経理は簿記なしでも大丈夫?→回答:3つの理由でダメ

スポンサーリンク
経理に興味がある人
経理に興味があるんだけど簿記なしでも転職できるかしら?
経理に異動した人
経理に異動になったんだけど、簿記勉強しなくて大丈夫?

こんな質問に答えます。

この記事の要点

簿記なしはありえない!

  1. 単純事務しかできない
  2. 簿記が嫌なら性格的にも向いてない(仕事辛くなります)
  3. キャリアが評価されない(転職できない)

まずは簿記3級、最低限2級までとろう。1級までとれたら安泰!

 

簿記なしで経理はありえない!3つの理由

経理をやるのに簿記を知らないなんてありえません。解説します。

念のため、簿記の定義を置いておきますね。

簿記は、企業規模の大小や業種、業態を問わずに、日々の経営活動を記録・計算・整理して、経営成績と財政状態を明らかにする技能です。

(出典:商工会議所「簿記とは」

要するに、いくら稼いで、いくら手元に財産があるのかを計算するテクニックということです。

 

理由①:簿記なしでは『単純事務』しか担当できない

経理の仕事は、スケジュール毎にやるべきことが区切られています。

  1. 日次業務
  2. 月次業務
  3. 四半期(期末)決算業務

 

簿記を知らないなら、日次の単純業務しかできません。例えばこんな業務です。

  • 現預金の管理
  • 出張費などの経費清算
  • 請求書の発行
  • 取引先への振込み

パッと見て分かると思いますが、簿記の知識なんてほとんど不要です。誰でもできる業務ですね。

 

こういう業務は、

  1. 外注
  2. システム化(自動化)

この2つのトレンドで消えゆく運命です。

決算コントロールや原価計算、税務申告などの付加価値の高い仕事をするには、どうしても簿記(税法)の知識が必要です。

経理に異動した人
同じ単純業務を何年もやり続けるなんて、僕には耐えられないかも…

 

理由②:簿記が嫌いなら性格的に経理は向いてない

あえてハッキリ言うと、勉強嫌いの人に経理は向いていません

  • 経理は、ルール(法律・会計基準)に基づいてやる仕事です
  • そのルールは、頻繁に改正されます

ルールを熟知して、改正があればその内容をしっかりと頭に叩き込む必要があります。

サッカーでは手を使ってはいけませんが、もし簿記を知らないと、経理の世界でそういうトンチンカンなことをやってしまうのです。

 

私の勤務先でも、数多くの猛者がろくに勉強もせずデカい顔をしようとチャレンジしてきましたがすべて失敗に終わっています。

  • いくら社内政治力があっても
  • いくらコミュニケーション能力に優れていても
  • いくらプレゼン能力があっても

簿記の知識がなければ信頼されることは不可能です。一方で、勉強熱心で知識が豊富は人は、どんどん信頼されるようになっていきます。

経理に興味がある人
学ぶことは嫌いじゃないから、この点は大丈夫そうだわ~

 

理由③:キャリアが評価されない

経理の世界では、人材価値は主にこの2つで決まります。

①職歴+②資格

 

①職歴とは、

  • どんな会社で
  • どんなことを
  • 何年間やっていたか

ということです。

②資格は、そのままの意味ですね。簿記とか、会計士とか、税理士とか、色々あります。

 

もし簿記を持っていないと、理由①で説明した通り単純業務しかできません。魅力的な職歴にならないということです。さらに資格までないとなると、次の転職時に評価されるわけがありません

経理に異動した人
踏んだり蹴ったりだなぁ~。簿記って大切なんだね!

※こういう事情ですから、簿記資格なしで未経験から経理に転職するのはかなり厳しいです。未経験から経理職に就く方法は色々ありますが、簿記2級の取得は大前提とお考えて下さい。

 

参考:勉強熱心で、派遣から正社員になるような人もいる

感覚的に分かると思いますが、勉強熱心な人なんてそんなにいません。だから、ちょっと頑張ればすぐに他の人と差別化できます。

うちの会社でも、どんどん仕事を任されるようになって、正社員になれた派遣さんが2人もいます。結局、経理の世界では、職歴&資格がモノを言います。

  • 付加価値の高い仕事をどんどん任されるスパイラル
  • やる気が出てきて難易度の高い簿記1級まで取れてしまう

この流れを作れた人は本当に強いです。

勉強熱心であることのコスパの高さは、あらゆる職種の中でも上位に位置するのではないでしょうか

 

経理の楽しさ/ホワイトさは専門性があってこそ。まずは簿記3級から

向いている性格であれば、経理はとても楽しいです。

経理に向き不向きはある?経理歴10年の現役経理マンが「向いてる性格&向いていない性格」を教えるよ

2018.05.14

経理は楽しい!「面白さベスト5」を現役経理マンがリアルに語る

2018.05.04

 

そして、楽しいだけではなくホワイトな職種です。

経理の仕事、ここがホワイト!
  • 個人業務が多くてソロプレイしやすい
  • 繁忙期と閑散期の差がはっきりしていて有給とりやすい
  • 知識さえあれば役職が上とか下とか関係ない。上司すら簡単にコントロール可能
  • ノルマのプレッシャーがない
  • モンスタークライアント/クレーマーを相手しなくていい

 

簿記3級に合格できれば、十分に経理としての適性アリです。ここで諦める人も多いですからね。

日商簿記3級のまとめ(難易度、勉強方法・勉強時間、合格率、おすすめテキスト・過去問集など)

2017.05.10

次は2級。ここが誰もが目指すべき、ひとまずの目標になります。もし簿記1級まで合格できれば安泰です。食いっぱぐれることはないでしょう。

 

ちなみに、簿記の勉強は独学ではなくスクールを利用するのが圧倒的にオススメです。最初でつまづくとかえって大変です。変にケチらず、プロに教わりましょう。

当ブログでは資格スクエアを推奨していて、実際にこのサイトからの申し込みも多いです。※無料ユーザー登録すれば、講義をお試しで視聴することができます。

簿記3級の場合、TACや大原といった大手のスクールより、資格スクエアの方がオススメですね。

オススメポイントとしては、

  • テキスト+問題集+講義16回(14時間)で、6,480円は安すぎ

仮にテキストと問題集がそれぞれ1,000円相当として、講義部分の料金は4,480円。1時間あたり320円でプロ講師の講義が受けられます。大手予備校は15,000円ぐらいですから、資格スクエアのコスパの良さは段違いです。

1コマあたりの授業時間を凝縮したオンライン講義なので、隙間時間を活用できるのも大きな魅力です。迷わずにサクっと課金できるお値段ですし、ぜひご検討下さいませ。

 

まとめ:簿記なし経理はありえない!

簿記なしで経理はありえません。経理の楽しさ・ホワイトさを享受したいのなら、簿記のお勉強は必須です。それが辛いなら、そもそも経理は向いてないかもしれないですねw

まとめ

簿記なしはありえない!

  1. 単純事務しかできない
  2. 簿記が嫌なら性格的にも向いてない(仕事辛くなります)
  3. キャリアが評価されない(転職できない)

まずは簿記3級、最低限2級までとろう。1級までとれたら安泰!

簿記2級や簿記1級にも興味がある!という方はぜひこちらの記事もご覧ください。3級をすっ飛ばして2級からチャレンジする人も多いですよ。

日商簿記2級のまとめ(勉強方法・勉強時間、合格率・難易度、おすすめテキスト・過去問集など)

2017.12.13

こびと株.com運営メンバーのフルーツさんは、いきなり1級から受験という猛者です。レアケースですが、そういう人もいます。

簿記1級の難易度・勉強時間の目安を現役経理マンが教えます

2018.04.20

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

シーウィード

こびと株.comの管理人(役割:投資対象の選定)。お金の話と健康をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理/財務部で財務諸表を作成している会計の専門家(日商1級・証券アナリスト)。40歳時点で給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。