現役経理マンが語る『経理の目標設定』の7つの切り口

若手経理マン
あ~、今年も目標設定の時期がきちゃったよ…間接部門の目標設定って難しいよね…どうやって目標を決めれば良いんだろう…

こんな疑問にお答えします。

私は上場企業で10年以上にわたり経理/財務に携わっている現役の経理マンです。簿記1級とかTOEIC860点とか証券アナリストとか色々持ってます。

この記事を読めば

  • そんなにマジメに目標設定しなくてもいい理由
  • 7つの切り口から目標設定しておけばとりあえず問題は起きない理由

がお分かり頂けると思います。

それでは本題に入りましょう!

 

経理の目標設定の理想と現実

まずは、目標設定の理想(あるべき姿)と現実を見比べておきましょう。

 

目標設定の理想

  1. 全社的な目標が決まる
  2. 各部署(経理財務部)の目標が決まる
  3. 経理財務部内の各チームの目標が決まる
  4. 個人目標が決まる

トップダウンで目標が決まっていくというかたちです。

例えば、中期経営計画で、今後3年で利益を100億円伸ばすという全社的目標が掲げられていたとします。社内では、目標達成のためには国内同業他社のM&A(買収)が必要だという結論になりました。

こうなると、法務部や経理/財務部といった間接部門も目標設定がしやすいですよね。買収のサポートが部署のミッションになるからです。

経理/財務部のなかでは、

  • 資金繰りを検討するチーム
  • 買収先の企業価値評価をするチーム
  • 買収後の実務(決算の取り込みなど)を検討するチーム

などに別れてくるでしょう。そして、そのなかで個人にタスクが割り当てられていきます。つまり、この時点で個人の目標設定は完了です。

 

こうやってトップダウンで綺麗に役割分担ができると

  1. 個人目標が達成される
  2. チームの目標が達成される
  3. 部署の目標が達成される
  4. 全社的な目標が達成される

という美しい流れが完成します。

中堅サラリーマン
目標設定なんて、こんなにうまくいかないよ。そもそも、経営陣がちゃんと従業員たちにメッセージを発信してくれないしね

というわけで、目標設定の現実を見てみましょう。

 

目標設定の現実

  1. 目標設定の時期が来る
  2. 急に上司との面談が始まる
  3. その場のノリで適当に決まる

 

ほとんどの会社ってこんな感じじゃないですかね!?(特に間接部門の場合)

 

春のあとには夏がきて、夏のあとには秋がきて、秋のあとには冬がきて

冬のあとには目標設定の時期がきます。春といえば目標設定!

普段まったく「課題提案」とか「マネジメント」をしない上司も、この時期だけは部下たちの目標設定のために動かざるをえません。部長や人事部に目標設定を報告しなくてはいけないからです。

 

  • 全社的な方向性も分からない
  • 部署のミッションも分からない
  • 各チームの役割も分からない
  • 自分が今後社内でどのように育てられて(育って)いくのか分からない

こんななかで目標設定をしている人は多いんじゃないでしょうか。ただ、今までやっていたことをこれからもやるだけ。

目標設定/目標管理/人事考課に満足している知人たちを見たことがありません。

 

経理の目標設定は不毛

経理の目標設定は、特に不毛です。

不毛な理由

理由は3つです。

  1. 省力化(コストダウン)が至上命題なのに、ムダな目標設定で仕事が増える
  2. 経理財務の仕事は評価に差をつけづらい
  3. 年功序列(そもそも、スキルのある若手より、スキルのない年上の方が給料が高い)

「仕事してるアピール」をするためにわざわざありもしない課題・目標を見つけてきて仕事を増やすというのは、経理あるあるですね。

個人的には、仕事(会計/税務上の問題がなく、統制上も問題がないもの)を減らした人の方が優秀だと思うんですけどねw

また、経理財務の仕事は評価に差をつけづらいです。連結決算やってる人と、税務やってる人、どっちが偉いとかないですからね。

さらに、結局のところ目標達成の程度にかかわらず、人材価値の評価という面では「年功序列」というむなしさがありますね。給与を決める主要因は、経理のスキルの高さではなく、年齢です。

 

目標設定制度を活かす方法

そんななかで、どのように目標設定制度に向き合えば良いかと言うと、コレです。

  1. やりたいことをやるためのツールにする
  2. やりたくないことを避けるためのツールにする

やりたい仕事がある人はラッキーです。目標設定制度を通じて、やりたい仕事をゲットしていきましょう。

私の場合、税務や連結決算をやるために、目標設定の片隅に

  • 税務を担当できるようになるため、税務のセミナーに通ったり、税務主担当者の補助をする
  • 連結決算を担当できるようになるため~(以下同文)

といった感じの文言を忍ばせていました。セミナー参加や補助業務を通じて、社内で「次の〇〇の担当者アイツ」という無言のアピールをしていったというわけです。

 

やりたい仕事なんてないよという人も多いと思います。そういう人は、「やりたくないことを避ける」ためのツールとして目標設定制度を使えば良いと思います。

目標が入っている限り、他の目標は入ってこないという特徴があります。好きな仕事とまではいかなくても、せめて嫌いではない仕事で満席状態にしてしまえばいいのです。

うまい人は、こうすることで(自分にとって)ストレスのかかる仕事を上手に避けています。

 

経理の目標設定の7つの切り口

基本的には、上記で説明したように

  1. やりたいことを書く
  2. やりたくないことが入らないように、嫌いじゃないことを書く

という路線で行けば良いと思いますが、そうは言っても具体例も欲しいですよね。

というわけで、オーソドックスな目標設定の7つの切り口を紹介しておきます。

①業務の幅を広げる

新しい仕事を身につけます!ということですね。コレの意味するところは、究極的には「管理職を目指します」ということでもあります。部下を持たない専門職志向なら、連結一筋30年とかでもいいと思いますがw

  • 単体決算
  • 子会社管理
  • 連結決算
  • 予算管理
  • 原価管理
  • 税務申告
  • 開示業務
  • 資金調達/運用

会社にもよりますが、やるべきことはいくらでもあります。

ただ、この手の目標は20代~30代前半にしておきましょう。ある程度年齢を重ねてから「新しいことをみにつけるのが私の目標です」というのはちょっとレベルが低く見られてしまいます。

 

②業務改善/効率化

経理あるあるの筆頭パターン、業務改善/効率化です。これの意味するところは結局はこの2つです。

  1. 省力化
  2. 正確性の向上

省力化については、数字で検証できる内容がいいでしょう。

  • 7日かかっていた決算を6日でできるようにしました
  • 6時間かかっていた業務が1時間で終わるようになりました
  • 10人でやっていたことを3人でできるようにしました

正確性の向上については、過去に監査や税務調査で問題を起こしていた業務をケアするといった方向性でOKだと思います。過去起きたトラブルを、これからは起きないようにするというのは大切な視点です。

 

③統制強化

経理/財務部には、他部署に対するけん制機能を持っています。

  • 資金管理
  • 物品管理
  • 予算管理

不正が起きるとヤバいのがリアルなお金の話ですね。物品の横領なども非常に大きな問題となります。この手の不正が起きないような業務フローを構築することは重要です。内部統制の強化というやつです。

あとは予算管理ですね。年度ごとに費目を決めて、重点的にコントロールしていくのも良いかも知れません。

業務の効率化や改善が難しければ、とりあえず「他部署に対するけん制を強化する」と言っておけばOKな風潮があります。経営陣にも存在感をアピールしやすいからですかねw

 

④マニュアル/規程類の整備

これ、つまらないけど美味しい業務です。下にいくにつれて価値が上がります。

  1. グループ業務にかかわる規程類の整備
  2. 部署業務にかかわる規程類の整備
  3. 全社にかかわる規程類の整備

特に③の場合は、関係部署との調整も必要になりますから、社内でも人脈を広げるいいきっかけにもなります。規程類の承認はお偉い人の仕事なので、目に留まる可能性も高いです。

そういう意味では、つまらないけど評価されやすい(しやすい)仕事ではあります。

 

⑤システム導入(自動化)

これは面白くて美味しい業務の筆頭ですね。転職の時にも、非常に高く評価される経験になります。

システムの要件定義からリリースまで、すべての流れに関与できると経理マンとしては一段階レベルアップできると思います。システム導入のフローには型があるので、応用がきくようになります。

自動化は随分前からキーワードになっていますし、関われるなら絶対に関与しておくべき仕事ですね。

 

⑥外注化

これも面白くて美味しい業務の筆頭です。

なんと今の時代、めちゃくちゃ大きな会社が「連結決算そのもの」を外部委託してしまうような時代です。結決算システムで有名なDIVA社が受託を広げています。

これからもどんどん外注は進んでいくでしょう。外注するかわりに社内に残るのは、AI等では代替できない付加価値の高い業務です。できる外注化はバンバン進めていくべきですね。

 

⑦改正対応

これも美味しい業務です。なぜなら簡単だから。会計基準の改正や税制改正は毎年のようにありますが、何もその対応を一人で考える必要はありません。

良いセミナーがたくさんあるからです。他社事例も簡単に手に入る時代です。セミナーに参加するだけで、部内では「改正内容に一番詳しい人」になれます。

改正内容を部内向けにプレゼンしたり、影響のある部分について実務フローを代えたりすれば、なんだか存在感ありますよね。改正対応は主導的な立場でやった方が面白いと思います。

経理の目標設定まとめ

キーワードはこの7つ。

  1. 業務の幅を広げる
  2. 業務改善/効率化(省力化及び正確性の向上)
  3. 統制強化
  4. マニュアル/規程類の整備
  5. システム導入(自動化)
  6. 外注化
  7. 改正対応

その他、毎年イレギュラーで発生する会社特有のトピックス(買収など)があれば、積極的に目標に入れてしまいましょう!

 

まとめ:目標設定で管理すべきは自分の市場価値。やりたい仕事をやりましょう

結局、目標設定で管理すべきは自分の市場価値だと思います。

  • この仕事をやると、自分は転職で評価されるようになるのか?
  • こんな仕事をやらされていたら、自分はダメになってしまわないか?

こういう視点で、主体的に目標設定に取り組んだ方が自分にとってプラスだと思います。

自分を正当・公平に評価してくれる仕組みがあればいいですが、サラリーマンの悩みの筆頭は「人事評価」です。それだけ万人が満足する評価をするのは難しいのです。

どうせ納得感のある目標設定・人事考課が得られないのなら、目標設定を

  1. やりたい仕事をやるためのツール
  2. やりたくない仕事を避けるためのツール

としてうまく利用する方がいいですよね。

自分のキャリアは自分でしか作れないので、ムダな目標設定に振り回されないように、主導権を持って立ち回りましょう!

それではまたっ!

 

関連記事です。経理の年収の上げ方について解説しています。

経理の年収にまつわる3つの「残酷な真実」と年収アップ戦略

2018.06.20

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

シーウィード

こびと株.comの管理人(役割:投資対象の選定)。お金の話と健康をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理/財務部で財務諸表を作成している会計の専門家(日商1級・証券アナリスト)。40歳時点で給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。