となりの億万長者とはなんだったのか

 

こんにちは、シーウィード@こびとが見える経理マン(@kobito_kabu)です。

とある案件で頻繁に弊社に出入りしているコンサルさんがいます。

  • 見るからに高そうな仕立ての良いスーツ
  • 見るからに高そうなキラッキラの時計
  • 見るからに高そうなピッカピカの靴
  • 見るからに高そうな上質な鞄
  • 見るからに高そうなブランディな眼鏡

 

その立ち振る舞いはとてもお上品で、余裕ある穏やかな語り口は伝統的な貴族階級を思わせます。貴族見たことないですけど。

シーさん
でもね、僕は知っているんだ

小さい頃はこの手の”あからさまな”お金持ちを見て「あら…やっぱりお金持ちって違うのねぇ」なんて思ったものですが、今の私は一味違います。

会計・税務に精通し、長年にわたり経理・財務職に従事。投資や保険周りの知識も身に着けつつ、マネー哲学の研究にも余念がありません。

我が愛読書(バイボー)である「となりの億万長者」によれば、こんな記述があります。

平均的な億万長者は自分のものであろうと家族のものであろうと、一着399ドル以上のスーツを買ったことがない

(出典:となりの億万長者)

 

億万長者の半分は、140ドル以上の靴を買ったことがないと回答している

(出典:同上)

 

億万長者の半分は235ドル以上の腕時計を買ったことがない

 

シーさん
ふふふ、お分かりですね皆さん。平均的な億万長者は、倹約家なのですよ。ふふふ。

 

光り輝くコンサルさんの隣で、存在感を失い半透明なっていた私は急速に身体に力がみなぎるのを感じました。

 

目の前にいる人間はーーーーーーーー

 

ただのハリボテにすぎない。

 

金色のメッキで塗装されているものの、その実態はただの木像である。ちょっと雨風にさらされれば、あっという間に剥げてしまいそうな、貧相な木像ーーーーー

 

私は、薄気味悪い笑顔を浮かべ上司の耳元でこう囁きました。

 

シーさん
だんなだんな、ああいうのに限って金持ってなかったりするんですよね。ヘッヘッヘ、虚業のコンサルさんは着飾らないといけなくて大変ですなァ…ヒッヒ
上司
あぁ。先日、彼と飲みに行ったんですが、どうやらご実家が〇〇〇のようですよ。

 

〇〇〇

リアル金持ちランキングベスト3に入る〇〇〇というパワーワード。

え?マジなやつじゃんそれ。

 

 

シーさん
は?
上司
何代も続く〇〇〇なんでしょうねぇ

 

  • 海外の超有名大学でMBAを取って
  • 世界を股にかけ有名企業を渡り歩き
  • 見るからにモテそうな、見るからにモテそうな風貌で

 

見るからに金持ちで、本当に金持ち。

 

バカな。

 

シーさん
ちょっと待ってください。彼って本当にいい人ですよね
上司
話も分かりやすいし、物腰も丁寧ですし、頼りになる方ですね
シーさん
うちの女子社員があの人カッコイイって言ってるの聞いたんですけど
上司
ま、まぁそう言われててもおかしくないですね…どうかしましたか?(何を言ってるんだこいつは…)

 

僕は、要領を得ない上司を放りだし、一目散にコンサルさんのところに駆け出したんだ。

こうなったら

こうなったら

難しい仕事をお願いして僕は帰ろう

 

金持ちそうに見えるやつは、実は金持ちじゃない。

そう思うことで保っていた唯一のプライドが打ち砕かれた今、私にできることは帰ることしかない。家に帰って態勢を立て直そう。猫と遊ぼう。

 

シーさん
すいませぇ~ん、ちょっとぉ~、難しいところがあって~。ここの税務処理なんですけどぉ、できれば今週中に回答を

 

コンサル「あぁ、それはコレコレこうで、こうやれば大丈夫ですよ(解決)」

 

シーさん
アッ…ありがとうございました

 

 

今日の分かった

ちょっと何かが分からなくなった

今日も、この地球のどこかで、わたしの知らない誰かが、わたしの知らないところで、わたしより稼いで、わたしより優雅に生きているのです。

はいはい解散解散

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    シーウィード

    こびと株.comの管理人(役割:投資対象の選定)。お金の話と健康をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理/財務部で財務諸表を作成している会計の専門家(日商1級・証券アナリスト)。40歳時点で給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。