【社内失業者400万人】G7で最下位の労働生産性を誇るジャパンで生き抜く方法

こんにちは、シーウィード@こびとが見える経理マン(@kobito_kabu)です。

働かないおじさん」に対して並々ならぬ憤怒を抱き続けた結果、ついには解脱(げだつ)に至ったサラリーマンです。

補足:解脱とは

俗世間の束縛・迷い・苦しみからぬけ出し、悟りを開くこと

入社以来、私のサラリーマン人生は「働かないおじさんとの戦い」でした。

【日本の闇】大企業で生まれる働かないおじさんについて【対処法ナシ】

2018.11.03

今となってはそれなりに割り切れたつもりでいるのですが…

でも、やっぱり↓こんな記事を見ると、(@m@#)こういう顔になっちゃうんですよね。

2017年における日本の1時間あたりの労働生産性は47.5ドルと、先進7カ国(G7)の中では最下位となりました。

(出典:日本の労働生産性が依然G7で最下位。労働時間の長さではなく社員数が多すぎることが原因?

 

  • アホみたいに長い会議
  • 作成と管理に永遠の時を必要とする”紙”文化
  • 決裁までに1週間かかるスタンプラリーハンコ文化
  • 長時間労働(残業)=頑張っているという謎文化
  • 仕事は必須じゃないけど、飲み会は参加必須の不思議文化
  • 終身雇用からの「働かないおじさん」大量生産

日本が労働生産性で最下位です!と言われて「え?そうなの?」と感じる人は少ないんじゃないでしょうか。

シーさん
今50代の人は逃げ切れるかもしれないけど、20代30代の人は逃げ切れないのがつらいところ。最近、リストラをする企業が増えてますからねぇ

日本では大企業を中心に終身雇用が原則ですから、会社の事業内容が変わっても、従来の社員はそのまま残し、新しい事業に従事する社員を中途採用する傾向が顕著です。

必然的に日本の会社は社員数が過大になり、これが生産性を押し下げる可能性があるわけです。

(出典:同上)

社員数が過大。古き良き大企業はどこもそうなんでしょうね。

大手電機メーカーや製薬企業、メガバンクなど、人員整理のニュースは後を絶ちません。

 リクルートワークス研究所の調査によると、日本の企業には、会社に所属していながら実質的に仕事がない、いわゆる「社内失業者」が400万人も在籍しているそうです。

(出典:同上)

シーさん
どうやって調査したのか知らないけど400万人はさすがに笑う

2018年の都道府県人口ランキングでは、静岡県の人口が365万人ほどで10位です。

会社にいながら実質的に仕事がない人が静岡県の人口以上に存在しているとは…

 

こんな記事を長々と引用して、何が言いたいかというと

日本の労働生産性の低さは根深いので、個人レベルではどうにもならん

ということです。

  • 職場の労働生産性改善
  • 会社の労働生産性改善
  • 日本の労働生産性改善

こんなものはむりむりむりかたつむり。

神よ、変えることのできないものを静穏に受け入れる力を与えてください。

変えるべきものを変える勇気を、

そして、変えられないものと変えるべきものを区別する賢さを与えて下さい。

(出典:ニーバーの祈り)

職場の労働生産性とか、いくら頑張っても変えられません。

なぜなら、人の働き方は変えられないから。

変えられるのは自分の働き方だけです。

もし、生産性を高めるべきだ!と思うのなら、

  • それを人に押し付けるのではなく、
  • 主語を大きく「日本は生産性を」とかにするのではなく

”自分”に焦点を当てた方が建設的です。私は、私だけが残業しなければそれでOKです。実際、それで満足しています。

 

とはいえ、

  1. 生産性の高い環境
  2. 生産性の低い環境

この2つの環境で、どちらにいた方が自分の生産性を高めやすいかというと、そりゃあもちろん①ですよね。人間は環境の奴隷ですから。

そういう意味では、生産性の低い環境で働くというのはそれだけでマイナススタートと言えます。頑張って個人の生産性を高めるというのは、なかなか難しい。

※現代の資本主義において、生産性を高める目的は「余暇とお金」を手に入れることに他ならないでしょう。生産性が低いと、自分の時間もなければお金もない。そんな状況に陥ります

そんな逆風下において、どうやってこの「低生産性の先進国ジャパン」を生き抜くか?

シーさん
優良企業の株を買う

結局、これに尽きますね。

生産性の低い国で生き抜く方法
  • 生産性が高い国の
  • 生産性が高い企業を買って
  • 株主として利益を得る

スキルアップで自己の生産性を高めるのも良いですが、「株主になる」ということもぜひぜひ両輪で進めていきたいところ。

株式投資というと短期トレードのイメージばかり持っている人もいるかもしれませんが、トレードばかりが株式投資ではありません。

生産性の高い人たちが生み出した利益を「株主の立場で」長期的に享受し続けて、自分の

  1. 余暇
  2. お金

この2つを少しずつ増やしていく。そういう選択肢があるということも、ぜひ知って頂けたらなと。

シーさん
時間やお金を余らせてる人は、みんな株持ってますよね~。私は、労働者として奮闘するよりも、色々な優良企業の株主になることに注力します(*ノωノ)

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

シーウィード

こびと株.comの管理人(役割:投資対象の選定)。お金の話と健康をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理/財務部で財務諸表を作成している会計の専門家(日商1級・証券アナリスト)。40歳時点で給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。