むなんてムリかも…。

ですから、体の弱い人が成果をあげるためには、どうしてもコツコツ派にならざるを得ません

  • 人より早く準備をはじめる
  • 止まらないし急がない
  • 多少体調を悪い日でも続けられるペースで
  • 毎日少しずつコツコツと…

体が弱い人には、こんな取り組み方が向いています。

フルーツ
毎日コツコツ細く長く!

↓の記事では、コツコツ派の資産形成についてご紹介しています。

30代前半からの資産形成【コツコツと実践中】

2017.08.29

 

戦略③体が弱い人は、持続可能なペースで動き続けよう!

体が弱い人は、周りのペースに流されてはいけません。周りと同じペースで走ろうとすると、きっと身体を壊すからです。

フルーツ
自分が続けられるペースで、ゆっくり着実に進みましょう♪

 

こびと株.comメンバーは、残業生活からの脱出を誓っています。

残業が嫌いならしなくていい!目指すは「雨にうたれる子犬に傘をさす不良」のポジション

2018.06.13

メンバーそれぞれに理由や事情はありますが、私の場合は「体力がない」というのが大きな理由のひとつです。

体が弱い人が歳を取れば、より一層体が弱くなるのは、ごく自然な出来事です。残業生活を続ければ、体力の限界がくるのは目に見えていました。

  • めまいがする
  • 夜眠れない
  • 手足がしびれる
  • 動悸がする
  • 食欲がない

このあたりの症状を考えて、残業ゼロ生活への移行をきめました。

 

友人
やめようやめようと思いながら、つい残業しちゃうんだよねー

体の強い人は、それでもいいのかもしれません。

けれども、体が弱い人は、意志を強く持たなくてはいけません。自分の身体を守りながら成果を出すには、自分のペースで進むことが、どうしても必要です。

 

戦略④体が弱い人は、生活リズムを一定に保とう!

体が弱い人にとっては、毎日を同じリズムで暮らすことが重要です。

フルーツ
睡眠や食事の時間を固定すると体に良いというのは、有名な話ですね。

 

また、同じリズムで暮らすことで

  • いちいち予定に悩んで、気力を使う
  • 自分の疲れ具合をチェックしそこねる

といったミスも、ぐっと減らすことができます。

フルーツ
同じリズムをたんたんと繰り返すことで、周りもだんだん慣れてきます。周りと違う部分があっても「彼女はそういうタイプ」ということで、受け入れてもらえるようになります。

 

例えば私は、平日5日間

  • 05:00→起床。朝ごはん
  • 05:30→ブログを書く
  • 07:00→外出用意
  • 07:30→通勤
  • 09:00→サラリーマンとして働く
  • 12:00→お昼ご飯
  • 13:00→サラリーマンとして働く
  • 18:00→退社
  • 19:00→夜ご飯
  • 20:00→帰宅
  • 21:00→お風呂
  • 22:00→就寝

という生活を、毎日続けています。判で押したように同じ5日間。これが、一番疲れません。

フルーツ
体力と気力を、余計なところで使わないように工夫して、ブログ・仕事・休日の遊びのためにとっておくことが重要です♪

 

戦略⑤体が弱い人は、計画しやすい仕事を選ぼう!

体が弱い人には、スケジュール管理のしにくい仕事は向きません。体調がよくないときに、自分でスケジュール調整ができないことは、大きなプレッシャーになるからです。

できれば、

  • お客さんや上司に振り回されず
  • 自分で計画をたててコツコツと進められ
  • 休暇の取得についても、周囲の理解を得やすい

こんな仕事が良いでしょう。

 

私フルーツは8年間、上場企業の経理部で働いてきました。

フルーツ
経理は体の弱い人に超おすすめ!!

だと考えています。

もちろん会社によって違いはあるでしょうが

  • お客さんと接しないので、突発的で緊急の出来事が少ない
  • 何か月も先まで大体の予定は見えているので、スケジューリングしやすい
  • 業務の区分が明確なので、自分の仕事を終えていれば休みもとりやすい

という特徴があります。

フルーツ
体が弱くて今の仕事がつらい人は、経理への転職も検討してみてください。きっと、自分のペースでの努力がグッとやりやすくなりますよ♪

未経験から経理に転職する基本戦略!専門性を身につけてお気楽内勤生活を手に入れよう!

2017.09.11

 

戦略⑥体が弱い人は、使えるモノはなんでも使おう!

さきほども書きました通り、体の弱い人には物事にそそげる時間やエネルギーが限られています。ですから、限られた時間・エネルギーを、効率的に使うことが大切です。

そのためには、便利なツールやサービスなど、なんでも利用しましょう。親切な友達や家族など、感謝して頼りましょう。

フルーツ
遠慮したり、意地を張ったり、ケチケチしたり…体の弱い人に、そんなことをしている余裕はありません。サービスは、意識して使いましょう。サポートは、感謝して受け取りましょう♪

 

例えば、学びたいことがあったとき。

関連する資格の講座など適切なものがあれば、私は迷わず予備校を使います

  • 簿記
  • 税金
  • 証券アナリスト

このあたりの勉強では、大原TACにずいぶんお世話になりました。

フルーツ
体の弱い人こそ、予備校を使って効率的に勉強をっ!

 

サイト運営についても、体力のない私が1人で取り組めば、力尽きるのが目に見えていました。ですから、「こびと株.comチーム」を結成し、お互いに補い合いながら運営を行っています。

「全員が同じだけ時間をかけるべきっ!」「今日ボクはこれだけやった。キミも同じだけやって!」という考え方ではなく

  • 体や心の調子に合わせて、がんばれるだけがんばればいい
  • かける時間とあがる成果は別。成果があがれば時間は短くてもいい
  • がんばったメンバーには、「ありがとう」を忘れない
  • つらいときは休めばいい。そのとき元気のあるメンバーがフォローする
  • だれもサボろうとはしない

というメンバーばかりなので、体が弱い私もストレスなくサイト運営に参加できています。

フルーツ
体の弱さを理解してくれる仲間が見つかると、がんばりやすくなります!

 

戦略⑦体が弱い人は、体が強い人のコメントを真に受けない

体が弱い人には、体が強い人にはわかりにくい悩みや辛さがあるものです。

  • 気合だよ気合!もっとがんばって!
  • ちょっとおおげさなんじゃない?
  • 気にしすぎだよ。病は気からっていうでしょ。
  • 運動しないからいけないんだよ。
  • オトナなんだから、体調管理くらいしてよ…。

体力のある人のこういったコメントを、辛く感じてしまうことも少なくないと思います。

フルーツ
ちょっとした疲労や気温の変化で不調がでる辛さは、体が強い人にはなかなかピンとこないようです。体験したことがないから仕方ないよね、と割り切って考えましょう!

 

体の強さは人それぞれです。体力のある人には想像しにくい事態が、弱い人の体には起きてしまうのです。

ムリなアドバイスや、キツいコメントがあったときには

  1. 笑って聞き流す
  2. 辛い気持ちを伝える
  3. 無視する
  4. その人から離れる

など、とにかく影響を受けないように工夫しましょう。

フルーツ
生まれ持った体力に違いがありすぎるので、あまり真に受けないのがおすすめです。

 

体力の違いを考えないアドバイスを受けても

  • イライラする
  • 自分を責めてしまう
  • 言われた通りにやって体調を崩す

といったことが無いようにしましょう。

フルーツ
他人は他人、自分は自分。体が弱い人はマイペースが重要です♪

 

体が弱い人の生存戦略まとめ:弱いなりの戦い方がある!

自分にあった戦い方を工夫すれば、体が弱くても成果は出せる!

体が弱い人には

  1. 自分のフィールドでだけ
  2. コツコツと
  3. 持続可能なペースで動き続ける!
  4. 生活リズムを一定に保ち
  5. 計画しやすい仕事を選んで
  6. 使えるものはなんでも使えばなんとかなるっ!
  7. そして、体が強い人のコメントは受け流す

といった意識が必要。

フルーツ
自分のペースでちょっとずつ伸びていくのが重要です♪

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comのメンバー(役割:保有銘柄のウォッチ)。某有名大学で会計を学んだ後、一部上場企業の経理/財務部で働いている。持ち前の情報収集力・財務分析力を武器に、保有銘柄のウォッチを行っている。