資格だけでは「お金持ち」にも「自由」にもなれない理由

こんにちは、シーウィード@こびとが見える経理マンです。

大学3年生の頃に「簿記」に目覚め、それ以来資格マニアへの道を歩んで参りました。

保有資格
  • 簿記1級
  • TOEIC860点
  • 証券アナリスト
  • ビジネス会計検定1級
  • ファイナンシャルプランナー2級
  • 初級システムアドミニストレータ
  • MOS(Word,Excel,Powerpoint,Outlook)
  • 危険物取扱者
  • 衛生なんとかかんとか

その他いろいろ

受験には至りませんでしたが、税理士試験の法人税、消費税なども勉強しました。

資格の勉強を通して感じた3つのことをまとめてみます。

 

学習効率は良い

資格試験として運営されている時点で、関連する知識が体系的にまとめられており、学習効率が良いです。

資格ビジネスという商売になっているおかげで、教材のデキも洗練されています。合格という明確なゴールがあるのも学習しやすい要因です。

未知の分野を学ぼうとするなら、資格をとろうとすると効率が良いと思います。

 

一部の国家資格は運営に失敗している

こういうことを言うと怒られるかもしれないですけど、法学部卒の現役経理マンの私見ということでご容赦ください。

おおどころで言うとこの2つ。

  • 弁護士
  • 会計士/税理士

このへんは、完全に国が需給バランスを見誤ってますよね。

私が大学を卒業する頃に、法科大学院が新設されました。法科大学院を卒業できれば合格率80%という言葉に踊らされた同級生たちのなかには、今もワーキングプア状態のひとたちがたくさんいます。

会計士の就職難問題とかを見るにつけ、日本において国家資格を人生の主軸に据えるのはリスクとリターンが見あってないと感じます。

医療系の資格はどうなんでしょう?こっちはよく分かりませんが、あんまり良い話は聞かないですね。

 

資格に頼る=ビジネス運営力が低い

資格をとる目的ってこんな感じでしょうか。

  1. その資格がないとやれない社会的意義の大きな仕事がしたい(医師/弁護士など)
  2. 好きなことをやりつつそこそこ稼ぎたい
  3. 手に職をつけて安定したい

私は後者(②、③)なんですが、こういう発想の人はビジネスの運営力が低いんでしょうね。

お金はそこそこに稼ぎたいんだけど、

  • 新しいビジネスモデルを考えられない
  • ビジネスを始めるためのリスク(初期投資)を背負えない

だから、規制産業の枠組みにハマろうとするわけです。ゼロからアイデアを考える必要がないですからね。

結果的にどうなるかというと、コモディティ化します。自分自身が、他者と差別化できない一般的な商品になるということです。

知り合いの経営コンサルタントは、中小企業診断士と名乗るとコモディティ化するから、中小企業診断士の資格は持ってないことにしているそうです。

 

昔の自分に伝えたいこと:資格だけでは自由にもお金持ちにもなれない

資格だけでは自由にもお金持ちにもなれない可能性が高いです。

理由は3つ。

  1. 資格は、とればとるほど自分がコモディティ化する
  2. 拡張性がないのである日ドカンと稼げるようになるというロマンはない
  3. ”払う側”に回っている(資格で安定的に儲けているのは、関係者(運営者と予備校とコンサル)です)

知識を身に付けるための入口としては悪くないですが、お金持ちからは遠ざかる気がしますね。やっぱり、資格に頼る時点で発想が一般的・保守的なので…

いい会社に入るためとか、転職のためという理由なら、価値のある資格はそれなりにあると思います。しかし、やっぱり自由とかお金持ちからは遠いですよね。

結論として、「ビジネス」か「金融資産(株/不動産)」に精通することが重要だと思うわけですが、その観点からはこの2つの資格があれば基礎知識は十分だと思います。100時間もかからないでしょう。

FP3級/FP2級を学習する3つのメリット&独学勉強法

2018.02.19

日商簿記2級のまとめ(勉強方法・勉強時間、合格率・難易度、おすすめテキスト・過去問集など)

2017.12.13

あとは実践あるのみ。

ブログ運営でもなんでもいいのですが、とにかくもっと早いうちから「会社を通さずにお金を稼ぐ」という経験をしておくべきだったなぁと思います。

私と似た考えの人の参考になれば幸いです。

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

シーウィード

こびと株.comの管理人(役割:投資対象の選定)。お金の話と健康をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理/財務部で財務諸表を作成している会計の専門家(日商1級・証券アナリスト)。40歳時点で給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。