転職面接に落ちた時、すぐできる対策5選【ショックを乗り越えて】

転職活動中
面接落ちた…ショックすぎる…
転職活動中
私も落ちた…最終面接だったのに…ショックから立ち直れない…

こんな人のための記事です。

 

面接で落ちるというのは、何にせよショックが大きいもの。

  • 志望度の高い会社だったのに…
  • 面接はうまくいったと思ったのに…
  • そろそろ内定とれないとヤバイのに…

と、なかなか気持ちが切り替えられない人も多いことと思います。

 

フルーツ
とはいえ、なんとかショックを乗り越えて次に進んでほしい…!

だって、

  • 来週は他社の面接に行かないと
  • 次に向けて書類選考からやり直さないと
  • とりあえず今の職場で働かないと

などなど、それぞれの事情の中で、働いて生活していかなければならないからです。

 

この記事では、面接に落ちた人が今すぐできる「次のための対策」を5つ、具体的にご紹介します。

フルーツ
面接で落ちたからって、あなたの未来が閉ざされたわけではありません

ぜひ、落ちた面接を踏み台に、より良い会社への転職をもぎとって下さい!

 

「面接に落ちた!」のショック3選

まずは、転職面接に落ちたとき一体何がそんなにショックなのか、少し分解して考えてみたいと思います。

フルーツ
よくあるのは、ざっくりこの3つのうちの1つ(もしくは複数)です

 

ショック①自分は必要とされていない

転職活動中
面接で落ちるっていうことは、オレなんて必要とされていないってことよね…

こんな風に考えて、ショックを受けてしまっている人、いるかもしれません。

でも、それはとんでもない思い込みです。

 

まず、面接で落ちる理由が、「必要ないから」だとは限りません

  • 今回募集した人材像とは違った
  • 相対評価で、別なハイスペック人材に獲られた
  • あなたがオーバースペックに見えて、遠慮された
  • なにか外に言えない選考基準があった(体育会系しかイヤ、男性しかイヤ、実は顔採用…etc.)

色々なパターンが考えられます。

 

さらに、面接で相手先企業に見せているのは、あなたの中の限られた一面でしかありません

  • 面接では説明しそびれた仕事力
  • 伝えるのに時間のかかるコミュニケーションの形
  • アピール方法がイマイチだった経験

など、うまく表現できなかったために、「本当は相手先企業に必要な人材なのに、落ちてしまった」というケースも少なくないでしょう。

 

そして、あなたを「落とす」と判断したのは、たった1社(せいぜい数社)の採用権限者でしかありません。

それだけで、

フルーツ
世の中から必要とされていない落ちこぼれなんだ…みたいに思い込むのは、全く持って非合理です。そんな気持ちは、今すぐゴミ箱に捨てちゃって下さい!

 

そもそも、中途採用というのは

  • 採用数:1人に対して
  • 応募数:30人

みたいな世界です。

フルーツ
「落ちる方が当たり前」くらいの感覚でちょうどいいかもしれません(笑)

 

いずれにせよ確かなのは、面接で見られているのは、あくまで「仕事面でのあなた」だけだということ。

「あなたという人間」全体が、「不要である」と評価されているわけでは全くないことを、しっかり認識しておく必要があります。

 

ショック②失敗がくやしい

転職活動中
面接で緊張しすぎて失敗したの…。しっかり準備してたのに…。

というショックの受け方もあります。

 

  • 受け答えに失敗した
  • 現職が忙しすぎて遅刻した
  • 十分な準備ができなかった
  • 他社の最終選考に期待しすぎて、内定を蹴ってしまった

など、後悔が残るケースもあるかもしれません。

フルーツ
よく言われることですが、結婚も就職も、最後はご縁の世界です

ミスはミスとして、次に活かせばOK。

その会社とは、残念ながらご縁がなかったと割り切るより他ありません。

 

ショック③今の状況からの脱出口を塞(ふさ)がれた

転職活動中
落ちたってことはさ、今の会社にまだまだ勤め続けないとってことでしょ…ショックでかいわ…

面接に落ちたことによって、

  • 今の会社に勤め続けなくてはいけない
  • 無職である
  • お金がない

といった状況から脱出できなくなってしまったことに、ショックを受ける人もいます。

 

転職活動中
やむにやまれぬ気持ちで始めた転職活動なのに…。せっかく現状が変わると思ったのに…。

ということであれば、気持ちが苦しくなるのは当然ですよね。

とはいえ、1つの会社(あるいは、いくつかの会社)の面接で落ちたからといって

転職活動中
オレは転職なんてできないんだ…

なんて考えるのは、結論を急ぎすぎです。

 

フルーツ
今すぐするべき対策今すぐできる対策が、ちゃんとあります

適切に手を打って、今の状況からはキッチリ抜け出してやりましょう!

 

面接に落ちた人が、すぐできる対策5つ

転職活動中
ホントは、ショック受けてる場合じゃないって分かってるけど…でもどうしたらいいのか…

面接に落ちたらショックを受けるのは、ごく自然なことです。

でも、働かなくちゃならないし、転職活動を成功させたいとは思うし、次の面接のこともある…。

ショックを乗り越えて、次に進む必要があります。

フルーツ
ショックを克服するのに一番大切なのは、具体的に動くこと

どんよりと落ちる気持ちは「無視!」と決めて、行動を開始しましょう。

 

対策①落ちた理由をきいてみる

まずはやっぱり、落ちた面接と向き合うのが1番。

落とされた理由がなんだったのか、想像や妄想ではなく、先方の意見を聞いてみることです。

転職活動中
そんなの、聞けるわけないじゃん…

確かに、先方企業に直接たずねることは難しいでしょう。

でも、間に入っている転職エージェントになら、たずねることができます

優良な転職エージェントなら、先方企業からしっかりヒアリングした上で、次に向けてのアドバイスをしてくれます。

フルーツ
このあたりが、転職エージェントを使う価値のひとつですよね

 

もしも転職エージェント無しで転職活動をしている人がいれば、今すぐ転職エージェント利用の転職活動に切り替えるべきです。

1人での転職活動は、きびしいからです。他の人がプロのサポートを受けているときに、素人が独力で立ち向かうのは「無駄に不利」だと思います。

おすすめは、

を使うこと。

無料できっちりサポートしてくれる優良なエージェントです。かなり優秀・親切なので、安心して相談してみて下さいね。

【転職エージェントが怖い!】怖い理由別の対処法5選【カンタン】

2020.12.18

 

対策②応募先を精査する

次は、自分の内側を見直してみることです。

面接で落とされてしまった会社の仕事は

  • 自分が本当にやりたいことだったか?
  • 条件に惹かれただけではないか?
  • あこがれや高望みではなかったか?
  • 職種や業種は自分に合っているか?

といった観点で、振り返ってみるのです。

転職活動中
アピールが本心でないのを見抜かれたから、面接に落ちたのかもしれないってことね…

 

  • 実はそれほど関心が高くない会社
  • 実はそれほどやりたくない仕事
  • 実は自分と相性のよくない職種・業種

であったのなら、面接に落ちたのは、むしろラッキーだった可能性もあります。

フルーツ
自分の求めるモノをもう一度整理して、次の応募先選びに活かせばOKです

 

対策③セカンドオピニオンをとる

転職活動をスムーズにすすめるには、優良な転職エージェントから適切なサポートを受けることが不可欠です。

そのためには、自分に合った転職エージェントを使うことが重要。ですから

  • 転職エージェントにすすめられたから応募したのに落ちた
  • 面接で落ちるのは数回目である
  • 次を受けようにも、紹介してもらえる求人案件が少ない
  • 転職エージェントと面談しても、新しい視点が得られない

ということであれば、

フルーツ
他の転職エージェントとも面談してみるのがおすすめ

 

転職エージェントごとに、得意・不得意は異なります。

また、同じエージェントの中でも担当者ごとの対応にバラつきがあるのも事実です。

自分に合った求人を紹介してくれない転職エージェントばかりと付き合っていては、面接で落ちるのも当たり前。

といった優良エージェントから、セカンドオピニオンを得てみるのが良いでしょう。

フルーツ
イマイチな転職エージェントに振り回されて自信を失ってしまう人がもいるので、セカンドオピニオンは超重要ですよ~!

【JACリクルートメント評判】実際に7社を使った私が体験談を話します

2019.06.05

 

対策④模擬面接を依頼する

次の転職面接を受ける前に、模擬面接で練習を積んでみるというプランもあります。

転職エージェントによっては、かなり丁寧に

  • 想定問答の作成
  • 本番を想定した模擬面接の実施

といった面接対策をしてくれるはずです。

 

転職面接なんて、人生の中で何百回も受ける人は多くないでしょう。

フルーツ
何事も、事前準備と練習は大切

コロナウイルス感染拡大の影響で、慣れないオンライン面接の機会も増えていますので、準備と練習の重要度はより一層アップしていると思います。

 

対策⑤次の面接の前にすべきことを書き出す

対策①~④を踏まえつつ、次の面接に向けたチェックリストを作成してみるのがおすすめです。

  • 想定問答
  • 職歴→志望動機につながるストーリーの語り方
  • 服装の直前チェックポイント
  • 表情や態度の注意点

といった項目を、ざっくり書き出しておきましょう。

 

面接の直前は、なんだかんだと焦ってしまうもの。

転職活動中
前回落ちた記憶とかあれば、なおさらだよね…

落ちついて次の面接にのぞむためにも、チェックリストは早めに作成しておきましょう。

フルーツ
見返すだけでも心が穏やかになるので、おすすめです♪

 

まとめ:「面接に落ちた!」とショックを受けている人へ

面接に落ちたときは、

  • 自分は必要とされていないのでは?
  • 失敗がくやしい…
  • 今の状況から脱出できなくなった…

などと思い悩み、どうしてもショックを受けてしまいがちです。

フルーツ
とはいえ、落ちた面接には踏み台になってもらって、より良い会社への転職を達成したいものです

 

そのためには、ショックに沈む気持ちは脇に置いて、具体的に行動してみるのがおすすめ。

具体的な「すぐできる対策」としては

  1. 落ちた理由をきいてみる
  2. 応募先を精査する
  3. セカンドオピニオンをとる
  4. 模擬面接を依頼する
  5. 次の面接の前にすべきことを書き出す

の5つが有効です。

フルーツ
ぜひ、1つずつクリアして、転職活動を前に進めていって下さい♪

 

面接に落ちてショックを受けている人の、行動開始に少しでも役立てばうれしいです。

それではまたっ!

 

※関連記事です

【初心者必見】転職エージェント利用のために知るべきポイント8選

2020.09.15

【転職先の選び方】失敗回避のポイント6つ【経理のプロの見抜き方】

2020.05.27

「転職活動やる気がでない」そんなあなたに知ってほしい5つのこと

2020.11.08
スポンサーリンク
スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comの共同管理人。慶應義塾大学卒業後、一部上場企業に就職。経理/財務の実務経験10年超、日商簿記1級、証券アナリストを有する「企業と個人のお金の専門家」。4つの財布(給与/配当/不動産/事業収入)を駆使して経済的自由を達成することを目標に奮闘中。