経理の平均残業時間ってどれくらい?残業ゼロ経理マンの感覚教えます

経理ってどれくらい残業あるんだろう?

こんな疑問にお答えします。ちなみに、私は新卒で入社して以来10年間、一貫して経理/財務をやっている筋金入りの経理マンです。

この記事の要点
  • 経理の平均残業時間を示す信頼できるデータはない
  • 残業ゼロで楽してるリアルな個別事例はすぐに探せる
  • 残業時間が少ない会社(経理)の3つの特徴

→ホワイトな経理の職場は絶対ある!長時間労働から脱却してハッピーに暮らしましょう

 

経理の平均残業時間は調べられない

いきなり残念な結論ですが、経理の平均残業時間は調べられません。

  1. (信頼性のある)データは公表されていない
  2. 季節変動性が大きくアテにならない

こういった情報を調べるときに一番アテになるのは国が行う統計調査です。厚生労働省が毎月勤労統計調査というのをやっているのですが、このデータには職種別の残業時間は載っていません

しょうがないので民間企業の調査で調べてみると、「Vokers」という転職サイトがこんなレポートを出していました(「約6万8000件の社員クチコミから分析した‘残業時間’に関するレポート」)

職種別だとこんな感じです。

経理はこのランキングには入ってないです。良かったですね。

とはいえ、どこまで信頼して良いか分からない民間の調査(口コミの内容とか、いい加減なものが多いですしね)。経理の平均残業時間がどれくらいなのか、ハッキリ分かるデータではありません。

 

そして、経理って閑散期と繁忙期が明確に別れているんですよね。だから、

面接官
月の残業時間は30時間ぐらいですね

って言われても、アテになりません。繁忙期の30時間なら少ないですが、閑散期に30時間残業があるなら多いです。

年間360時間の残業を12ヶ月で割ると30時間。こういった計算をしている場合、決算期に60~80時間で他の月は10~20時間みたいなところが多いんじゃないでしょうか。

 

とにもかくにも

  • 信頼できそうな統計データはないし
  • あったとしても、季節変動が大きいので平均残業時間をアテにはできない

こんな感じです。

 

私の感覚では、月40時間の残業が許容できる最大時間ですね。年間だと300時間ぐらい(月25時間)。それ以上やっている経理はかなり忙しいという印象です。

さて、信頼できる統計データは見つけられませんが、ホワイト経理マンの個別事例を探すのは結構簡単です。参考事例を2つほど紹介します。

 

事例①上場企業経理の残業時間は?

まず、私の勤務先の場合です。一部上場のいわゆる大企業です。

現役経理正社員。残業ゼロ

私に関して言えば、もうかなり長い間残業やっていません。2年近くになるかな?

「残業しないで定時帰り」を23ヶ月間続けた記録【人生を取り戻す】

2017.07.14

繁忙期と閑散期が~、みたいなことを言いましたが、繁忙期ですら残業してません。本人にその気があれば残業しない生活は全然可能です(周りからは多少変な目で見られますが)。

必要なスキルはこんな感じ。

残業しないために必要なスキル
  1. 専門性(会計/税務)
  2. IT能力(エクセルや会計システムの操作スキル)
  3. コミュニケーション能力

分かりやすく言うと、簿記1級とMOS(エクセル)ぐらい持っていればOKです。あとは、(大量の仕事を押し付けられないレベルの)最低限のコミュニケーション能力があれば完璧です。

簿記1級は価値ある資格!5つのメリットを現役経理マンが教えます【取る意味アリ】

2018.04.11

MOS資格は就活や仕事で役に立つ!独学でも対応可能な難易度です

2018.02.14

さすがに会計や税法が分からず、PC操作もおぼつかないのに残業ゼロ…というのはちょっと難しいかもしれません。そもそも残業がない文化の会社なら全然大丈夫ですけどね。

残業が当たり前の世界では、やることもやらずに定時帰りを続けていると、間違いなく目を付けられるので…w

 

派遣さんたちはキッチリ定時退社

正社員は残業組と残業しない組がキッチリ別れていますが、派遣さんたちはみんな定時帰りしてますね。やることやったら即帰ります。残業なんてありえません。

でも、正社員と同じくらい残業して実績を積むことで

  • 正社員になれたり
  • 正社員として他社に転職する

こんな人もいます。キャリアアップしたい派遣さんにとっては、むしろ好きなだけ残業できる環境の方が良いのかもしれません。

 

参考:働き方改革による残業規制強化

電通に勤めていた女性従業員が、過労死自殺に追い込まれた事件。これにより電通の信頼・評判は失墜しました。

東京簡裁での判決後、報道陣の取材に応じた電通の山本敏博社長は「働き方でも働きぶりでも信頼していただける会社になる。それが私の最大の責任」と、働き方改革に向けた決意を改めて口にした。

(出典:産経ニュース「山本敏博社長、改革に決意 「働き方、働きぶりで信頼を」」)

大企業であればあるほど、このような労務問題を起こしたときのイメージダウンは大きくなります。私の勤務先でも、この事件以来労務管理が厳しくなったように思います。

うかつなことができない大企業の方が、就労環境は良いかもしれないですね。

 

事例②:未上場中堅企業の残業時間は?

とはいえ、未上場企業でもホワイトなところは全然あります。ブロガー仲間でTwitterでも交流がある「Shunponさん」のブログでは、こんなことが書かれています。

自分は

・毎月1日くらいのペースで有給を取る。年間通してみるとほぼフルに有給取得する

・定時帰り

・1時間に1回は休憩を入れる。

・気分転換を兼ねて勉強しに東京までセミナーを受けに行くこともある(会社経費)

・無駄にトイレ多い

・他社の分析や会計の勉強をしながら文章にまとめたり

 

周りの人は

・離席したと思ったらどこかで雑談して数時間後に戻ってくる事が多い

・瞑想している

・週1回くらいよくわからん出張に行く

・Amazon見てたりする

(出典:経理って暇なんじゃない?楽なんじゃない?について現職が答えてみる

 

経理最強ッ!

(ちなみにこの記事、「経理 楽すぎ」で検索すると一番うえに出てきます(笑))

 

この記事に書かれていることは、同じ現役経理マンの私からみても「あぁ、そうなんだろうなぁ」と思うところが多々あります。別に大企業に限らず、ホワイトな就労環境の経理はどこにでもありそうですね。

ちなみに、経理ブロガーって結構多いんですけど、どのブログ見ても結構楽な生活送ってますよね。ホワイトな経理マンを探すのは簡単です。

 

経理はホワイト職種。残業時間が少ない会社は絶対にある

そもそも、経理ってホワイトな職種なんです。

経理の仕事、ここがホワイト!
  • 個人業務が多くてソロプレイしやすい
  • 繁忙期と閑散期の差がはっきりしていて有給とりやすい
  • 知識さえあれば役職が上とか下とか関係ない。上司すら簡単にコントロール可能
  • ノルマのプレッシャーがない
  • モンスタークライアント/クレーマーを相手しなくていい

経理が激務なのは会社のせい。今の経理はホワイト職種ですよ

2018.07.24

よほど職場に問題がない限り、残業まみれでブラックな日々に追いやられるということはありません。

残業時間が少ない会社の特徴を紹介しておきます。

 

残業時間が少ない会社の3つの特徴

この3つですね。

  1. ある程度儲かってて余裕がある
  2. ある程度の人員規模がある(人が少なすぎると第4階層になり忙しくなる)
  3. 成熟企業(ベンチャーは残業多い)

事業が儲かってなくて、経費削減!経費削減!とうるさいところは、システム周りもショボいし人員不足で大変な目にあいます。黒字と赤字を繰り返すような会社は遠慮しておきましょう。

あと、経理とは名ばかりで人事とか総務の仕事も兼ねている「第4階層」の経理も大変なことが多いです。詳しくはこちらの記事で。

経理でのキャリアアップを考える時は「階層」を意識する必要がある

2017.11.06

また、ベンチャー企業なんかは社内の仕組みが全然整ってなくて忙しいです。ベンチャーに転職した経理の人は軒並み苦労してますね(その状態を楽しんでいる人ももちろんいます)

残業をしたくないなら、少なくともこの3点は意識しておいた方が良いと思います。

 

経理は転職しやすいので、不満があれば転職すれば解決

  1. 残業が少ないところを探す
  2. でも、入ってみないと分からないし、運悪くブラック化することもある
  3. そうなったら転職すればいい

こんな軽い感じで良いと思います。結局、会社って入ってみないと分からないですからね。

経理のいいところは、とにかく転職しやすいことです。最善を尽くしたつもりでも「こんなはずじゃなかった」ということは必ず起きます。それでも簡単にリカバリーが効くのが経理です。

ホワイトな環境を探しつつ、転職で年収を上げていきましょう!

経理の年収にまつわる3つの「残酷な真実」と年収アップ戦略

2018.06.20

 

まとめ:経理の長時間残業は時代遅れです

経理の仕事はAIに代わられるんじゃないかと言われています。

一生懸命手を動かしてやっていた単純業務は、ロボットがサクっと終わらせてくれる時代が来るかもしれません。そんな時、人間がやるべき業務はもっと付加価値の高い業務です。

そういったトレンドがあるなかで、業務の効率化・合理化とは正反対の長時間労働を続けるというのは時代遅れもいいところ。長時間労働から脱却して、もっとハッピーな人生を送りましょう!

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

シーウィード

こびと株.comの管理人(役割:投資対象の選定)。お金の話と健康をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理/財務部で財務諸表を作成している会計の専門家(日商1級・証券アナリスト)。40歳時点で給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。